Withでメッセージが返ってこないのはなぜ?デートまでの誘い方を紹介

恋活アプリのwithは性格診断で相性のいい相手とマッチングすることが多くなっています。

しかし、相性がいいからといって相手を思いやったメッセージができなかったり、テキトーに接しているとメッセージが返ってこなくなったり、デートの約束ができなかったりします。

withではメンタリストのDaiGoさんが恋愛アドバイスをくれますが、女性とメッセージのやりとりをする上で最低限のマナーは抑える必要があります。

この記事ではwithで知り合った女性とメッセージを交換してデートの約束を取り付けるコツを紹介します。

目次

withでメッセージ交換する時の心構え

1.複数人とやりとりをする

心構えの1つ目は、とにかく多くの人とメッセージをし合うということです。

マッチングアプリでは、たとえマッチングしてもその後に会えるかどうかはまた別の話しになってきます。

なぜなら女性は多くの男性からアプローチを受けており、メッセージのやりとりの中で男性を見分けているからです。メッセージが無視されたからといってクヨクヨしていてはいけません。

少しでも確率を上げれるようにひとりの人に固執せず、できるだけ多くの人とやりとりをしましょう。

2.返信が来なくなっても気にしない

心構えの2つ目は、たとえ返信がこなくとも気にしないということです。先ほども述べたように、女性からメッセージが返ってこない可能性は充分にあります。

いちいち返信が来ない度に気に病む必要はありませんので、気にせずどんどんまた新しい人へとメッセージを送っていきましょう。

3.メッセージは使いまわして改善していく

心構えの3つ目は、メッセージを使いまわしていくということです。初めてのマッチングアプリの利用で、一番最初に作ったメッセージというのは、絶対に返信がくる素晴らしいものになることはあまりありません。

しかし、返信がこなかったり、数通で終わってしまうなどのことがあっても、「どの部分がいけなかったのか」を考え修正して使っていくことでよりよい文章になってきます。

また、メッセージを使いまわすことで時間の短縮にもなりますので、使いまわすことを心掛けましょう。

4.既読は気にしすぎない

既読機能がつくプレミアムプランの方なら、既読がついたのに何故返信が来ないのかソワソワする方も多いはず。しかし既読無視はあまり気にしすぎないことがおすすめです。

なぜなら、女性側も通常プランの方であれば既読機能がつきません。そのため向こうも既読がつかないものだと思って、とりあえずメッセージを読んでおいてあとで返信する場合も多いです。

なので数日程度であれば返信がくる可能性は十分にあり得るので、既読がついたからってあまり不安になりすぎないようにしましょう。

5.相手のプロフィールを読み込む

マッチングが無事成立して、メッセージを送る前に、相手のプロフィール写真(メインとサブ)と自己紹介文、好みベストをしっかりと読み込みます。

初回のメッセージでプロフィールを読めばわかることを聞いてしまうことを避けることができます。

また、初回メッセージに何を送るかのヒントを得れるでしょう。

1通目のメッセージのポイント

1.丁寧なメッセージ

自分に送られてきたメッセージの内容を見て、礼儀がなっていないものであったり雑なものである場合、あまり興味が引かれません。

特にwithに登録している方は、真面目な出会いを求めているため方が多いため、礼儀は大事になってきます。

一番最初のメッセージを作る時には、まず礼儀正しく丁寧な文章を作るようにしましょう。そうすることで返信が返ってくる可能性も上がります。

2.返事がしやすいメッセージ

挨拶や興味があるという気持ちだけのメッセージが、例えば自分に送られてきたとしてらどのように返信するのが一番良いのか悩むものです。

そのため、そのようなシンプルすぎるメッセージは、見てはもらえるものの後回しにされてしまうことが多くなります。

初回メッセージでは、相手のプロフィールを参考に気軽な質問などを入れてあげたりすると返信もしやすくなります。

1通目のメッセージに返信が来ない理由は?

1.気持ちが全面に出すぎている

「とても寂しく、いますぐ会いたい」「今すぐにでも会ってすぐにいろんな所へ遊びに行きたいです。」というメッセージがあったとして、withの登録者のように真面目な出会いを探す方にとっては「目ヤリモクなのかな?」「業者なのでは?」という印象を与えてしまいます。

自分の気持ちを素直に話すことは重要ではありますが、あまりにも全面に出しするとこのようにかえって警戒されてしまうことになるので、注意しておきましょう。

2.好みとは異なっている

もともと見た目が当落線上で、メッセージで可もなく不可もなくといった場合に、返事がこないことがあります。

見た目にはそれほど自信ないという方は、メッセージに力をいれるのがおすすめです。

裏ワザ:メッセージ付きいいねを使ってみる

マッチングしたのに一通目のメッセージが帰ってこない場合、メッセージ付きいいねで相手にいいねを送るのがおすすめです。

メッセージ付きいいねは、いいねの際に200文字以内でメッセージを入れられる機能です。相手に自分の真剣度が伝わるので、マッチング後もやりとりがスムーズにできるでしょう。

しかしメッセージ付きいいねは3ポイント消費するので、確実にこの人とはマッチングしたい!と思える人に送るのがおすすめです。

また、他にもポイントを使ってアプローチをする方法があるので以下の記事も参考にしてみてください。

withのポイント活用法と料金などを紹介:無料で増やす方法とは!?

4. 2通目以降のメッセージでおすすめの話題5つ

1.相手のプロフィールに書いてあること

相手のプロフィールに書いてある趣味や好きなことなどは立派な話題になります。また、もしそれで相手の方が「これはおすすめですよ」ということがあれば、デートのきっかけにもなります。

もし話題作りが苦手なのであれば、相手のプロフィールから話題を探すことも頭に入れて置きましょう。

2.今流行しているもの

今現在、流行しているものももちろん話題にはもってこいです。例えば、話題の芸能人、話題のグッズ、流行っている服など、その話題は多岐にわたるため、たくさん会話をかわすことができるでしょう。

しかし、流行にのるのが苦手な方もいるので、相手がどうなのかの判断には注意しましょう。

3.プロフィール以外でお互い知りたいこと

プロフィール以外でお互い知りたいことは、メッセージの2通目以降でしっかりと聞いておくことをおすすめします。

プロフィール項目の中で、すでに知りたいことが全て書いてあったとしたらいいのですが、聞いておきたいことを聞かずに会うと、後の失敗につながることがあります。

少しでも、気になる点があったりするのならばメッセージの段階で必ず確認しておくように心掛けましょう。

4.食べ物の好き嫌いなども良し

ある人と親しくなりたいというときには、マッチングアプリに限らず食の共通点というものは意外にもかなり重要になります。好きな食べ物が合うことそれだけで会った時の話題にもなりますし、デートのきっかけにもなります。

プロフィールで好き嫌いなどが確認できない場合には、メッセージ内でのやりとりで確認しましょう。

5.自分のおすすめを用意しておく

どうしてもメッセージのネタに困ってしまったという状況に陥ったときのために、「今自分の中で流行っているおすすめのこと」を用意しておくと便利です。

自分の中のおすすめのため、今の流行りなども関係なく好きなものを選ぶことができることに加え、多少くだらないことであっても成り立ちます。

常に自分のおすすめのことを頭の中に入れておくとどんなときでも役に立つので、こうした話題作りもおすすめできます。

5. ラインID交換のポイント3つ

1.一度きりの遊び目的なら交換は避ける

ライン交換で一番失敗してしまうことといえば、トラブルに巻き込まれることです。せっかく交換することに成功したものの、相手のことをよくわかっていなかったりするとトラブルになってしまいます。

特に、Withではそれほど心配はいらないかと考えられますが、一度きりの遊び目的で出会った人とのラインの交換はやめておきましょう。一度きりと思って会ったのに、相手から執拗に連絡がきたりすれば迷惑ですよね。

このようにラインを交換する際には、まずトラブルになる恐れがないかどうかをしっかりと判断することがとても大事なことと言えます。

2.ライン交換は初回デートの終り頃

ラインの交換のタイムングはいつごろが良いのでしょうか?

これは先ほど説明したラインによるトラブルも関係するのですが、一番最初のデートというのはネットを介してしか話していなかった方と会うということで、会ったばかりではまだ信用があるとは言えません。

待ち合わせして会った時にいきなりラインの交換をしようといっても、やはり警戒されてしまうことも考えられます。

ラインの交換は、デートの終わりごろ充分に信頼してもらえた頃に誘ってみましょう。もしそこで断られるということであれば、どのみちマッチングは失敗に終わったということですし、了承をもらえればこれからもいい関係を築けるということです。

勇気を出してデート終わりにライン交換を申し出しましょう。

3.メッセージの段階でライン交換はNG?

マッチングアプリのメッセージにはお金がかかるため、メッセージの段階でライン交換をしたいという方もいるかとは思います。では、メッセージ段階でのライン交換はどうなのでしょうか?

メッセージ段階でのライン交換はありですが、ラインを聞く際に注意が費用です。

聞いても相手とデートすることが確定しているか、誘えばデートできる状態なのかが基準になります。

【関連記事】
withでライン交換するコツ

6. デートの誘い方のポイント5つ

1.趣味の話などから自然にデートする流れへ

デートに誘う時のポイントの1つ目は趣味などの話から誘うということです。

withっで相手のプロフィールに趣味が書いていれば、例えば「~に自分も少し興味がありました。今度~しませんか?」というようにごく自然にデートに誘うことができます。

また、相手のプロフィールに趣味が無かった場合、自分の趣味を紹介してそのままデートに誘うということもできるため、趣味の話しからデートに誘うという流れはとても簡単に作ることができます。

2.おすすめなお店などの紹介

デートに誘う時のポイントの2つ目はおいしいレストランなどの紹介です。先述した通り、食事の話題や食事が合うということはとても有益なことになります。

食事を中心としたデートであればデートの内容にも困りませんし、なにより食事の時間でデートの雰囲気を良いものにできます。

あらかじめプロフィールやメッセージなどで相手の好きな食べ物などを把握しておき、それを美味しく食べれるお店が見つかれば、デートにも気軽に誘えますので、この方法もおすすめです。

3.行ってみたい場所を聞いてみる

どこにいけばいいか、どのように誘えばいいかどうしてもわからない方は、相手に「どこか行きたいなどはありませんか?そこにドライブでもしに行きましょう」と自然に誘うことができます。

男性の方から女性に「どういうデートにしたいか」と聞くのはちょっとリードできていないのでは?と思う方もいるかとは思いますが、どういうデートにしたいかもわからなまま身勝手に決めてしまうよりは懸命な決め方であると言えます。

自信のない方は自信がないなりに誠実に向き合いましょう。

4.相手がしてみたいことを聞いてみる

人間というのは、気分で今したいことというのはコロッと変わってしまうものです。そのためずっとしたかったことではなく「いま何がしたい?」ということを聞くことで、今の相手の気分に合わせてあげながらデートの内容を決めることができます。

自分がしたい事をしに行きましょうと誘うのもいいのですが、初回のデートであれば、男性はしたいことを我慢してなるべく女性に合わせるようにしましょう。

その方が女性もデートを楽しみにしてくれますので、自分のモチベーションにもなります。

5.誘うのが苦手な方はシンプルに

今まで挙げた4つの方法を見ても、「どうしてもうまく誘う自信がない」という方は、最終手段ですが「デートをしたいのですが、デートをするならどのようなデートにしたいですか?」とシンプルに問いかけてしまうのもアリです。

ただ、全てを丸投げしてしまうとあまり良い印象を与えることができませんし、プレッシャーを与えてしまうことになります。

あくまで、相手がしたデートのガイドラインだけを聞き出し、その内容はそのガイドラインに沿って自分が考えるようにしましょう。

この方法では、もしかしたら「全然リードできなそう」という印象を与えてしまうことにもなりますが、それが嫌だというのであればどうにかして先の4つの方法の中から自分に合う誘い方を実行するのが良いでしょう。

慣れてなければ最初は失敗してしまうこともあるかと思いますが、その失敗は必ず次に活きます。デートに誘えなければ意味がありませんので、自信をもってデートに誘ってみましょう。

【関連記事】
withでデートを成功させる方法

Tags

ライター

посмотреть

обращайтесь

обращайтесь