転勤族は結婚できない!?結婚に不向きだと思われてしまう理由5選

就職してから仕事にも慣れ、そろそろ落ち着きたいと思い始めた頃「転勤族は結婚できない」という話を耳にしたことはありませんか。

転勤そのものはキャリアアップのための人事異動であることが多く、他県に事業所が存在する規模の企業で勤めているからこそ、転勤があるとも言えます。

しかし、結婚において転勤はマイナスポイントとして考えられる可能性が高いです。転勤族の彼との結婚を前向きに考えられない女性の心理とは、どんなものがあるのでしょうか。

今回は、転勤族の人が結婚できない理由を紹介します。

1.相手の仕事に影響が出る

付き合っている相手が仕事をしている場合だと、どうしても仕事への影響は避けられません。

自分の転勤に合わせて相手の会社も異動を認めてくれるのか、転勤についていく場合は仕事を辞めなくてはならないのか。

相手も自身のキャリアを着実に積み重ねたいという希望があると、転勤族の彼との結婚を躊躇するかもしれませんね。

2.新しく人間関係を築く必要がある

もし、転勤族の彼と結婚し、転勤先についていくとなった場合、自分が馴染んできた土地から離れるという選択をすることになります。

転勤先での環境、慣習、言葉その他、色々な問題を乗り越えていく必要があります。中でも転居先での近所づきあいや、子どもを介した親同士のつきあいなど、新しい人間関係を築いていかなくてはなりません。

人見知りがちな相手であれば、転勤があることを重く受け止めるかもしれません。また子どもが転校することを考慮して自分が単身赴任することを考えるケースもあるでしょう。

3.一緒にいられる時間が短い

転勤族の人は、自身のキャリアを積み重ねるために定期的に異動があります。異動に伴い仕事の上での引継ぎや、新しい仕事を覚えるなど、業務上多忙になることがあるでしょう。

また、転勤に伴い遠距離恋愛になれば、相手と一緒にいられる時間がより限られてくると想定されます。

女性は相手と一緒にいられる時間を多く持ちたいと思うものですから、転勤族の彼との恋愛楽しめないと考えてしまう人が多いのかもしれません。

4.別居生活を余儀なくされる

転勤族の彼と結婚し、相手がいざ転勤となった場合、ついていかない選択をする人いるでしょう。理由は転居費用の問題や、転居先での人間関係構築に不安がある場合など、色々なものが考えられます。

別居していて困った時や肝心な時に、相手がそばにいないことは心細いと感じて決心がゆらぐのだと思われます。

5.親の支援を受けられない

相手が実家で暮らしているのであれば、転勤族である相手との結婚で考えるのは、親と離れて暮らすことへの不安でしょう。

何かあった時に自分の両親に相談しやすいこと、支援してもらえない環境であることに不安を感じるのです。

特に出産・育児をしながら働きたいと考えている相手であれば、子どもを預かってもらえる実家の近くにいることを希望するでしょう。

転勤族であるということは、勤めている会社の規模もそれなりに大きい企業であることが多く、相手が専業主婦であっても暮らしていける場合が多いです。転勤族であることをマイナスに捉えず、転勤することを一緒に楽しめる人に巡り合えるよう行動しましょう。

ライター

читайте здесь

еще по теме all-dipllom.com

rs-clinic.com.ua