ペットを供養する2つの方法:早めに供養方法を決めよう!

ペットが亡くなってしまった場合、火葬場に連絡し、火葬してもらう必要があります。今回は、火葬後の供養の方法を紹介します。

供養といえば、お墓や納骨堂でというイメージがあるかもしれません。しかし、ペットの場合は自宅でも供養することが可能です。今回は自宅で供養する方法、お寺で供養する方法の2つをまとめていきます。

ペットが亡くなった時、正しく供養できるように、あらかじめ供養の方法を知っておきましょう。

ペットが亡くなってからでは、悲しみが大きく供養まで考えられないこともあります。ペットが元気なうちにしっかり考えておきましょう。

自宅でペットを供養する方法

火葬し遺骨にした場合、お墓や納骨堂に納骨をするのが一般的です。しかしペットの場合、自宅で供養するという方が多いようです。

自宅で供養する方法のことを手元供養といいます。手元供養の場合、仏具を購入し骨壺と一緒に置いたり写真を飾ったりする方もいます。

手元供養をしていても、お墓や納骨堂に納骨したくなる時が来るかもしれませんが、お墓や納骨堂に納骨することは可能です。

しかし、納骨するのであれば四十九日や百回忌、一周忌、三周忌などに納骨することをおすすめします。月命日でも良いでしょう。

自宅で供養する場合の注意点

遺骨は骨壺に入れて保管していきます。骨壺は陶器でできているものが多く、陶器の骨壺は空気中の水分が入り込んでしまい内部に湿気が溜まってしまいます。

内部に湿気が溜まってしまうと、遺骨にカビが生えてしまう可能性があります。そのため遺骨にカビが生えてしまわないように対策を行う必要があるのです。

まず、湿度の高いところには置かないでください。湿気がたまり水分が入ってしまうので、骨壺の蓋の周りにテープを貼っておきましょう。そして、シリカゲルなどの乾燥材を入れておくと安心です。

丁寧に対策を行うことで、長期間手元に骨壺を置いておいても遺骨がカビる心配はなくなります。

お供え物は?

お供え物といえば線香やお花などが一般的です。仏具を用意して毎朝、線香を立てるという人もいます。

また、ペットの好きだったものをお供えするというのもおすすめです。ペットが好きだった餌やおもちゃ、愛犬を供養するのであれば散歩用のリードなどをお供えすると喜ぶでしょう。

お供えするものにとくに決まりはありません。なによりも、供養したいという気持ちや行動が供養となります。

お寺でペットを供養する場合

自宅だけでなくお寺でペットを供養するとができます。しかし、すべてのお寺でペットの供養を行っているわけではありません。

そのためお寺でペットを供養させたいと思っている方は、ペットの供養を行っているのかどうか事前に調べておく必要があるでしょう。

お寺で供養する場合、お経を唱えたり、火葬後遺骨の骨上げを行っているようなお寺もあります。火葬から葬儀まですべて行うお寺もあるので、選ぶのであればすべてを行ってくれるお寺を選ぶようにしましょう。

ペットのお墓や納骨堂について

お寺にはお墓や納骨堂があります。ペット愛好家も増えていることから、ペットと同じお墓に入りたいとお墓を用意する方もいるようです。

しかし、お寺ではペットと一緒にお墓に入るということを許可していないところもあります。もし、一緒に入りたいのであれば民間の霊園が良いでしょう。

お墓や納骨堂を個別で用意しようとなると料金は高くなります。合同で納骨できるのであれば、そちらの方が費用は安く済むでしょう。お墓や納骨堂で納骨するのではなく、埋葬するというケースもあります。

ライター