女性の言う男女平等は女性優遇?男性の意見にも目を向けよう

日本では男女平等についての法律が施行されており、男女平等が決められています。しかし、現在の日本は男女平等といえるのでしょうか。

一見男性が優遇されているような感じがしますが、実際の日本は女性優遇とも言えます。

テレビのニュースでは女性が男女平等を訴えていることが多いですが、男性も男女平等にしてほしいと思っていることがあるのです。

女性の言う男女平等は、本当に男女平等なのでしょうか。今回その疑問をまとめてみました。

男女平等について

現在の日本には男女平等を目指す2つの法律があります。男女雇用機会均等法、男女共同参画社会基本法の2つです。

男女雇用機会均等法は働いている職場が主に当てはまり、男女共同参画社会基本法は社会生活全般が当てはまります。

この法律が施行されるようになり、男女平等になった点はたくさんあります。しかし、まだまだ男女平等ではない点はたくさんあるようです。

企業では男性の方が出世が早く、女性は結婚出産を行えば総合職として働き続けることは難しいです。女性管理職が徐々に増えて行ってはいますが、ここに女性というのが頭についている時点で男女平等ではないということが分かります。

まだまだ働く女性の中には男女平等ではない部分を感じている人が多いようです。

女性の方が男女平等を望んでいる

男性よりも女性の方が男女平等を訴えていることが多いです。企業の管理職、医師、弁護士、政治家など、まだまだ男性が働くイメージが強い職業が多いからでしょう。

このような職業で働いている人は、とくに男女平等を訴えているそうです。

具体的には、同じ業務を担っていても男性の方が給料が高かったり、管理職は男性が優先して任命されるなどの理由が挙げられます。

しかし、女性は本当に男女平等を望んでいるのでしょうか。女性は損をしているところも確かにあるかもしれません。

一方で、女性割引や女性専用車両など、女性で得をしているところがあるのも確かな事実です。

本当に世の中が男女平等になってしまえば、これまで得をしてきたことがなくなってしまいます。

女性が優遇され、得をしていること

男女平等を女性が訴える中、女性が優遇されている制度はたくさんあります。

レディースデイ

同じサービスを受けているのにも関わらず、女性の料金が安くなるレディースデイ。このレディースデイに男性は女性が優遇されていると思っているようです。

女性専用車両

これは女性が痴漢被害にあいやすいことを考慮して作られたものです。しかし、男性はこの女性専用車両も女性優遇ではないのかと言っています。

男性は痴漢の加害者にならないように必死です。痴漢を実際にしていなくても捕まってしまえば人生が終わってしまいます。そのため、男性専用車両を作って、安心して電車に乗りたいと思う男性もいるようです。

仕事で怒られることが少ない

上司は女性社員は可愛がり、男性社員には厳しい人が多いようです。女性社員は男性社員よりも怒られることが少ない傾向にあります。

もちろん中には女性社員にも厳しい人もいますが、男性社員に厳しい上司の方が圧倒的に多いのは事実のようです。

女性の言う男女平等とは

本当に男女平等になれば先ほど挙げた女性限定の制度はなくなるでしょう。

さらに女性優遇のサービスがなくなるだけでなく、肉体労働も男女関係なく任されるようになることや、育児の理解を得られなくなることなどを危惧して、男女平等に反対する女性も中にはいます。

そのため、完全な平等を目指すのではなく、様々な資格やチャンスを同じだけ与えられるといった、権利の平等を目指すことが女性の言う男女平等であると考えられるでしょう。

女性にとっても、男性にとっても、より良い環境にするためにはお互いの意見に目を向けることが大切です。

記事の著者

https://progressive.ua

別れさせ屋 福岡

https://monaliza.kiev.ua