優秀な人に共通する特徴5選!:フィードバックをすることが鍵!

優秀な人はどこの企業にも必ずいるでしょう。仕事ができたり、周りから頼りにされていたり。そのような優秀な人を見て羨ましいと思ったことはあるのではないでしょうか。

「優秀な人はもともと優秀」と諦めていませんか?それは勘違いです。

誰にだって優秀な人になることができます。そこで今回は優秀な人に共通する特徴を全部で5つ紹介していきます。

優秀な人の特徴を知り、ぜひあなたもその特徴を真似してみて下さい。そうすることで、あなたも優秀な人に近づくことができるかもしれません。

経験がなによりも大切なことを知っている

企業のトップに立つ人は、比較的年齢が高い人が多いです。それはさまざまな経験を積み、その経験をもとに行動してきたからです。

年齢を重ねている分、若い人よりも年配の人の方が経験値は高いです。長く務めている分、それは当たり前でしょと思われるかもしれません。

しかし、中には若くして企業のトップに立ったり、大切なプロジェクトを任されるような優秀な人もいます。そのような人は恐れずに何事も経験し、その経験を元に行動をしています。

優秀な人は、経験することを意識しているのです。経験はなによりの財産になるのです。若い人は経験値が少ない人が多いので、若いうちにさまざまなことに挑戦するのがいいでしょう。

自己管理力がしっかりできている

優秀な人は自己管理がしっかりできている人が多いです。自己管理とは、目標に向かう自分の精神や行動をコントロールすることです。

徹底した体調管理を行い、大切な時期に風邪をひくなどでダウンしないように体調を整えています。

いくら優秀なプロジェクトを任されても、体調管理ができていなければ、他の人に仕事を取られてしまう可能性もあります。

優秀な人は睡眠、食事、運動としっかりと自分を管理することができている人が多いのです。

なにをやるべきか分かっている

優秀な人は今自分がなにをするべきなのか分かっています。仕事の目的を明確にし、ゴールから逆算してやるべきことを具体的にしています。

ゴールに向かうためにはどうすればいいのかが具体的になっているため、無駄な時間を使うことなく物事を進めていくことができるのです。

時間は限られています。そのため、限られた時間内でゴールできなければなりません。優秀な人は、逆算して今やるべき事を考えることで効率よく時間を使っているのです。

決断力が早い

優秀な人は決断力が早く、悩まない人が多いです。それは経験することを意識的に行っているからでしょう。

「失敗したらどうしよう」という不安なことを考えるくらいなら行動したほうが早い!という人が優秀な人には多いのかもしれません。

命に関わるようなことでは失敗はできませんが、失敗してもすぐにその失敗をバネに行動することができるので、優秀な人は決断力が早いのです。

また情報を収集するのが早いという特徴もあります。情報収取が早いので、決断するのも早いのでしょう。

フィードバックをすることができる

優秀な人は、自分の仕事が終わった後にフィードバックを行います。

フィードバックを行うことで、次に同じような仕事があった場合すぐに今回よりも、もっと早く対応することができます。また問題点があった時に改善することができます。

「もっとああすることができたはず」「こうすればよかった」とフィードバックすると後悔することもあるかもしれません。優秀な人はそこで落ち込むのではなく、次に生かしていくのです。

優秀でない人は終わったことをフィードバックすることはしません。ここが優秀な人とそうでない人の差になるのではないでしょうか。

ライター