ホットヨガのゴールデンタイムとは?:ダイエットと美肌効果にはレッスン前後2時間が勝負!

みなさんはゴールデンタイムと聞いて何を想像されますか?よく午後10時から午前2時まで睡眠は脳内の成長ホルモンを促すので、美肌のゴールデンタイムと言われますよね。同じようにホットヨガにもゴールデンタイムがあるのです。

ホットヨガのゴールデンタイムを有効に利用すると、ダイエットにも美肌にもより大きな効果が期待できます。

ホットヨガのレッスンを頑張っていても、気づかずにゴールデンタイムを無駄にしていてはせっかくの頑張りが水の泡です。ぜひゴールデンタイムがどのようなものなのか理解した上でホットヨガに取り組んでください。

この記事ではホットヨガレッスン後のゴールデンタイムにすべきことと、してはいけないことを紹介します。ぜひ参考にしてホットヨガの効果を最大限に有効活用してください。

▼目次

1.ホットヨガのゴールデンタイムとは?

冒頭で美肌のゴールデンタイムについてお話しましたが、ホットヨガのゴールデンタイムは、レッスン終了後の2時間の事を指します

ホットヨガでたっぷり汗をかいた身体は、とっても渇いた状態。渇いた身体は水分だけではなく、さまざまな栄養素の吸収率が向上しているのです。

そのため、レッスンが終わった後の2時間は大切に使うようにしましょう。

ここではそんなゴールデンタイムにするべきことをまとめていきます。ホットヨガをする方は事前に読んでおくといいかもしれません。

2.ゴールデンタイムにすべきこと

レッスン終了後2時間のゴールデンタイムをどのように過ごすかが、健康面・美容面に影響を及ぼすのです。

ホットヨガは身体を緩め、汗を流す事でもストレス解消や運動不足解消などの十分な効果がありますが、せっかくならこのゴールデンタイムを活用して、効果を最大限に引き出したいですよね。

ホットヨガをしたあとは食べたいだけ食べ何もしない、なんていうのはNGです。

では具体的に、どのような事をすれば良いのでしょうか。

2-1.シャワー後に入念なスキンケア

まずはホットヨガを行った後は、なるべくすぐにシャワーでざっと汗を流しましょう。スタジオにシャワールームが併設されている場合は、そこで浴びる事をおすすめします。というのも汗を放置するとあせもや肌荒れにつながるからです。

シャワーをあびたあとは体を冷やさないようにしましょう。特に冬場は外が寒いので、その温度差で体調を崩してしまわないように注意が必要です。

そして、大事なのは保湿。汗をたっぷりかいた身体は表面も渇いています。化粧水やクリーム、オイルでしっかりお肌の保湿を行いましょう

もしスタジオでシャワーを浴びれない場合もしっかりと汗を拭きとり、家に帰ってからすぐに温かいシャワーを浴びるように心がけてください。

仕事帰りにホットヨガ行ってシャワーもスキンケアも済ませて帰って寝るだけ!って最高(∗ˊᵕ`∗)

— ユキ麦 (@chitose_mg)

2-2.お風呂後のパック

スタジオでシャワーを浴びた後は、なるべく寄り道せずに自宅に戻りましょう。自宅に帰ってからのセルフケアも、美を追求する上で重要なファクターになります。

ホットヨガで血液やリンパ液などの身体の巡りが高まっている状態なので、身体の気になるところを重点的にマッサージするとマッサージの効果が得られやすいです。

例えば顔のつぼを押すと小顔効果もあり、また膝裏のリンパを自分で押したり温めたりすることで冷え性の改善が望めます。

お風呂の後は顔は特に乾燥するので、パックをするのがおすすめです。しっかりと段階的な保湿を忘れないようにしてください。

2-3.身体にいいものを摂る

栄養分に対する身体の吸収率も大幅に向上しているので、消化に負担がかからない程度に、身体にいいものを摂りましょう

具体的には酵素や乳酸菌、食物繊維です。酵素を手軽に取れる酵素ドリンクやヨーグルトなどは手軽で良いですね。ドライフルーツもビタミンがぎゅっと凝縮されているだけではなく食物繊維も取れておすすめです。

ただしドライフルーツは製造工程で砂糖を大量に使用しているものも多く高カロリーなので食べ過ぎには注意が必要です。

ホットヨガ行ってきました。
いっぱい汗かいて デトックス💧
レッスン後は 吸収アップのゴールデンタイムらしいので コラーゲンドリンクを一気飲み😎
効果あんのかな…(笑)

— *M I K I* (@mikko__44)

3.ゴールデンタイムにしてはいけないこと

ホットヨガのレッスン後2時間のゴールデンタイムで、すべきことを紹介してきましたが、逆にしてはいけないことはどのようなことがあるのでしょうか。

健康と美容のためにホットヨガを行ったにも関わらず、その後の行動でホットヨガの効果を減少させてしまっては、費やした時間とお金がもったいないですよね。

例えば食事には要注意です。特にダイエット効果を求めている人はホットヨガをしたあとの食事には細心の注意を払いましょう。

では、ここからはホットヨガをしたあとに避けるべき行動を見ていきます。

3-1.食事には要注意

まず、ダイエットを目的としている人は、レッスン2時間後まで脂っこいものやカロリーの高いものを食べてはいけません

ホットヨガ後は血液が筋肉や身体の表面を循環しています。また大量に汗をかいた後は血液中の水分も失われています。よって胃腸の消化機能は低下しているため、消化不良を起こす可能性があります。

ホットヨガの後に冷たいものを食べるのも避けるべきです。特にアイスクリームなどの冷たいものを食べると、内臓を急激に冷やすため、消化器官の機能を低下させます。同様に冷たい水をがぶ飲みするのも辞めましょう。

3-2.アルコールも危険?

またアルコールの摂取も避けましょう。渇いた身体は栄養分だけではなく、アルコールの吸収率も上がっています。

このため酔いが回るのが早いので危険です。それにお酒を飲むと口寂しくなるもの。アルコールの摂取とおつまみとの相乗効果で、せっかく消費したカロリー以上のカロリーを吸収する可能生は否めませんね。

また普段からアルコールの摂取はほどほどにいておくと、ホットヨガの効果も早めにでてくるでしょう。

太閤の湯にユニオンの射水店できて、4年ぶりくらいのホットヨガ。ちょっと疲れてたけど急きょ予約入れて行ってよかったー。バランス系のアーサナでよろけまくりwあと1時間くらいゴールデンタイムだけどお酒は飲まないほうがいいかなぁ

— Mizuyo T (@mizmats)

4.レッスン2時間前の注意点

レッスン終了後2時間のゴールデンタイムについて見てきましたが、実はレッスン開始前の2時間前からの過ごし方も、ホットヨガの効果に影響を及ぼします。

具体的には、お腹の状態を万全に備えることが大切です。できれば空腹が好ましいのですが、お腹が空いてレッスンに集中できないというようなことがあっては意味がないですよね。レッスン時間の兼ね合いで、事前に食事を取る場合は、軽めに済ませておきましょう。

4-1.レッスン前の食事

レッスンの集中力を高めるために、事前に食事を取る際は、消化が良く身体の負担にならないものを選びましょう

具体的には、グラノーラ、スープ、おかゆ、スムージーです。これならコンビニなどでも手軽に手に入りますね。

ダイエットのためにホットヨガに通っているという人は、レッスン前後の食事にも気を配りましょう。

また食事をとる場合レッスンの2時間前までが鉄則です。たくさん食べたあとにホットヨガをしてしまうと気分が悪くなりやすいこともあるので注意しましょう。

今日は有休だよ!ホットヨガしてきた!!!始まる35分前に丸亀うどん食べて、終わった35分後にメープルラテ飲んでるけど、前後2時間は食事するなって今知った!どうりで気持ち悪いわけだ!!!

— イソフラボンヌ(チームおかん) (@isofrabonnu)

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。ハリウッドセレブをはじめとする多くの意識高い人々が取り組んでいるホットヨガ。レッスン中だけでなく、ゴールデンタイムのちょっとした心がけで、より健やかな身体とお肌も手に入ると思うと、ホットヨガに対するモチベーションがさらに高まりますね。

ホットヨガレッスン後の2時間の食事やスキンケアを意識して、ホットヨガの効果を最大限に引き出しましょう。

ホットヨガスタジオLAVAには、20種類を超える多彩なプログラムとインストラクターの方のていねいな指導のもとで、しっかりと自分の悩み解消や目標を達成することができます。ぜひ自分にあったレッスンとゴールデンタイムを活用してより美しい体づくりに励みましょう。

▲目次に戻る

Tags

ヨガ (616) 美肌 (86) (454)

ライター

momokofujii

ссылка

there

source