ペットを火葬する方法:火葬の流れや立会いについて詳しく解説

ペットは大切な家族の一員、そう思っている人はたくさんいるはずです。もし一緒に生活してきた犬や猫が亡くなったら、しっかりと火葬場で最期を見送ってあげたいと思うのが普通でしょう。

しかし、多くの人はペットの火葬方法を知りません。今回はそのような方向けに、ペットを火葬する方法についてまとめてみました。火葬方法が分からず困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ペットの供養についてはこちら:ペットの供養の仕方:自宅やお寺での供養方法を紹介!

ペットの火葬について

ペットの火葬は犬や猫だけでなく、ハムスターや小鳥、爬虫類などペットショップにいるような様々な動物に対応しています。

ペットの火葬にはさまざまな種類があり、料金にも違いがあるようです。自身の家庭の事情などから判断して、ペットの最期をどう見送るのか考えてみてください。

ペットの火葬費用

ペットの重さごとに火葬費用は変わります。

ハムスターやリスなどの極小動物は1~3.5万円、チワワや猫、うさぎなどの小動物は1.5~4.5万円、柴犬やプードルなどの中型動物は2~5万円、レトリバーなどの大型動物は3~6.5万円が一般的です。この金額は火葬方法によっても変わってきます。

ペットの火葬前後の流れ

まずは火葬場やペット葬儀の業者に問い合わせをし、日時や火葬のプランを選択します。その後一般的には、霊園などの火葬場に搬送した後、個別火葬または合同火葬を行います。合同火葬では他のペットと一緒に火葬をすることになります。

また、火葬の際には、好きだったおやつやお花で取り囲んであげることも可能です。しかし、プラスチック製のおもちゃやタオル、手紙などは火葬できない場所もあります。

火葬後は、ご遺骨の納骨または返骨の選択をし、火葬の一通りの流れは完了です。返骨した場合、自宅で一時供養し、初七日、四十九日をもって、改めて納骨することが可能です。さらに、季節の法要や僧侶による読経供養を希望することもできます。

ペットの火葬方法

一般的に、火葬方法は一任合同火葬、一任個別火葬、立会個別火葬の3種類があり、この順に料金が高くなります。

関連記事:猫の火葬方法と費用:東京や横浜の火葬場も紹介

立会個別火葬

ペットを亡くした多くの人が利用するとされるのが、立会個別火葬と呼ばれる火葬方法です。

立会個別火葬は、飼い主が火葬場で一緒にペットの最期を見送る方法です。飼い主が火葬後にペットの骨を拾うことになります。

火葬後は火葬場から返骨してもらうことも、ペット霊園などで埋葬してもらうことも可能で、飼い主が選べるようです。

近年は、ペットが死んでしまった際の火葬にはペット霊園を利用する人が非常に増えており、この立会個別火葬が一般的な火葬方法となっています。

霊園施設であれば待合室なども完備されており、天気を気にすることなく大切なペットの火葬を見送ってあげることができるでしょう。

一任個別火葬

一任個別火葬は、立会個別火葬とは違い、火葬に関しては霊園施設などのスタッフに任せることを言います。

飼い主の方で出棺を済ませた後、火葬、火葬後のお骨拾いは飼い主ではなくスタッフが行う点が立会個別火葬との違いです。

霊園施設など、しっかりとした場所で供養してあげたい人に向けた火葬方法として知られています。

ちなみに一任個別火葬は、どうしても悲しさのあまりお骨を拾ってあげることができない人や、自分ではしっかりと供養できないので専門の人に任せたい人がよく利用するようです。

火葬後は霊園施設にペットの骨を預けることになりますので、自分で骨を預かりたい人(返骨希望の人)は立会個別火葬を利用すると良いでしょう。

一任合同火葬

一任合同火葬は、上の一任個別火葬と違い、個別で火葬をしてもらわない分費用を少し抑えることができる火葬方法です。

合同火葬で行うため、基本的には少し火葬料金が安く設定されています。

それ以外は、基本的に一任個別火葬と同じで、火葬後の流れは全て霊園施設などのスタッフに任せるかたちになっています。

火葬したいときに行政の火葬場がお休みだったときなどに、一任合同火葬を利用する人もいるようです。

大切なペットのために火葬場について知っておこう

悲しみのあまり、ペットが亡くなったあとはまともな判断ができない人も多いでしょう。大切なペットのために、火葬方法にはどんなものがあるのか、どこに火葬場があるのか知っておくことはとても大切です。

ペットを亡くして立ち直れない人はたくさんいます。そのような方は、一人で抱え込まず、電話占いのココナラでカウンセリングを受けてみても良いかもしれません。ペットロスの方向けのサービスがあり、ペットの死を受け入れられるようにアドバイスが貰えます。

今なら期間限定で新規登録するだけで最大30分が無料になるので、この機会に辛い気持ちを吐き出してみてはいかがでしょうか。

記事の著者

暮らしの悩みをもっと見る

www.best-cooler.reviews

У нашей организации классный интернет-сайт про направление паер http://profvest.com
https://dmi.com.ua/