夫の転勤について行く不安の解消法4選:転勤先を調べて対策しよう!

夫が転勤族である場合、数年に一回異動があるのは仕方ないと思いつつ、転勤先についていくことを考えただけで不安になる人も多いでしょう。

住み慣れた場所から離れる不安と、新しい環境に馴染めるかどうかの不安。ポジティブな想像がなかなかできず、苦しむ人もいるのではないでしょうか。

今回は、転勤と聞いた時に感じる不安の原因と、不安を解消する方法を紹介します。

1.新しい土地で馴染めるかどうか不安

まず、転勤先の土地に馴染めるかどうかというのが不安の一番の原因です。

生まれ育った土地から離れたことがない人ほど不安も大きいものです。その土地の方言や慣習など、地域の人にとって当たり前であることを受け入れられずに孤立することもあります。

ついていくと決めたら、転勤先の情報を調べましょう。自分にとって興味・関心のあるものを見つけたら、引っ越しした後の楽しみができるので前向きに捉えることができます。

2.新しい仕事が見つかるか不安

妻が正社員でキャリアを着実に積み重ねていた場合、夫の転勤についていくという選択は仕事を辞めることでもあります。

近年では結婚する時に、夫婦共働きを前提としたライフプランやマネープランを立てている方も多く、妻の収入がなくなってまうとプランの修正をしなくてはなりません。

夫が転勤族の場合、妻はついていく事を想定して、企業内で成長するキャリアだけでなく、自分自身を成長させるブランディングをしておくことも必要です。

たとえば趣味を生かして自宅で教室やサロンを開く、資格を取得して、全国どこに行っても資格を活かして働くなど、自己啓発することがポイントとなってくるでしょう。

3.子どもたちと安心して暮らせるか不安

お子さんがいらっしゃる場合は、お子さんの年齢に合わせていろいろな不安が出てきます。転勤先で子どもが馴染めるだろうか、保育園の空きがあるだろうか、学校の雰囲気はどうなのか、不登校なってしまうかなどです。

これも転勤先の土地の情報を調べておくことが大切です。また転勤先の行政サービスや学区の雰囲気、学童保育やファミリーサポートセンターの有無など活用できるものはたくさんあります。親子で楽しめる活動に参加してみるのも良いかもしれませんね。

4.将来に備えて貯蓄できるかが不安

転勤族の場合、数年ごとの引っ越しなどで必要なお金がかさみ、なかなか貯蓄ができないという悩みを持つ人もいます。転居する可能性があるので、マイホームが購入できないという夫婦もいるでしょう。

夫婦がこれから重ねる年齢に合わせたライフプラン、マネープランを立てておくことが大切です。自分たちだけでなかなか計画を立てられない場合は、ファイナンシャル・プランナーに手助けしてもらうのも良いでしょう。

目に見える数字でプランニングしてもらうと、精神的にもゆとりが出てきます。

今回挙げたのは一例ですが、基本的に不安を解消するには前向きにとらえて行動することが大切です。夫の会社に、家族の相談に応じる窓口が存在する場合もあるので確認してみましょう。

ライター

подробнее

читать далее

Был найден мной нужный портал , он рассказывает про ткань для тюли.