自分を可愛いと思うメリットとは:自信を持つことで積極的になれる!

明らかに自分のことを可愛いと思っている同性と、出会ったことがある女性はいませんか?自分を可愛いと思っている女性に対して、羨ましくなったり、イライラしたりするでしょう。

実は自分を可愛いと思いたいと望みつつも、周りからの見られ方が怖くて踏み切れない女性たちもいるかもしれません。自分を可愛いと思うことで、どんなことが起きると考えられるでしょうか。今回は、メリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

メリット1:可愛く振る舞うことへの心理的なハードルが低くなる

女性によっては、好きな異性の前で可愛く振る舞いたくなるときもあるでしょう。ただ、自信のない女性の場合は、自分が可愛く振る舞っても変ではないのかなと心配になるケースもあります。

その点、自分を可愛いと思っている女性は可愛く振る舞うことに抵抗を持たない人が多いです。ただ、実際に可愛く振る舞おうと頑張っても、やり方によっては引かれることがあるので注意しましょう。

メリット2:自分を肯定的に捉えられる要素になる

自分を可愛いと思っていることは、自分を肯定的に捉える要素になります。女性によっては、自分の見た目を肯定的に捉えられなくて辛い思いをしている場合もあるのです。

そこで、自分は可愛いんだと自信を持ち、自分を肯定的に捉える要素が増えることによって、今までよりもアクティブになることや表情が明るくなることなどが考えられます。

メリット3:異性に対して積極的になれる

自分を魅力的だと思っていた方が、異性に対して積極的なアプローチをしやすくなるでしょう。自分に自信が無くて奥手な女性からは、羨ましく映ることがあります。

ただ、自分を可愛いと思っている女性によっては、アプローチした男性に自惚れがひどいと驚かれてしまう事態もあるようです。自分を可愛いと思っている女性で、これから男性にアプローチする人は気を付けましょう。

デメリット1:自身を可愛いと思う女性を好きではない人がいる

そもそも自分を可愛いと思っている女性のことを、あまり好きになれない人たちもいます。自分を可愛いと思っている女性は、傷付く言葉を言われてしまう事態も考えられます。

自分が可愛いと思っていることで迷惑をかけているわけではないので、他人から批判されても気にしないで受け流すようにしましょう。

デメリット2:自分を客観的に見られないことがある

自分を可愛いと思うことと客観的に可愛いということが一致するとは限りません。例えば、自分を可愛いと思っていても、出会った人からはあまりそうとは思われないケースが挙げられます。

自分を可愛いと思っているなら、時には客観的に自分を評価することも必要かもしれません。

自分を可愛がりすぎて自分勝手にならないよう注意

心から自分を可愛いと思っている女性もいるでしょう。ただ、いくら自分を可愛いと思っていても周りに嫌われるような行動をするのは控えた方が良いです。

自分を可愛がるとしても、行きすぎて自分勝手になってしまわないように注意しましょう。

ライター