職場で仲間はずれにされた時の対処法まとめ:相談することも大事 

突然上司や同僚から無視されるようになったら、どうしたらよいでしょうか?

社内で無視されることで精神的苦痛を受け、自分の仕事のミスにつながったり、他の同僚や上司などとコミュニケーションが取れずに業務が滞ってしまったりすることになりかねません。

以下では職場における仲間はずれにされる例から仲間はずれにされたときの対処方を紹介します。

また、このような問題への対処法はさまざまあります。そのなかでも転職という選択肢も視野に入れてみるといいでしょう。その際におすすめなのが転職サービスのリクルートエージェントです。

転職成功率1位のリクルートエージェントでは10万件の求人があり、通常の転職サイトでは得られない情報を提供しています。

平日の夜や土日祝日も受付していたり、電話でも面談できたりするため仕事が多忙な人に人気があります。まずは無料会員登録をして、自分に合った企業を探してみましょう。

職場における仲間はずれの例

職場において、仲間はずれにされるケースはさまざまあります。以下ではそういった仲間はずれにされる例を紹介します。

仕事が回ってこない

同僚ではなく、上司からも仲間外れにされている場合に多いのが、仕事をもらえないということです。他の人にはいい仕事が回ってくるにもかかわらず、自分は雑用ばかりを押し付けられているかもしれません。

あからさまではないので、同僚など周りの人に相談しても同意を得られないかもしれません。しかしこれは明らかないじめであり自分一人ではどうしようもできずに納得できないことです。

飲み会に誘われない

飲み会だけでなく、会社の同期での旅行や女子会などプラベートなお誘いをしてもらえないというケースです。後でインスタやTwitterなどのSNSで知って、悲しくなりますよね。

また、飲み会に誘われても、幹事を無理に押し付けられたり、コンパニオンのような仕事をさせられていたら仲間外れにされているのかもしれません。

挨拶を無視される

朝、出勤したときは挨拶をしますよね。そのとき、明らかにあなたにだけ挨拶を返さない場合は仲間外れにされていると考えられるでしょう。

このようなわかりやすいいじめはターゲットが変わりやすい傾向があるので、しばらくすれば別の人にターゲットが変わっている可能性があります。

以前から周りの人間と同様に無視したり、もしくは見ないふりをしていた人もいるでしょう。そういった場合、もし別の人にいじめの対象が変わったとしてもまた自分に回ってくるかもしれません。

そういった会社は昔からそのような文化が根付いている可能性があります。そんな会社は辞めてしまった方がいいでしょう。いじめや嫌がらせを容認しているような会社に留まっていても、いいことはありません。

そのような環境にいる人は、自分に合った環境で仕事ができるように、転職することをおすすめします。転職を視野に入れたときにおすすめなのが、業界1位のリクルートエージェントがおすすめです。

経験豊富なアドバイザーが、自分の希望する条件に合った求人を紹介してくれます。登録して相談だけすることも可能なので、ぜひ活用してみてください。

お菓子などが自分だけもらえない

職場では、旅行や帰省などのお土産やイベントでお菓子を配るこもありますよね。そんなとき、自分だけなぜかお菓子が回ってこないなんて経験はありませんか。

不在やたまたまトイレに行っていたというときもありますが、同じ空間にいて一人だけもらえないというのは仲間外れにされている可能性が高いです。

職場で無視された時の対処法

無視をされると、精神的にダメージを受けるだけでなく、大事な連絡を回してもらえないなど、仕事にも大きな支障をきたすことがあります。

対処法としては、周囲に相談したり、マイペースに対応したりなど、さまざまなものがあります。以下ではそういった対処法を詳しく紹介します。

原因を探る

職場で無視をされる原因はさまざまあります。しかし、無視をする人が自分のことを、なんだか気に食わないからとか、態度が鼻につくから、といったように、自分に非はなく理不尽に仲間はずれにされているケースがほとんどです。

ただ、自分の振る舞いや対応などが原因となっている場合も考えられます。まず原因はどこにあるのか時間をかけてじっくり考えてみましょう。

自分に非があれば謝る

少しでも自分に非がある場合は、素直に謝ってみましょう。原因が特に大したことではなくても、相手にとっては大きなことだった場合があります。

自分の非を求めて謝罪することで関係が修復すれば、仕事もうまくいくはずです。また、謝罪する際には相手に対して誠意を持って謝罪しましょう。誠意を持って謝罪することで、自分の非を相手が許してくれる可能性が高くなります。

気にせずマイペースを貫く

特に無視をされる原因が自分自身に思い当たらない場合、割り切って仕事に専念できる人は今までの調子で振る舞いましょう。あなたが嫌がったり、悲しんだりする様子を見せては、無視をする相手の思う壺です。

また、自分に非があるかもしれないと思うことで気を遣ったり、態度を変えたりすると、無視する人を逆なでする可能性があります。

無視されていても、周りに影響されないことを心がけて、自然体でうるようにしましょう。

本人に直接理由を尋ねてみる

どうしても無視される原因が気になってしまう人は、無視をする本人に聞いてみることも一つの手です。相手をさらに怒らせてしまうリスクもありますが、はっきりと原因がわかる可能性もあります。

原因があなたにあるのならば改善したいけど、思い当たらないから教えてほしいと正直な気持ちを本人に聞いてみると、解決への糸口をつかめるかもしれません。

周囲に相談してみる

度が過ぎるような無視の仕方だったり、体調や業務に影響が出たりしているなら、周囲の人に相談してみましょう。

特に職場でのケースでは、年上の人や上司に相談する方が賢明です。職場での人間関係は仕事の生産性に影響します。部下の職場環境を整えることも上司の役割の一つです。

遠慮することなく上司に相談しましょう。もし自分がそこで相談することを躊躇してしまうと、他の人も同じ被害に遭う可能性もでてきます。ただし、上司が仲間外れの首謀者である場合は他の方法を考えましょう。

外部機関に相談する

社内の人に相談しても改善が見込めないときは、第三者機関に相談してみるといいでしょう。外部の機関に相談することで客観性を持って、話を聞き対処してくれるはずです。

職場での問題に精通している専門家に話をすることで、アドバイスをもらえたり、今まで自分でも気付かなかった側面に気付かせてくれたりします。

長期に渡って無視をされ続け悪化する一方である場合、法律に触れるケースもありますので、法律専門の無料相談窓口を利用してみましょう。

態度を変えない

仲間はずれにされている人は辛い気持ちが態度に出てしまうことが多いですが、それは相手の思う壺です。

辛い気持ちは変わらないかもしれませんが、仲間はずれに反応すると、その人の承認欲求を満たすだけです。仲間はずれにされても割り切って、一定の態度で接していれば、次第に飽きる可能性が高いです。

仕事に徹する

弱い犬ほどよく吠えると言いますが、自分の力を誇示したい、自分が影響力のある人物だと示したい、などの気持ちがあなたを仲間はずれにするという行動に現れているのです。

実際、仲間はずれされるターゲットは変わりやすいです。そういった仲間はずれの首謀者は、自分の力を誇示できさえすれば相手は誰でもいいのです。

つまり、気にせずにしっかり仕事に集中していれば、周りからはちゃんと評価されるので、次第に仲間はずれにされることはなくなるでしょう。

自分1人でなんとかしようとしない

仲間はずれは集団的なハラスメントです。自分1人で対応しようとすることには限界があります。しかし仲間はずれに合うと、人に対する不信感と自分を攻める気持ちから視野が狭くなってしまいがちです。辛いと感じたら1人で抱え込まずに、必ず他の人に相談しましょう。

仲間はずれを含めて、いじめはもはや社会的な問題です。社会問題に関しては行政が力を貸してくれます。周りに頼れる人がいないように思えても、一緒に考えてくれる人は必ずいるはずです。

それでも改善されない場合は転職や休職など、自分を守る方法をとりましょう。

転職を考える

転職という選択肢も、耐え難い環境から逃れる手段のひとつ。

人事担当者に相談することで、異動できることもあります。しかし残念なことに、仲間はずれなどのいじめが常習化しているような職場環境があることは事実です。

組織的な仲間はずれを見逃しているような職場では、周りを変えることは容易ではありません。その際は思い切って転職を考えてみましょう。

転職を考える際におすすめなのが、リクルートエージェントです。これまで41万1000人以上が利用しており、多種多様な業界に精通したコンサルタントがいるのが特徴。

自分では気づいていないスキルの発掘や履歴書添削、面接対策など、より良い転職のために綿密なサポートをしてくれます。

会員登録は無料なので、迷っている方はまずは相談してみてはいかがでしょうか。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る

плиты перекрытия цена

www.militarycenter.com.ua

читайте здесь biceps-ua.com