子どもに霊感がある場合の対処法:大事なのは子どもの気持ち

子どもが霊感を感じさせる言動をしていると、保護者としてどのように接するのが適切なのかを悩んでしまうこともあるでしょう。

子どもの言うことは信じたいと思っても、自分には見えないものが子どもには見えている、といった状況はとても理解し難いものがあり、対応に困ってしまいます。

今回は、子どもに霊感がありそうだと感じた時に試してみてもらいたいことを説明します。

子どもに霊感があることを周りには相談できない人も多いでしょう。そんな人には電話占いのココナラがおすすめ。

ココナラは非公開、匿名で相談することができるので、安心して利用することができます。

新規登録で3,000円無料になるクーポンがついてくるので、ぜひチェックしてみてください!

子どもが持つ霊感の特徴

霊感とは、生まれながら持つ生命エネルギーのことを指し、また五感を超えた第六感とも説明されています。

第六感とは五感を超えてより鋭く何かを感じ取る感覚の力とされており、もしかしたら誰もが大なり小なり持っているものと解釈されています。

子どもの頃は特に、計算した目線で物事を見るのではなく、心で感じたことのままに行動するため直感力が優れ、大人より霊感が強いです。

成長するにつれ、頭で理解することを覚え始めるため、次第に霊感は弱まっていきます。

子どもに霊感がある場合の対処法

子どもに霊感がある場合の対処法を紹介します。

同じ悩みを持つ保護者と悩みを共有する

同じように悩んでいる保護者はたくさんいますので、試しに検索してみましょう。こんな悩みを抱えているのは私の家庭だけではと思い詰めてしまわないことが大切です。

場合によっては、霊感があるらしい素振りを、成長するうちにしなくなるパターンもあります。ご自身の子どもも、成長するにつれてそうした変化がないかどうか見守る気持ちでいるのもいいでしょう。

子どもの気持ちを大切にする

霊感を感じさせる言動をしてきた時は、子どもの気持ちを大切にし、とっさに否定的な反応をしないよう気をつけましょう。

例えば子どもが自分の見た物を両親に報告した時に、顔色を変えて「そんなことある筈がない!」と言われたらひどくショックを受けてしまうかもしれません。

霊感を感じさせる言動をしたとしても、子どもが平常心で他人に迷惑を掛けていないなら、批判しないで家族の前では容認してあげるという方法もあります。

ただ、子ども自身が恐怖心や不安を感じているなら、ショックを与えないように否定し、安心させてあげられるといいでしょう。

どんな時にどう接するといいかをパートナーとよく話し合って、子どもと自分たちが納得できるいい方法を見つけましょう。

詐欺に引っ掛からないように注意する

子どもが自分にとって理解し難いことを話していると、不安になって専門家に頼りたいと思うこともあるかもしれません。

しかし、大きな不安から心に余裕が持てないまま行動をして、霊感商法などの詐欺にあい、大金を失う事態や親子共に心が傷つく事態にならないように気をつけましょう。

両親がオロオロしていると、子どもはその不安を感じとってしまうかもしれません。不安で誰かにすがりたいと感じたら、気持ちを落ち着かせる所から始めましょう。

家族で向き合って話すことが大事

自分の子どもに霊感があるかもしれないと感じた時は、信じられるか信じられないかということよりも、状況に対して家族でどう向き合っていくかを話合うことが大切です。

霊感があるかどうかに関わらず、子育てをする上では、子どもが心身ともに健やかに成長できるように尽力することが大事です。

しかし、子どもが霊感を持っていることを周りに相談できず、思い悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな方には電話占いのココナラがおすすめ。ココナラは鑑定実績90,000件以上、口コミ20,000件を超える国内最大級の電話占いです。

1,000人の占い師の先生の中から悩み別、占術別に先生を探すことができ、また非公開、匿名で相談することができるので安心安全に自分の悩みにあった信頼できる先生に相談することができるでしょう。

新規登録で3,000円オフになるクーポンがついているので、ぜひチェックしてみてください。

記事の著者

暮らしの悩みをもっと見る

alpari

diploma-home.com/spetsialnost-diplom-bukhgaltera.html