共働きで効率的に貯金をするコツ!貯金用の口座を作るのがオススメ

共働き世帯の平均貯金額はいくらなのでしょうか。共働き世帯は、収入面では余裕があるように思われています。しかし、収入に見合った貯金ができているとは限りません。

全国の平均値を見ながら自分の貯金額をチェックしてみると、いろいろなポイントが見えてくるでしょう。

貯金できる額は、夫婦だけの世帯、子どものいる世帯など家族構成によっても大きく変化します。さらに年齢によっても変動していくでしょう。平均値を参考に、貯金について考え直してみると良いです。

年間貯蓄額は?

共働き世帯は、平均して年間どのぐらいの貯蓄をしているのでしょうか。

全国消費実態調査の結果によると、30代共働きで子どものいない世帯の貯蓄額の平均は、およそ634万円です。40代共働きで子どものいない世帯は、1233万円。また、子どものいる世帯では、30代で415万円、40代で614万円という結果となっています。

子どものいない共働き世帯の平均月収は、49.2万円で、税金や年金、保険料、生活費を差し引いて、10万円ほど貯金ができると言われています。また、子どものいる共働き世帯は、毎月6万円の貯金が可能でしょう。

その月間貯金額の12倍で年間の貯蓄額を計算すると、子どものいない世帯では、120万円程度、子どものいる世帯では72万円程度年間で貯蓄できることになります。

子どものいない世帯の特徴

子どものいない共働き世帯の特徴としては、20代、30代の貯蓄が多いことが挙げられます。統計ではひと月の28%を貯金できているとの調べもあるようです。

女性の出産に伴う働き方の変化などがなく、順調な貯蓄が可能なのでしょう。

子どものいる世帯の特徴

子どものいる世帯では、二極化といえる状態がみられます。女性の出産、育児などで収入が少なくなっても、堅実に貯金をしている世帯もあれば、反対に全く貯金のない世帯も30%以上もあるのが現状です。

子どもが二人の世帯は?

子どもの教育費などの支出がさらに多くなり、貯蓄は難しくなります。

ポイントとしては、夫婦二人だけの状態、そしてまだ教育費が少ない子供の幼少期に貯蓄をしておくことが大切です。子どもの成長とそれに伴う支出についても予想をたてて、あらかじめ計画的な貯蓄をしておきましょう。

預金口座を工夫する

なかなか貯金できないという共働き夫婦にオススメしたいのが、口座管理を工夫して貯金する方法です。口座をまず三つにわけることからはじめてみてください。

一つ目は生活費の口座で、食費、光熱費など一か月分の生活費を入金する口座します。

二つ目が予備費の口座で、それぞれの趣味や外食費、慶弔費など突発的な出費に対応するためのお金をいれておく口座です。生活費が足りなくなったときも、予備費の口座から補てんできます。

三つ目の口座は、貯金用の口座です。給料が振り込まれたらすぐに一定額を入金し、原則ここからは生活費などへの持ち出しをしないよう管理します。夫婦で決めた使用目的以外では使わないことが必須条件です。

貯金できない原因

貯金できない共働き世帯の原因は、まず独身時代の浪費癖が抜けず、生活費の割合が大きいことが挙げられます。

夫婦とも働いていることで、収入も独立しているのでお互いに家計を人任せにする傾向があり、結局、無駄遣いにつながってしまうのです。

それぞれの働きを認め合いながら、将来のビジョンを夫婦でしっかり話し合いましょう。協力して家計を担っていくことが、貯蓄をする近道となります。

Tags

ライター

ry-diplomer.com/diplomy-v-volzhskom

подробнее

ry-diplomer.com/svidetelstvo-o-povyshenii-kvalifikacii