フェラが苦手な女性の克服法:フェラができない理由とは? 

男性とセックスをする上で必要になるテクニックや、お決まりの行為があるでしょう。その代表的な例がフェラですが、ほとんどの男性はフェラに対してとても期待しています。

しかし、女性の中にはフェラが苦手、できないという人は少なからずいるのが現状です。

そこで今回は、どうしてフェラができないのか、フェラを苦手に感じている女性でも克服できる方法をご紹介します。紹介する方法を実践すると、少なくともフェラができないという状況から抜け出せるでしょう。ぜひ試してみてください。

フェラができない理由は?

フェラに苦手意識を持っている女性が抱いているイメージとして、フェラ=汚いということがあります。男性にとっては楽しい時間を過ごせる大好きなプレイだというのに、ネガティブなイメージがあるのはなぜでしょうか。

答えは簡単で、排泄を連想させるからです。どうしても頭では分かっているものの、心の奥底に排泄に関するイメージが根付いている関係で、フェラを汚いと思ってしまう女性が多いと言われています。

臭くてトラウマになった

実際にフェラをしようとしてみたものの、あそこがとにかく臭い人がいたことが原因で苦手になってしまったという女性もいます。

一度嫌な思いをしたら、中々払拭することができません。そのため残念ながら諦めてしまうという人も多いのです。

アゴが疲れる

実際にフェラはしているものの、なかなか相手がイかないので、長時間行わざるを得ないということもよくあります。

フェラは口を開きっぱなしで行うプレイなので、時間が長くなればなるほどアゴが疲れます。最後には外れそうになるという人もいるので、苦手になるという女性もいるようです。

無理やりさせられたことがある

一部の女性になりますが、男性からフェラを無理やりさせられたというトラウマを持っている人もいます。

多くの男性はAVの見過ぎによって、フェラをしてもらえることが当たり前だと思っている人が非常に多いと言われています。

そして大抵がAVでは演技があるということを認識しておらず、無理やりでも喜ぶものだと勘違いしている人もいるので問題になっているのです。

フェラの克服法は?

男性が最も期待するプレイとしてあげられるのがフェラ。上手く苦手を克服すれば、男性に間違いなく喜ばれるということは目に見えています。

実際に上手くいくフェラの克服方法を紹介するので、実践して男性をびっくりさせましょう。

イメージを変える

フェラ=汚いというイメージを根本から変えていくことが重要になります。

フェラの行為自体は決して汚らわしいということはなく、普通に楽しめるようなものなのです。

相手が喜ぶ姿を想像すると途端に楽になるという声をよく聞くので、まずは相手が喜ぶということを意識して苦手を払拭しましょう。

やっぱり喜んでもらえると女性にとっても嬉しいものでしょう。さらに相手が自分のことを好きになってくれるかもしれません。

シャワーで綺麗にする

不潔に感じて苦手だという人は、しっかりシャワーを浴びてからフェラを行うようにすれば、まず問題ありません。

相手に洗わせると不安だという人は、シャワーを浴びながらあそこを石鹸でいやらしく触ってあげると自然です。綺麗になる上、相手も喜んでしまうというプレイになるので、この方法を利用して綺麗にしているという女性が非常に多くいます。

また、フェラが苦手な人は、絶対に流れでセックスをしないようにしましょう。例えば相手の部屋でテレビを見ていてイチャイチャし始めて、そのままセックスを始めてしまうというようなパターンです。

流れでしてしまうと大抵はシャワーを浴びることなく、そのまま行為が進んでいきます。そうすると臭いが付いた状態になるので、より苦手意識を持つようになるでしょう。

相手の感じている姿を見る

フェラの苦手意識を克服する上で効果的な方法と言われているのが、相手の感じている姿を見るということです。

自分自身の行なっているプレイで相手がピクピクと反応している姿はとてもいやらしいですし、フェラをしていても嬉しくなるでしょう。

また、相手の表情を見ながらしていると、とても気持ち良さそうな感じになっていく変化がわかるパターンもあり、それをきっかけにフェラの苦手を克服できたという女性が非常に多いです。

相手の反応を楽しみながらフェラをするという気持ちで行うのが、気張らずにできるのでおすすめ。

事前にイメージトレーニングをする

実は意外に大切なのが、イメージトレーニングをするということです。特に慣れていない女性にとっては、重要になります。

実際にフェラをするにはどうしたら良いのだろうか、どうやったら相手が感じるのだろうか、どれくらい口を開けばいいんだろうか、というように考えることがたくさんあり、良い勉強になるからです。

実際に口を開く練習は本番で効果的ですので、自分自身を助けてくれることになるでしょう。想定していないことが起こった時でも安心して対応できるようになるので、苦手克服には必須な方法です。

数をこなして慣れる

荒療治かもしれませんが、慣れるくらいにフェラに挑戦すると自然と苦手を克服できていたという人も多くいます。

ほとんどの人は、初めてセックスをするときに気持ち良いという感じはしなかったのではないでしょうか。しかし回数を重ねていくにつれて、だんだん気持ちよくなっていったはずです。

フェラも同じで、最初は慣れていないから疲れたり、不安に思います。しかし、いざ勇気を出してみると意外に楽しいというような経験がたくさんできるので、そこから克服していけるでしょう。

記事の著者

www.techno-centre.niko.ua

www.monaliza.kiev.ua

www.instaforex.com отзывы