元彼と復縁する方法:ベストな冷却期間は3ヶ月?!

記事の著者:Kanako

「大好きだった彼にフラれてしまった」「喧嘩別れしてしまったけど、冷静になったら後悔している」などの理由で、元彼と復縁したいと考えたことがある人は意外に多いです。

別れてすぐは寂しくて、すぐに元彼に連絡取ろうとしがちですが、焦って連絡を取ることで復縁が遠のいてしまうこともあります。

復縁まではどのくらい期間を空けるといいのか、ヨリを戻す前に考えるべきことは何かなど、復縁を考えたときに気になることは多いです。元彼と復縁したいけれど、どうしたらいいのか分からない人は参考にしてみて。

目次

元彼と復縁をする前に考えるべきこと

復縁したいという気持ちが、今の寂しさからきているだけなのか、本当にそう思っているのかを見極める必要があります。

これらのことを考えずに復縁した場合、また付き合って別れてを繰り返しかねないので、復縁を迫る前にじっくり考えてみて。

ヨリを戻すメリット&デメリット

一度は理由があって別れた相手。忘れていた嫌な所が目につき、また別れたくなってしまう可能性も。

「復縁したい」と強く思うあまり、嫌なところを忘れてしまってるなど、見落としがちなデメリットについても考える必要があります。

デメリットを考えてもなおやっぱり元彼が好き、ヨリを戻したいというのであれば、このまま復縁へと進んでみて。

お互いの関係性

昔がいくらラブラブだったとしても、すでに相手は他人です。

喧嘩別れをしてしまったのならその原因を取り除き、居住地が遠いなら具体的に会いにいける手段を手に入れてみて。地盤を固めずに突撃しては、本来戻る関係も戻りません。

一度相手の立場になって考え、2人の仲の障壁となるものを取り除いてから連絡を取るのがポイントです。

復縁が相手のためになるのか

まず相手も自分と同じ気持ちなのか、自分よがりの考えになってないか考えてみて。

振った振られたにかかわらず、一度別れたということは男性もあなたに対して思うところがあり、復縁に対してマイナスの奸状を抱いている可能性が高いです。

そんな相手にとって、自分とまた一緒になることが本当に幸せになのか考えてみましょう。

復縁が自分のためになるのか

寂しさだけが先走って、復縁したいという気持ちになっていたら要注意。

本当に好きで復縁したいと思っているのならば良いですが、寂しさだけが理由だと再び付き合ったところでうまくいきません。

別れた原因や今の状況を、ゆっくり考えてみて。そして、自分にとって復縁がプラスになるのか見極めましょう。

過去の影ばかり見ていないか

新しく好きになれる人がなかなか見つからないと、元彼との楽しかったことを思い出してしまいがち。

彼の良かったところやしてくれたことばかりを思い出して、次の恋愛に進めないだけの場合もあります。

過去を振り返って一時的な感情で次の恋愛を潰してしまうことは、もったいないです。一度落ち着いて考えることが大切。

復縁はタイミングが命!別れた後どのタイミングがベスト?

復縁は、タイミングを見計らうことも大事。自分の気持ちは盛り上がっていても、元彼の気持ちがまだ自分に向いているのかは分かりません。

どれくらい待った方がいいのか、気になる期間を紹介。

別れて数ヶ月での復縁は一番理想的

多くの場合、3ヶ月ほどたってからの復縁が理想的と言われています。

元彼にすでに相手がいる場合は難しいかもしれませんが、まだ他に相手がいないなら3ヶ月経っていることで、別れたときのことや、あなたのことを思い出して恋しくなっている頃です。

別れて数日の方が復縁の可能性が高いケースも

別れてからすぐによりを戻すことは難しいと考えられがちですが、そうとは言い切れません。

数ヶ月も待っていると、元カレのあなたへの気持ちは完全に消えてしまい、他の相手をつくってしまう可能性は高いです。

もし一時的な感情で別れると決断してしまったのであれば、冷静になると未練が残っている可能性が高いので、一週間ほどたってから復縁の話を持ちかけてもいいかも。

別れて一年以上経ってからの復縁は可能性が低い

別れてから1年も経つと、元カレに彼女がいる可能性が高いです。

もちろん必ず新しい相手はいるとは限りませんが、1年たった後ではあなたへの気持ちが完全に消えている可能性もあります。

また、復縁に成功したとしても寂しさだけで復縁する可能性もあり得るので、十分に考えてから行動しましょう。また、あまりにも脈がないのならば、次の相手を探すのが無難です。

元彼と復縁の可能性をアップする方法

Sweet kiss. Handsome young man standing in park near lake and kissing his girlfriend on forehead

別れを素直に受け入れる

復縁にあたっては、できるだけ速やかに、あっさりと別れを受け入れてしまうことが重要。

たとえば彼がメールで別れを告げたとします。大抵の女性は、「メールで振るなんてあり得ない…きちんと会って話し合うべきでしょ!」と思います。

しかし復縁の可能性を高めたいのであれば、まずはメールで別れを受け入れて。やっとの思いで別れを切り出した相手に対して、その場で責め立てたり引き止めたりするのは逆効果です。

また、その場で受け入れあっさりとした反応を見せることで、焦った彼が「やっぱりもう一度話をしたい」と言ってくる場合もあります。

適切な冷却時間を設ける

冷却期間というのは、お互いに会ったり連絡を取ったりせず気持ちを整理する期間のこと。

適切な長さの冷却期間を設けてから復縁の話を持ちだすことによって、復縁が成功しやすくなります。この期間の長さは別れた理由によって変わるため、人それぞれでです。

一般的には、些細な喧嘩だと冷却期間は短く、浮気や不倫といった重い理由の場合には長くなります。

相手の理想に近づく努力をする

ヨリを戻すということは、相手にとって再び特別な存在になるということ。そのためには「魅力的な人」として認識してもらい、その他の女友達との差別化が必要になります。

相手にとっての「魅力的な人」とはどんな人なのか、それを知ったうえで自分磨きをして相手の理想に近づいてみて。

自分がフッた元彼と復縁する方法

一般的に、自分から別れを切り出した場合は復縁しやすいです。特に、次のパターンの場合は可能性が高いでしょう。

  • あなたから別れを切り出したが、彼は最初了承してくれなかった
  • あなたのことを放置していたりなど、別れの原因が元彼だった場合

このような場合の具体的な復縁に向けての対処法を紹介。

冷却期間をおく

別れの後は感情的になりがち。何よりもまずは、冷静になることが必要です。別れてすぐに、彼に対して鼓動を起こすのではなく、ある程度の時間を置いてみて。

その間に、別れるまでに至った原因を、自分自身で冷静に考え、見直せるところは見直すことが必要です。

また、「本当に復縁したいのか?」「復縁して付き合っていけるのか?」と、自分の思いを改めて確認することも大事。

あまり期間を空けすぎるのもよくないですが、3~6ヶ月ほどは距離を置くのがおすすめです。

別れた原因をよく考えもせず、感情的にまかせて相手に連絡を取ったりすることはタブー。もしそれで復縁できるのだとしたら、そもそも別れることはなかったはずです。

3ヶ月~半年間は連絡を取り合わない

この期間は、一切の連絡を取らないこと、顔を合わせないことがベストです。復縁を望んでいる側にとっては、相手に新しい恋人ができて、復縁の可能性が断たれる不安にかられますが、焦って連絡をとっても同じことになります。

この冷却期間に自分を磨きをし、なるべく元気に過ごすことが大切。これは冷却期間後に、相手に別れてしまったことを惜しませ、もう一度やり直してみてもいいかな?と思わせるのに必要なことです。

もし元カレとの復縁を望んでいるのであれば、男性の「獲物を取り逃がしたくない」という狩猟本能をくすぐる効果もあります。

別れた相手の感情を害する言動はとらない

別れた後、すぐに連絡をとるようなことも含め、今の時代ではSNSでの投稿や、友人同士のオンラインの会話なども、別れた相手の耳に入る可能性があります。別れた相手の話は、なるべく外部に発信するようなカタチでは避けたほうが賢明です。

人は大抵、自分の知らぬところで出る自分の話に対して、否定的に捉えることが多いもの。もし、元カノや元カレしか知らない2人だけの話ならなおさらです。それが例え愚痴や悪い話でないとしても、好意的に受け取る可能性は低いでしょう。

元彼がどうしているかの情報収集

まずは、アクションを起こす前に、友達などから、今彼がどうしているか情報収集してから、第一歩を踏み出す方が賢明です。

もしかしたら元彼には新たに気になる人、あるいは既に付き合っている人がいるかもしれません。その場合には、自分が復縁を迫るのが相手にとってマイナスになってしまうことも考えられます。

反対に、相手が自分に未練たっぷりのこともあり得るのです。その場合には、ある程度こちらは積極的に攻めてもいいかも。

友人として連絡を取る

元彼と復縁したいという気持ちが強くなったら、思い切ってアプローチしてみて。その際、友達としてLINEやメールで連絡を取ることが大切。自分の気持ちを押し付けるだけでは駄目です。

自分の思っていることをただぶつけるのではなく、相手の気持ちをしっかりと考え、どのように伝えたら相手の負担にならないのか考えながら連絡することが重要です。

あくまで恋人ではないフラットな関係として、自然な感じでアプローチするのがおすすめ。

謝って、素直に気持ちを伝える


別れていた期間、それが自分にとって冷却期間だったと、そのおかげで彼の大切さに気が付いたこと、そして自分勝手だった非を認めてみて。

男性は、女性よりも立ち直りが遅いのですが、芯のしっかりしている男性は意外と復縁を嫌がる傾向にあります。それは、立ち直ったというより傷が深いからです。

もう元彼を傷つけないという気持ちを誠心誠意伝える事が大切。

自分から別れを告げたのならば、直接目を見て誠意をつくして会話をした方が上手くいく確率が上がります。

相手が弱っているタイミングで再度アプローチ

相手が落ち込んでいる時など、弱っているタイミングを狙って相手に近づくことはとても効果的な方法。

復縁するには気持ちだけで暴走せず、ときには我慢強く待たなければいけないこともありますが、冷静になることが重要です。相手の心理をうまく利用しながら相手の心を取り戻してみて。

自分をフッた元彼と復縁する方法


次のような場合は、元彼と復縁しにくいです。

  • 元彼から別れを告げられ、元彼のあなたへの気持ちが冷めている
  • 元彼に既に好きな人がいる

これら場合、元彼の気持ちを変えるには、かなりのエネルギーが要求されます。そのため、復縁のための行動は慎重に行って。

自分が冷静になるまで待つ

現時点であなたはなんらかの事情によって恋人と別れた状態なので、すこし期間を置くことも必要です。

相手への気持ちで胸がいっぱいかもしれませんが、相手が同じ気持ちとは限りません。連絡を絶たれていたり、距離を置いた態度を取られているならば、相手の気持ちに整理がつきお互いに冷静になれるまでアプローチする機会は待つべきです。

彼に注意されたところを直す

あなたが振られて別れた場合、彼にもう一度振り向いてもらうためには、変化が必要です。

再び出会っても、付き合っていた頃の彼女となんの変化もなければ復縁するメリットはありません。別れた原因をよく分析し、改善しておくことが大切。

相性の問題となってしまえば具体的な改善は難しいかもしれませんが、直せる範囲のものであれば努力して改善してみて。

自分磨きで前よりもっと素敵な女性に

時間を置いている間に、自分磨きをしてより美しくなりましょう。

別れた理由は、フラれてしまったり、喧嘩した勢いなど人それぞれです。しかし、何かしら自分にも別れる原因があります。

どのような原因で彼が別れたのかを考え、自分に足りなかったのは何かをしっかりと考え、自分を磨く努力をすることが必要。

別れたときのままでは、連絡を取って会えたとしても何も変わりません。自分磨きをして再会した時に、「こんな魅力的な女性と別れてしまった」と思わせることができれば復縁に一歩近づきます。

連絡をしてみる

ある程度期間を置いたら、連絡をしてみて。復縁をしたしたいということであれば、もちろん相手と会わなければなりません。

しかし、まずは彼の反応を見るために、メールで連絡してみましょう。この時に大切なのは、復縁したい気持ちを全面に出さないこと。

できれば、短文で、吹っ切れて元気にしてるという内容だったり、近況を聞いてみるのも良いでしょう。そこで返信が無ければ、もう少し時間を置いてみた方が良いかも。

付き合っていた頃の話をしたり、彼を問いただすような内容の長文メールは、復縁が遠のいてしまう原因にもなるので、注意が必要です。

友人に力を借りて会う

もし、元彼との間に共通の友人がいるのであれば、力を借りるのも良い方法です。友人を交えて、飲み会などを開いてもらい、きっかけを作ってみて。

久しぶりに会うので、2人きりよりも2人を交えた方が和やかな雰囲気で過ごせますし、彼があなたの変化に気付くかも。

こういう和やかな雰囲気が、「復縁したいんじゃないかな?」という警戒心を持っている彼に対して、警戒心を解くための一歩になるでしょう。

そして、楽しかったと思ってもらえたなら、また次に繋がるきっかけになります。

あえて一度友達に戻る


友人を交えたり、2人で会ったりした後、すぐに復縁したいと言っても、なかなか受け入れてもらえないことが多いです。

そんな時は、一度友達に戻ってみては。

もちろん、連絡を取った段階で、彼にも未練がありそうだと感じたなら、早めの行動も良いかもしれません。しかし、彼にその気が無さそうなのに、押しすぎてしまうと彼は引いてしまいます。

友達に戻ったことで、付き合っていた時の距離感と違うことに彼も気付かされ、あなたとの関係や距離感を見直すきっかけになるかも。ただし、彼のことを好きだという理由で、簡単に彼の要望を受け入れ、都合の良い女にだけはならないように注意して。

復縁を諦めない

何より大切なのは、「復縁したいという気持ち」。

復縁したいけど、「ダメかもしれないし、やめておこう」や「彼には好きな人がいるし、私では無理」と、ネガティブになってしまうこともあります。

しかし、そんなマイナスな気持ちに引っ張られて諦めてしまっては、復縁の可能性はゼロに等しいです。彼のことが好きで、復縁したいという気持ちがあるのであれば、諦めないことが何よりも大切。

その思いによって、自分磨きも、行動も起こせるということを忘れないで。

復縁まで絶対にしてはいけないこと


復縁するためにこれは逆効果になる例があります。もし、実行している方がいたらそれは復縁から遠ざかっているので気をつけましょう。

体を許すのはNG

よりを戻すために体の関係を持ってしまっては、それはただのセフレになってしまう可能性が高いです。

男性は自分にまだ気があるあなたを、一時の寂しさを埋めるために利用しているだけ。

体の関係からでは、また彼女になれる可能性は極めて低いので、絶対にヨリを戻す前に体を許してはいけません。

彼女ぶると距離を置かれてしまう

復縁してもいないのに、「私があなたのことを一番知ってる」「やっぱり私がいないと」など彼女のように振舞ってしまうと、元カレは別れてから何も成長していないんだなと感じてしまい距離を置かれてしまうかも。

ヨリを戻すまでは、謙虚な気持ちでいることが重要です。

相手のSNSをチェックしない

好きな人のSNSを頻繁にチェックしても、あなたにとって有益な情報は一切入ってきません。むしろ、落ち込んでしまうことのほうが多いでしょう。

これでは、復縁を考える前に心が折れてしまいますので、極力チェックしない方が無難です。

ガツガツしない

相手に、以前よりも増した自分の魅力を伝えられたと感じたら、いよいよ告白。

大事なポイントは、強い言葉を使わないということです。

「また話が出来る様になってとても楽しかった、でもやっぱり好きだから迷惑になってしまうかもしれない」などといった、できるだけ弱気な告白がおすすめ。

第三者からするととてもウジウジした言葉のようですが、元恋人には効果てきめん。逃すのが惜しいものがあと一歩で手に入ると思うと、食いついてしまうのが人間です。

元彼との復縁に向けて背中を押してほしい時は?

一度別れてしまったことで、彼に対する思いが変化したり、臆病になってしまったりしてしまうことも。

しかし、何も行動しなければ、何も変わりません。ほんの少しの勇気や行動が、思いを叶えるきっかけになります。

彼への気持ちがあるなら、ほんの少し勇気を出してみて。歩背中を押してほしいという人にオススメなのが、LINEトーク占い。

復縁占いを得意とする占い師があなたの悩みを聞いたうえで、今後どのようにしていくのがベストなのか占ってくます。復縁のことを考えていてなかなか眠れないときや、モヤモヤしているときに、一度試してみて。

次の恋を探すなら!おすすめマッチングアプリ

新しい出会いを見つけるのにぴったり!編集部が進める安心・出会えるマッチングアプリ。