手相で丸紋(リング)がある場合:場所ごとの意味まとめ

リングと言われると丸印のような線のことと思うかもしれません。しかし、手相におけるリングは必ずしもきれいな丸印ではなく、輪っかのようになっている線のこともリングと呼んでいます。

今回は、そのようなリングの見方や意味について紹介するので、手のひらにリングがある方は必見です。

また、専門の鑑定士に手相を診てもらいたい方は、電話占いのココナラをチェックしてみてください。ココナラは、1分100~240円とお手頃価格で様々な占いを提供しているので、気軽に電話占いが楽しめます。

手相における丸紋(リング)について

リングとは、指の下を囲むような輪っかや丸印の総称のことです。指の下にあるような輪っかには良いものと悪いものがありますが、丸印はどこにあっても悪い意味になります。

しかし、遠目からでもはっきり見える場合と、切れ切れになっていたり薄くなっている場合があります。切れ切れだったり薄くなっている場合は、必ずしも悪いことが起きるというわけではありません。

丸い線は場所によって意味が異なる

手相紋の一つであるリングは場所によって意味や名称が異なります。具体的に見ていきましょう。

ソロモンの環

人差し指に出る輪っかのことをソロモンの環といいます。これはめったに見ることができない珍しい幸運の手相です。

ソロモンの環を持っている人にはカリスマ性を持っている人が多く、優秀な指導者になることができると言われています。

這い上がり線

生命線のスタート地点から始まる線で、中指の付け根に向かってカーブしながら伸びている輪っかのような線は、這い上がり線と呼ばれています。

有名な専門家の先生などが這い上がり線と言うことが多いので、このように呼ばれるそうですが、正確には千金紋というものです。

この線を持つ人は、どん底にいてもそこから這い上がることができるような運勢の持ち主です。

土星環

土星環は中指の付け根をぐるりと半円状に囲うように出ている線のことをいいます。

土星環が盛り上がっているような人には探求心や忍耐力がある人が多く、一つのことを研究しどんどん突き進んでいくというタイプの人が多いです。そのような場所に輪っかがある人は、さらに突き進んでいく人ということになります。

一見良い手相のように思われますが、この手相がある人は孤独を愛し人を遠ざけてしまう傾向にあります。そのため、必ずしも良い手相であるとはいえないようです。

太陽環

薬指の付け根をぐるりと半円状に囲うように出ている線のことを太陽環といいます。この部分に輪っかがある人は最高の運気を持っています。人気も才能もあり、周りの人から好かれることができるでしょう。

金星帯

中指と薬指をぐるりと半円状に囲う様に出ている線のことを金星帯といいます。これは、エロ線と呼ばれることが多いようです。

エロ線がある人は異性にモテると言われ、一本がはっきりと出ている手相が吉です。

二重にも三重にも出ている場合は異性問題でトラブルを起こしやすい人が多いので、もし彼氏や彼女がこの線を持っていた場合は気を付けた方がいいかもしれません。

ファミリーリング

親指の付け根にチェーン状の線が入っていることをファミリーリングといいます。

線がチェーン状になっていると悪いと言われる手相が多いですが、ファミリーリングはとっても幸運な手相です。家庭円満の相であると言われています。

しかし、ファミリーリングが乱れていると家庭が崩壊してしまう可能性もあるので、ファミリーリングがあるからといって安心しないようにしましょう。

手相の丸い印まとめ

以上、手のひらにある丸紋について紹介しました。恋愛運や人間関係に関するものがあるので、自分の手を確認して参考にしてみてください。

最後に、電話占いのココナラを紹介します。

ココナラには、トークルームで両手の写真を送信してから、電話で鑑定してもらうことのできる手相占いがあります。登録の際に名前や住所は不要で、電話番号も鑑定士には非公開なので、安心して利用できます。

今なら期間限定で、新規登録すると最大30分が無料になるキャンペーンを実施しているので、この機会に登録することをおすすめします。

記事の著者

https://best-cooler.reviews/

https://www.best-cooler.reviews/

Узнайте про интересный портал на тематику удалить куки.