納骨費用の相場はどのくらい?納骨方法や相続税との関係も紹介

お葬式の流れの中で、火葬された骨を納める納骨式があります。

身内を亡くした際には葬式費用がかかりますが、納骨の際にも費用はかかるものです。悲しみに暮れている葬儀のときに納骨にお金がかかると突然知らされると、戸惑ってしまいます。

では、納骨の際にはどのくらい費用がかかるものなのでしょうか。今回は、納骨方法についても触れながら、それぞれの費用について解説していきます。

【納骨時期についてはこちら:納骨時期はいつ?手順や宗派との関連についても紹介

納骨費用とはお布施、彫刻費、会食費のこと

納骨費用とはお布施、彫刻費、会食費のことも含みます。

納骨の際にもお布施が必要です。お布施は約3万円程度を見ておいた方が良いでしょう。その他、車代などでさらに費用が掛かる場合もありますので、プラスで1万円程度多く見積もっておけば問題ないはずです。

お墓に名前を掘るのも納骨式の一環として行われ、名前を彫る業者に支払う費用になります。彫刻費も大体3万円~4万円程度を見ておけば問題ありません。

納骨式は身内を交えて会食を行うのが一般的です。一人当たりの会食費用は5000円~1万円を見ておく必要があります。

納骨式だけでも、さまざまな費用がかさんでしまうものだと認識しておいた方がいいでしょう。

納骨方法はお墓または納骨堂が一般的

納骨の方法にはいくつか種類があります。費用も方法によって変わってきますが、基本的にお墓か納骨堂に納骨する人が一般的です。

一つ目のお墓を建てて納骨するという方法は、火葬後に骨を骨壺で供養してから納骨することになります。一番スタンダードで多くの人がおこなう納骨方法です。

【関連記事:永代供養とは?費用や墓じまいについて知ろう!

二つ目の納骨堂とは、火葬した後の骨を納めることができる施設です。納骨堂を利用すると、お墓を建てる必要がありません。仏壇型、ロッカー型など、さまざまなタイプの納骨堂があり、お墓に納骨する方法と比べて利用する人は少ないようです。

散骨という方法もあります。納骨せずに散骨したり、樹木葬などの方法を取る場合などがこれにあたります。

あまり一般的ではありませんが、故人が遺言などで「〇〇に葬ってほしい」という強い希望を残している場合、こういった方法を取ることがあるようです。

納骨費用の相場

お墓を建てて納骨する以外の納骨方法だと、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。納骨堂の場合と散骨の場合に分けて見ていきましょう。

納骨堂の場合

納骨堂に納める際の費用は、永年納骨で50万円ほどです。永年納骨とは、お墓のようにずっと供養してもらう納骨のことです。

納骨の費用だけを見れば非常に高く感じられますが、お墓を建てる費用は一切かからないため、結果としてはお墓に納骨するよりも安く納骨を済ませることができます。

散骨の場合

散骨する場合は、散骨する場所にもよりますが、もし業者に頼む場合は5万円~10万円程度の費用がかかると言われています。

また、業者に頼むだけではなく自分も同行して散骨する際には、移動費や滞在費などをプラスして考えるといいでしょう。

納骨費用と相続税

これまで紹介したように、葬式費用だけでなく、納骨費用もかなり必要になってきます。しかし葬式費用と納骨費用はともに相続税の控除対象になり、遺産総額から差し引くことが可能です。

ちなみに相続税とは、亡くなられた方から相続した一定の金額以上の遺産のあるものについてかかる税金のことです。この基準は基礎控除額と呼ばれ、

3,000万+600万円 × 法定相続人の数

で計算されます。この金額を遺産総額が超えた場合、相続税を申告する必要があります。

相続税を計算するのであれば、まずは葬式・納骨費用を遺産総額から差し引いて、前述した計算方法で出してみてください。

【関連記事:火葬費用はいくら?補助金や債務控除についても紹介

記事の著者

暮らしの悩みをもっと見る

обращайтесь

www.best-cooler.reviews/

www.diploma-home.com/visshee-diplom-bakalavra.html