カルドに行く前に持ち物チェック。忘れないための総集編

記事の著者:Siena編集部

せっかくカルドへ行っても、必要な持ち物を忘れてしまったら困ってしまいます。家を出る前に持ち物チェックをして、困らない対策をしましょう。今回は、カルドに入会するとき、ホットヨガをしに行くとき、岩盤浴を利用するときの3つの場合に分けて、必要なものを紹介します。

ウェアやバスタオル等は忘れてしまってもレンタルすることができますが、入会を考えている方は個人情報に関するものが必要なので、忘れ物には要注意です。せっかく入会の手続きへ行ったのに、何もできなかった…と後悔してしまうのを防ぎましょう。

目次

1. 入会するときに必要な持ち物

カルドはおしゃれな店舗もあり、「入会したいな…」と考えている方も多いのでは。そんなカルドに入会する際には、どんなものが必要なのでしょうか。以下では、カルドに入会する際に必要な持ち物をご紹介していきます。

まずは入会金事務手数料2カ月から2.5カ月分の月会費が必要です。これらの費用は、キャンペーンの内容により金額が異なるので、しっかり確認しましょう。

月会費については、初回納入分以降は口座引き落としになるので、金融機関のキャッシュカード、その他に、免許証や保険証などの公的証明書が必要になります。パスポート、学生証、外国籍の方は登録証でも可能です。

1.1体験レッスンに参加する場合

体験レッスンに参加してそのまま入会すると、体験レッスンの料金がキャッシュバックになってお得なため、入会の前に体験レッスンへ行く方も多いのではないでしょうか。

体験レッスンの際には、ウェア上下・バスタオル2枚・フェイスタオル1枚はカルドで用意されています。

そのため荷物はだいぶ少なくて済みますが、水や替えの下着、ビニール袋、髪ゴムなどは用意していきましょう。

2. ホットヨガをするときに必要な持ち物


ホットヨガを行う際に必要な持ち物を紹介します。

2.1 絶対に必要なもの

・会員証
・飲み物
・替えの下着

会員証は契約時に発行してもらったカードのことです。カルドの利用の際には必ず必要になります。ただし、万が一忘れた場合でも、フロントで本人確認できれば館内の使用が可能です。

またレッスン後は、下着まで汗でベトベトになります。とてもそのままでは帰宅できないので、きちんと替えの下着を用意しておきましょう。

ホットヨガは、大量の発汗を伴います。脱水症状にならないためにも、お水は1~2リットル用意するようにしてください。

2.2 必要だけど持って行かなくてもいいもの

・レッスン着
・バスタオル

レッスン中に着るTシャツハーフパンツを用意しましょう。レッスン中は、大量の汗をかくので、丈の短いものの方がオススメです。タンクトップでも良いでしょう。

バスタオルは岩盤の上に、ヨガマット代わりに敷くのに必要になります。そのほかに、シャワーをした後に髪の毛や、体を拭くためのタオルがもう1枚あるといいです。もちろんシャワー用は、フェイスタオルなどでも問題ありません。

これらは必要に応じてレンタルすることもできるので、荷物が多くなるのを避けたいという場合にはレンタルを利用しましょう。

2.3 あると便利なもの

・ヘアゴム
・ビニール袋
・メイク落としやシャンプーなどアメニティ

髪の毛が長い方は、束ねるためのヘアゴムも用意しましょう。あるのとないのとでは、快適さがまったく違います。

また、タオルやレッスン着、替えた下着を持ち帰るための袋を用意しておくと良いです。

持って行くときとは違ってタオルやレッスン着は汗で汚れてしまうので、洗濯をするものをまとめて持って帰れるように大きい袋を用意すると役立ちます。持ち帰るときに他の持ち物と混同してしまうのを防ぐために、密閉できる袋がオススメです。

カルドでは基本的にアメニティは用意されていません。

ホットヨガは高温の中行うので、女性の場合メイクが崩れてしまいます。そのため、メイクを落としてからスタジオへ行く人も多いです。ですが、カルドにはメイク落としは用意されていませんので自分で用意してください。

また、レッスン後シャワールームを利用したい場合にも、シャンプーは用意されていないため、必要な方は持参するようにしましょう。

3. 岩盤浴を利用するときに必要な持ち物

カルドの岩盤浴を利用する場合、何が必要なのでしょうか。

岩盤浴は申し込みの際にどのコースを選んでも、岩盤浴衣・バスタオル2枚・フェイスタオル1枚が付いてきます。

そのため、衣服の用意はいらずお水を用意するだけで大丈夫です。

ホットヨガ同様、岩盤浴も大量の汗をかくので、髪の長い方はヘアゴムを持っていきましょう。

4. フィットネスジムを利用するときに必要な持ち物

基本的にはホットヨガの際の持ち物と同じです。着用する洋服、飲み物、ヘアゴムなどは持参しましょう。

しかし大きく異なるのは、シューズ靴下が必要であるということ!ただし、ジムで履くような靴を持っていないという方は、有料でレンタルすることもできます。

5. 万が一準備できない、持ち運びが大変という時はレンタル


仕事帰りにホットヨガに寄りたくなったり、出先で時間ができたからホットヨガへ行こうと思いついても、バスタオル等が準備できなかったり、荷物が多くなってしまい負担に感じてしまうことがあります。

特に、びっしょり濡れたバスタオルを持ち帰るのはなかなかの重労働です。そんなときは、レンタルをすると良いでしょう。カルドでは、レッスンに必要なものをレンタルすることができます。

5.1 レンタルできるもの

カルドでは、レンタル品やオプションが充実しており、タオル(バスタオル2枚、フェイスタオル1枚のセット)がレンタルでき、ウェアも借りることができるので安心です。

レンタル品以外にも、様々なオプションがあり専用サーバーで水素水が飲み放題であったり、契約ロッカーを利用することもできます。

その他、万が一の際に見舞金が出る安心バリュープラスというものもあるので、ご自身のライフスタイルに合わせてオプションを組み合わせてみてください。

5.2 購入できるもの

カルドではレンタルだけでなく、購入できるものもあります。以下が購入できる代表的なものです。

・飲料水
・ペーパーショーツ/ペーパーブラ
・シャンプー/コンディショナー
・ボディーソープ
・靴下
・ヘアゴム

ついうっかり忘れがちなものでも、カルドで調達できるのはありがたいですね。

6. 持ち物チェックをしたらカルドへGO

岩盤浴を利用したりホットヨガをするには、意外と多くの持ち物が必要です。レンタルできるものもありますが、継続的に通うなら持ち物を揃えた方が良いでしょう。

こだわりのウェアやお気に入りのタオルなど、自分の愛用するものを使えば気分が高まって、ヨガに対するモチベーションアップにも繋がります。

カルドではホットヨガの体験もできるので、まだヨガをやったことがないという人は一度体験をするのがオススメです。

体験のときはレンタルを利用して、入会するときに自分のお気に入りのウェアを買うというように段階を踏めば、自分にはどんなウェアが良いのかを考える参考にもなります。

持ち物を揃えて、快適にヨガを楽しみましょう!