おしゃれになりたい人必見!ファッションを極める6か条

おしゃれになりたいけどどうすればいいかわからない、という人は少なくないでしょう。おしゃれになろうと思って色々なものを買ったら、結局まとまりがなくなっていつもと同じに落ち着くということもあります。

ファッション雑誌を穴が空くほど眺めても自分に合ったおしゃれ方法がわからない。そんな人がおしゃれになるには、まず自分に似合う服装を知ることが必要です。そして、そのためのコツは実はとても簡単で、いくつかのルールを守るだけで達成できます。

今回は、おしゃれな人の考え方やおしゃれになるための方法を紹介するので、おしゃれになりたいと思っている人はぜひ参考にしてください。

おしゃれになりたいなら自分に似合うものを!

オシャレになるはじめの一歩は、自分に似合うものを見つけることです。いくらアイテム自体がおしゃれでも、自分にいあったものでないと台無しになってしまいます。それでは、自分に似合うものはどうやって見つけるのかを紹介します。

イメージカラー診断をする

イメージカラー診断とは、肌や目の色によって自分によく似合う色を診断するするものです。自分によく似合う色がわかれば洋服だけでなく、メイクやネイル、アクセサリーなどの雰囲気を決める際にも参考になります。

自分に似合う色をコーディネートに取り入れることで、さらに魅力を引き出すことができるでしょう。

人の意見を取り入れる

ある服が自分に似合っているかどうか、ハッキリと判断してくれる家族や友人を見つけましょう。

お店で服を買うときに、店員さんに似合うと言われても意外と似合わないということはよくあります。店員さんは、服を売るという目的があるので、ハッキリと似合わないということはまずありません。

もし、1人で買い物をしていて、店員さんに意見を求める時でも、いくつかの服を用意して「どれが一番似合うか」と聞けば、的確なアドバイスを得ることができます。

好みや雰囲気が似ている人の真似をする

知人や兄弟、芸能人など、どんな人でも良いので、自分と好みや雰囲気が似ている人を見つけて、その人のファッションの真似から始めるのも人の手です。その人がオシャレであるならば、なおさら有効でしょう。

まずは真似から入って、コーディネートをする上で基本の部分を抑えられれば、ポイントでアレンジしてみたり、ゆくゆくは自分で全身コーディネートすることも難しくありません。

オシャレの鉄則6か条

おしゃれになるに当たって必ず守るべき6つの鉄則があります。いきなり全部を取り入れるのは難しいですが、全てをしっかり守ると、必ず外さないおしゃれをすることが可能です。

統一感

自分の好きな色を選んで、とにかく好きなものを取り入れていると、統一感の全くないコーディネートが出来上がってしまうかもしれません。同系色でまとめたり、柄は1つだけにしたりして要素を多く取り入れすぎないようにしましょう。

清潔感

おしゃれは清潔感からといっても過言ではありません。いくら良い服を着ていても、生地はシワシワで、髪の毛もボサボサ、爪もいたずらに伸びっぱなしだと、おしゃれさよりも汚らしさがめどってしまいます。

服は綺麗にアイロンをかけ、髪の毛や爪もしっかりとケアしましょう。また、1日に少なくとも1回、できれば家を出る前に必ず身だしなみをチェックしましょう。

ベストサイズを着る

オーバーサイズや細身のデザインの着ることは流行の一つですが、単にサイズが合っていないだけの服を着ることはオシャレとは言いません。どんな服も、なるべく試着してから買いましょう。

もし、おしゃれ初心者ならば、なるべくぴったりのサイズのものを着るのがオススメです。

生地の質感も重視する

ベストサイズな服でも、ボリューム感が出てしまう厚手の服ばかりを選んでしまうと重たく見えてしまいます。厚手のスカートを選ぶ場合は、他の部分を薄手で軽く見えるものを組み合わせるなど生地の質感でバランスをとるようにしましょう。

季節感

夏なのに冬みたいな格好をしていたり、冬なのに夏みたいな格好をしていたり、極端な例ではありますが、季節感がない服装もおしゃれとはかけ離れて見られがちです。

季節感のある服装がどんなものかわかりづらいという人は、アパレルショップの売り場をこまめにチェックしてみることをおすすめします。売り場は季節を先取りしているので、次の季節に着るコーデの参考にすることが可能です。

シルエットを意識する

シルエットとは服の形やデザイン、着たときの輪郭のことです。全体で見たときのシルエットが綺麗だとおしゃれに見えますが汚いとダサく見えます。シルエットを意識した服選びを心がけましょう。

同系色の服を着ていても、シルエットに工夫をすると数段もよりおしゃれに見えます。

さらにおしゃれになるための注意点


6つの鉄則を守ることはおしゃれになるための最低ラインです。これから紹介する4つのルールを守ることでさらにおしゃれになることができます。

服は買いすぎない

選択肢がありすぎても、自分のコーディネートの軸が定まらず逆効果となります。ファッションの流行りはどんどん変わり、季節ごとに服を買うことになるかもしれません。新しいものを買ったら古いものを捨てるようにしましょう。

本当に気に入っているものを着ることで、自分にあった魅力的なコーディネートを作ることができます。

過度に流行を意識しない

流行を意識し過ぎるあまり、毎日同じコーディネートで街の人ともかぶりがちになる状況は好ましくありません。流行を意識しながらも、あくまでも自分の好みに忠実でありましょう。

ブランド信仰は捨てる

有名ブランドの服は、確かに良いものが多くありますが、上から下までブランドで固めさえすれば良いというわけではありません。おしゃれな人とは、自分に似合うものを身に付けられる人のことであって、ブランドものを身に付けられる人のことではないということを覚えておきましょう。

ブランドものに着られるのではなく、自分に似合う服や自分が着たい服を着ることが何より大事です。

ファッションを楽しむ

自分が他の人のファッションを見ているのと同じように、自分のファッションも他人から見られています。人の目ばかりを気にしすぎたコーディネートをしていると疲れてしまうこともあるでしょう。しかし、大事なのは自分が好きなものを楽しく着ることです。

自分がファッションを楽しむことで、他の人から見た自分のコーディネートも自ずと魅力的に映るようになるでしょう。

おしゃれになりたいなら衣服以外も意識

これまでファッションでおしゃれになる方法を紹介してきましたが、実は衣服以外にもおしゃれ度を上げるコツがあるんです。

オシャレは見た目と内面、両方がそろってはじめて完成します。バランスをとってステキ女子を目指しましょう。

ここではそんなちょっとした工夫を紹介します。

香水にこだわる

ふんわりいい香りを漂わせる、彼女は男性のみならず異性を振り返らせる存在です。

見た目だけではなく香りもコーディネートと一つ、ぜひ自分のお気に入りの香りを探してみましょう。

一点を豪華に

例えばブランドのバッグやワンピースは結構値が張るものですが、例えばスカーフなど小物にこだわってみましょう。

トータルでの高級感がアップ。その他を抑えめにしても大丈夫なんです。

チークを広めに塗る

メイクのワンポイントアドバイス。チークを塗るときに、頬だけでなく耳の前まで広めにしましょう。

さりげなく明るい顔立ちになって雰囲気が変わります。

恋をする

なんといっても恋こそオンナをキレイにする! というわけで、恋する相手を探すのが一番です。

なかなか出会いのない人も、この秋は恋活してみましょう。最近ではイベントなども気軽に参加できるものが増えてきました。一歩踏み出してみては?

理想な人をイメージする

憧れな人をイメージしてみましょう。その人になりきるんです。

ファッションや立ち振る舞いをその人になりきって生活するんです。自分のモードを変えるとっておきの方法です。

オーラを出す

オーラが出ている人はいつも輝いていて素敵なものです。このオーラは、少し意識するだけで出ます。

おヘソのあたりに意識を集中してみてください。体の余分な力が抜けてリラックスします。これが輝きの素です。

自分なりのファッションを楽しみましょう!

おしゃれになりたいのであれば、とにかく「自分に似合うものを、楽しんで着ること」です。

人の真似から始めて、統一感や清潔感などおしゃれの鉄則を抑えつつ、少しずつ自分が好きなものを取り入れていけば、きっと自分だけのオシャレが自然にできるようになっていることでしょう。

記事の著者

暮らしの悩みをもっと見る

https://www.medicaments-24.com/

www.profvest.com/2014/07/hyip.html

Этот нужный web-сайт , он рассказывает про биржи криптовалют.