仕事でミスしたら報告する前にすべきこと5選:改善策を考えてから上司のもとへ

仕事でミスをしてしまった場合、あなたはどうしていますか?誰もがミスをすると落ち込み、報告するのが怖くなるでしょう。しかし、ミスをした場合はしっかりと上司に報告する必要があります。

けれど報告する前にしなければならないことがあります。今回はミスの報告をする前にすべきことを5つと普段から気をつけておくべきことを紹介していきます。ぜひチェックしてください。

1.正しい内容に訂正する

ミスしてしまった内容にもよりますが、もし発注をミスしてしまったという場合は、すぐにキャンセルできるか確認しましょう。もしかするとキャンセルが間に合うかもしれません。

キャンセルができない場合は返品ができるかどうかも確認します。ミスしたことは事実ですが、もし早く対応したことで、正しい内容に修正することができれば問題ありません。

しかしミスを隠すことをなかったことにはせず、きちんと報告しましょう。ミスしてしまったが、正しい内容に修正して対応したことを伝えるようにしてください。報告前に、今すぐに自分にできることがないか考えましょう。

2.ミスした原因を考える

ミスした原因を考えましょう。ミスしたことには何らかの理由があります。表記が紛らわしく、確認しないで注文してしまった、仕事をしていて集中できなかった、などの理由があると思います。

ミスした原因が分かったら、報告する時にこのようなことが原因でミスしてしまいましたということを伝えましょう。

ミスをした原因を上司に問われたとき、「わかりません。」では上司も納得できないでしょう。また、ミスの原因を把握することは、今後ミスを防ぐことにつながります。

3.改善策を用意する

ミスした原因を考え、原因が分かったら報告する前にもう1つすべきことがあります。それは、今後の改善策を考えることです。

仕事をする上でミスをすることは避けられないことです。ミスをしないで仕事ができる人はいません。大切なことはミスをしないことではなく、同じミスを繰り返さないことです。

同じミスを繰り返さないためにも改善策をしっかり考えていきましょう。

4.身なりを整える

仕事でミスをしたらすぐに報告しに行く必要があります。ミスしてしまうと怒られてしまうので、ミスを隠したくなる気持ちはわかりますが、隠すことは絶対に辞めましょう。

ミスは絶対にバレます。もし隠していたことがバレてしまうと倍以上に怒られる可能性が高いです。そのため隠さずにきちんと報告するようにしてください。

報告する前には、身なりをきちんとしていくことが大切です。服が乱れているのであれば乱れているところを整えてから行きましょう。

身なりとは姿形だけではありません。隠れたくなる気持ちも分かりますがきちんとした姿勢で報告しに行ってください。背筋を伸ばし、言い訳はしないようにしましょう。

また、だらだらと報告せずにまず結果から報告するようにしてください。

5.上司がいない時もすぐに連絡をする

基本はミスをしたらすぐに上司に報告しなければなりません。しかし上司がいないという時もあるでしょう。そのような時はまず上司に電話かメールで連絡してください。まずは直属の上司に報告するのが当たり前です。

上司がいないからといって報告を後回しにすることはしないようにしましょう。

上司に素早く報告することで、フォローできる幅が広がることもあります。手遅れにならないうちに相談を持ちかけましょう。

他人のふりを見て自分を戒めよう

普段から周囲の人の行動を視野に入れておきましょう。仕事を行う上で些細なミスを減らすようにする為同僚の行動も見ておくことがおいんとです。

報告連絡を怠ることで仕事をミスした姿を横目にその同僚を反面教師として考える事も必要かもしれません。

些細なミスを起こさない方はそれなりの努力を行います、その努力する姿を真似する事で自然に良い習慣を身につける事が出来ます。職場ではたくさんの個性を持つ人が集まっています。

その同僚の動きを観察する事できっと「わたしもこのような人になりたい」つまり、「目標にする人」をみつける事が出来て、強いては就労意欲にリンクします。

仕事をミスすることは決して悪いことではありませんが、「ミスを起こした後ちゃんと筋の通った対応策がちゃんと起用されているか」この点はしっかり押さえておきましょう。

些細なミスも見直す癖が付けば大概は防げる!

申しつけられた上司からの仕事をするのはいいですが、どうしても仕事の速度と質が釣り合わなくついつい凡ミスを起こした事さえ気付けないそのような人は新人さんには多いです。

確かに早く仕事をこなすのは素晴らしいですが、十分に慣れてからでも仕事は効率的に早くこなせられるのですからまずが仕事に早さより質を重要視しましょう。

細かなミスが多い人が行わない習慣として「終わった仕事の内容を見直さない」と自分の行動を顧みない限り同じミスが続きます。こうなれば仏顔の上司も鬼のように怒るかもしれません。

「終わった仕事はしっかり見直す」これは簡単なようであり本当は難しいのですが、生活習慣に定着させる事でしっかり培う事でこれからの仕事に活かされます。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る

look best-cooler.reviews

подробнее

на сайте ry-diplomer.com