上司を殺したいと思ったときの対処法5選:味方を増やすのがポイント

社会人として働いていると、運悪くどうしても好きになれない上司に出会ってしまうことがあります。たかが上司、されど上司です。

生活の大部分を占める仕事をする環境で付き合わなければならない人が、殺したいほど憎くなる。仕事が終わっても殺したいほど憎い上司のことが頭から離れない。

そんな不運に合ってしまった時、どのように対処すれば良いか選択肢を持っていると、落ち着いて対処できます。そんな時の為の対処法を5つ紹介していきます。

人生の修行として頑張る人は

自分の理性を保ちながら、上司と関わっていく為には、自分にメリットがある行動をとりましょう。

仕事上では自分から話しかける

例えば、上司から確認される前に自分から確認する。質問される前に質問する。

など、日常の業務でコミュニケーションをとらなければならない場合、自分から発信することで状況をコントロールすることができます。

もちろん笑顔も忘れずにしましょう。嫌いな上司のせいで醜い顔になってはもったいないです。

味方を増やす

会社というのは狭い世界です。自分の味方が増えるということは上司の味方が減るということになります。

ただ、味方を増やすのは簡単なことではありません。仕事をきちんとこなした上で、社内でコミュニケーションを活発に行う必要があります。

この努力は一見、上司を陥れる行為のようで、自身のコミュニケーション能力の向上など、自身にメリットのある行為です。

特に、その上司の上長や、同僚と仲良くなるとあなたの影響力が増え、いざという時に協力してもらえるだけでなく、嫌いな上司を頼る必要がなくなります。

もう我慢できない!という人は

殺意が芽生える程、耐えられなくなったら、そのストレスを他の部分に分散させましょう。または、状況を変えるために選択肢を増やしてみることもおすすめです。

社外の友人に毒を吐く

ここまでは自身で状況を少しでも良くする対処法でしたが、ずっと頑張っていては体によくありません。

時には、社外の何でも話すことができる友人に日頃の毒を吐いてみてください。あくまで、社外の人にというところが重要です。

嫌いであることを隠さず、ありのままに振る舞う

あなたのキャラクターにもよりますが、これも一つの対処法です。あなたはなぜその上司のことが「嫌い」なだけでなく、「殺したい」とまで思ってしまうのでしょう。

「社内の人にわかってもらえない。」、「自身の方が立場が弱い。」、「上司に何を言っても伝わらない。変わらない。」という状況を我慢しているのであれば、我慢すること辞めます。

いつもと同じことをしているより、いつもと違うことをした方が状況を変えやすいのです。

転職する

「上司が嫌いなだけで転職?」と思うかもしれません。ですが、「憎い」という強い負の感情を毎日持ち続けて生活を送ることは、人生という限られた時間を無駄にしているとも言えます。

どんな風に対処しても状況が変わらないようであれば、転職することも選択肢の一つです。

自分次第で状況は変えられる

殺したいほど憎い上司に出会うことは不運ですが、その後、どういう行動をとるかで、自身の今後の社内での立ち位置や人生が変わるといっても過言ではありません。

対処法を考える中で自身と向き合い、自身の納得できる選択をすることで、次につながります。この不運を人生が良い方向に動くきっかけにするとよいでしょう。

Tags

ライター