怖い人に見られる共通の特徴と対策:表情を意識することがポイント!

友達に「最初に会った時の第一印象は怖かったよ」と言われたことはありませんか?自分では怖い雰囲気を出したつもりがなくても、相手に怖いと思われていることは意外とあります。

自分ではそんなつもりがないのにも関わらず、怖い人に見られることが多いのは残念に感じるでしょう。また、怖い人に見られると周りから近寄りがたく感じられることも多くなり、自然と損をすることも多くなります。

怖い人に見られる特徴とはどんなものがあるのでしょうか。特徴を知っておくことは、改善することにも繋がるものです。今回は、怖い人に見られる特徴と、怖い人に見られないための対策についてまとめました。

怖い人に見られる特徴とは

怖い人に見られてしまう人には、共通する特徴があります。特に外見や表情に関することが多いので、視覚で判断される部分が、怖さの印象を左右しているポイントだということがよくわかるでしょう。

笑顔が少ない

笑顔が少ない人は怖い人に見られることが多いです。普段からあまり笑わない人、表情の変化が乏しい人は、常に不機嫌だったり怒っているのかと思われてしまうことも多々あります。

逆を言えば、明るい人と言ったら笑顔をイメージする人は非常に多いはずです。笑顔のイメージがない人は、周りから見て怖い人に思われてしまうでしょう。

眉間にシワが寄っている

怖い人と言えば、怒っていたり、苛立っている印象が強いでしょう。

気難しそうな表情と言えば、眉間にシワが寄っていて、何か大変なことをいつも考えていそうな印象があります。眉間にシワがいつも寄っている人は、怖いと思われることが非常に多いです。

暗い、静かな雰囲気

あまり感情を見せない人、静かな雰囲気を醸し出している人も、怖いと思われてしまうことがよくあります。人は感情の起伏があまりない人のことを怖い、厳しいなどの印象で遠巻きに見てしまうことは多いのです。

怖い人に見られないための対策

怖く見られると悩む人が、実際には怖い人ではないというケースは多いです。遠巻きに見られてしまうのはもったいないので、怖いと思われないために対策していきましょう。

明るく振舞う努力を

怖い人に見られないためにまず気をつけたいこととしては、明るく笑顔で周りに対して振舞うように心がけることが何よりも大切です。

怖くない人、つまり明るい人・穏やかな人に笑顔は欠かせないものです。明るさや優しさなど、人に対してプラスの印象を与えることをとにかく心がけていきましょう。

普段から明るく振舞っていれば、怖い人という印象を持たれることは当然なくなるはずです。

気難しそうな表情を意識的に辞めよう

人の表情作りは、意識的に直していこうとしなければなかなか直らないものです。

まずは眉間にシワが寄ってしまうのを避けるためにも、難しいことを考えたり、ネガティブなことを想ったりするのは意識的に辞めましょう。

また、単純に眉間にシワが寄ってしまうのが、表情作りの癖になってしまっている場合もあります。癖はしっかりと直さなければ直らないので、鏡を見ながら怖くない表情作りを練習して、心掛けると良いでしょう。

積極的に周りの人と関わる

人と積極的に関わろうとしない人は、近寄りがたい雰囲気を自ら作ってしまいがちです。それが怖いという印象に繋がることもあります。

そのためにも、自分から積極的に人と関わるようにしましょう。いつもは勇気が出なくて話に加われない、というところでも、明るくポジティブな話し方で意見を話すようにすると良いです。

人と話す機会が増えれば、話すときの表情や目線、話し方に自信が持てるようになります。すると、自然と自分が醸し出す雰囲気が明るくなり、怖いという印象は消えていくでしょう。

Tags

ライター

www.exstraeconom.kiev.ua/

читайте здесь artma.net.ua

читать далее