高校が辛くて行きたくない!まずは信頼できる人に相談しよう

必ずしも高校は生徒たちにとって過ごしやすい場所であるとは限りません。生徒によっては、高校に行くことに不満やストレスを感じているケースもあります。

保護者の方も高校に行きたくないと主張する子供に対して、どのように対応したらよいかと悩んでしまうこともあるのです。そこで、高校が辛くてどうしても足が遠のいてしまいたくなるときの対処法4選を説明します。

高校が辛い気持ちを受け止めてくれる人に話す

高校で辛い思いをしていることを、誰にも話せずに抱え込んでいる場合があるかもしれません。こうした場合は、気持ちを受け止めてくれる人に話すのもいいでしょう。

ただ、周りには相談が出来る人間がいないと思うなら、信頼出来るカウンセラーを探してみることや自分の高校が辛い気持ちを紙に書いてみることなどもおすすめです。

目標を持って一生懸命になれることを探す

高校の部活や勉強など何でもいいので、目標を持って一生懸命になれることを探すのも対処法でしょう。例えば、将来的にどうしても通いたい大学を見つければ、そこに入学する為に勉強する意欲が湧いて来るかも知れません。

高校に関することで目標を持って一生懸命になれることが見つからないのであれば、それ以外で探してみるといいです。例えば、自分の好きなことの関係から目標を持って一生懸命になることを見つけるのも有りでしょう。

もし、コンピューター関係が好きな高校生なら、その関係の資格取得を目標に努力してみると言った具合です。その高校時代に一生懸命取り組んだことが後になってから自分の人生で役立つケースがあります。

高校に通うのは永遠ではないことを理解する

当たり前ですが高校に通うのは永遠ではありません。卒業して何年も経過すると、高校時代のことを思い出すのも希になって来るケースもあります。

高校に行くのは期間限定のことだと割り切ってみるのも対処法でしょう。ただ、卒業までの期間、高校に通うのが我慢できない場合は他の対処法を探してみるといいです。

ちなみに、今すぐに自分には専門家などの助けが必要だと思っているなら、我慢するよりもその旨を信頼出来る人に訴えることをおすすめします。

辛いなら今の高校に行かない

辛いのであれば、今の高校には行かないという選択肢もあるでしょう。ただし、その高校に行かなくなった後のことを考えるのが大事です。例えば、行かなくなった後は今の高校ではなく、フリースクールに通うことや別の高校に転校することなどの選択が考えられます。

ちなみに、高校が辛くて行きたくないけれど辞めたくはない場合もあります。そこで、学校側に保健室登校などができないか聞いてみることも選択肢の一つです。

高校が辛くて行きたくないときは無理をせずに

現在、自分の子供が高校に辛くて行きたくないと主張されている保護者の方もいるかもしれません。こうした場合は、ご自身の対応によっては、より子供が辛い思いをする事態があり得ることを分かっておきましょう。

まず、高校に辛くて行きたくない子供の気持ちを理解する努力をするといいです。そのうえで、話を聞き子供にとってベストな対処法を考えるとよいでしょう。

ライター

別れさせ屋 失敗

автоматический полив теплицы

обращайтесь monaliza.kiev.ua