タロットにおけるスプレッドとは?由緒正しいケルト十字も紹介!

記事の著者:759280

タロット占いのスプレッドはご存知ですか?

スプレッドとは、タロットカードの並べ方のことを言います。スプレッドを用いることでタロット占いはより理解しやすくなるそう。

タロットカードの占いはやり方を理解していれば自分でも占うことが可能となります。

今回は、さまざまなスプレッドの鑑定方法についても紹介していきますので、自分で占ってみたいという方はぜひチェックしてみてください。

スプレッドとはタロットにおけるカードの並べ方

タロット占いはまずタロットカードをシャッフルし、何枚か選んでいき、それらのカードを見て鑑定していきます。

タロット占いにはさまざまな鑑定方法があり、選ぶ枚数や並べ方が異なります。このタロットカードの並べ方のことをスプレッドと呼びます。

タロットを身に付けたい!という人が、カードの意味を覚えた後に進む、次のステップがスプレッドです。

スプレッドを知って並べ方も身につければ、タロットから得られる運勢の正確性が格段にアップすること間違いなし!

6種類のスプレッドを紹介

ここからは実際にどのようなタロットのスプレッドがあるのか紹介していきます。

スプレッドによって使う枚数は異なるのですが、ここでは1枚・2枚・3枚・10枚・13枚のカードを使うスプレッドを紹介していきます。

ワンカードスプレッド

ワンカードという名前からも分かる通り、1枚のカードを選んで鑑定していくタロット占いです。タロット占いの基本中の基本となっています。ワンカードスプレッドはワンオラクルとも呼ばれています。

ワンカードスプレッドの占い方は、シャッフルしたタロットカードを1枚選ぶだけです。1枚で鑑定しきれなかった場合は何枚か追加で選んだりということもありますが、基本的に1番最初に出たカードが最も重要となります。

このスプレッドは、YESかNOの答えが欲しい時に適している方法です。たとえば、気になる人に告白すべきか?や今の仕事を続けるべきか?などの二者択一的な質問へのアドバイスにぴったりでしょう。

シンプルクロス

シンプルクロスはタロットカードを2枚使用するスプレッドです。別名小十字とも呼ばれています。

まず、タロットカードを裏向きにしてシャッフルします。次に、質問内容を心の中で唱えますが、この時、心の中で唱えるのが難しい場合、紙に書き出しても大丈夫です。裏向きのまま好きなカードを2枚引き、1枚目を縦向きに置き、その上に2枚目を横向きに重ねます。

1枚目のカードは、質問に対する現在の状況、2枚目のカードは自分を妨害するものを表します。カード全体で表すものを組み立てる力が重要です。

今の状況、今抱えている問題をハッキリさせて、どうやって解決していけば前へ進めるのかを教えてくれるシンプルなスプレッドなので親しまれています。

ゴールデントリンスプレッド

まず、タロットカードを裏向きにしてよくシャッフルし、質問内容を心の中で唱えます。次に好きなカードを3枚引き、上、左下、右下の順に、正三角形にレイアウトします。並べる順番を間違いないように注意してください。

上のカードは、質問に対する総合的な判断や近い未来、左下のカードは質問に対する全体の状況など具体的な現状、右下は対応策や周囲の人との関係などを示します。

このスプレッドは、恋愛や仕事、運勢などざまざまな場面に応じているのが特徴。結果が読み解きやすいので抽象的な質問ではなく、具体的な質問の方がおすすめです。

スリーカードスプレッド

これも名前からわかるように、3枚のカードを使って占うスプレッドです。

まずはじめに、シャッフルした裏向きのカードの中から好きなカードを3枚選びます。その時に質問内容を心の中で唱えましょう。

次に選んだ3枚のカードを横に並べます。これは左から過去・現在・未来に関する答えが示されています。

スリーカードは、過去から未来にかけての流れが見えるので、ある1つの事柄に関して占うのに適しているでしょう。たとえば恋愛や仕事のこれまでとこれからを占ってみても良いですね。

方法もシンプルで、鑑定結果もわかりやすいので、多くの人に親しまれているスプレッドです。

ケルト十字

古代から行われている鑑定方法で、特定の悩みを解決したい場合に用いられています。ケルト十字はウェイト博士が考案した由緒正しいタロット占いのスプレッドであると言われ、知名度も高いです。

10枚のカードを使用して占っていきます。タロットカードをよくシャッフルして10枚選んで積んでおきます。

上から1枚目のカードは真ん中におき、2枚目は1枚目の上にクロスして重なるようにおきます。3枚目は縦方向に1枚目の奥に、4枚目は1枚目の手前に、5枚目は横方向に1枚目の右に、6枚目は1枚目の左に並べます。

7枚目~10枚目に引いたものは縦方向に6枚目までの右に、7枚目が一番手前、10枚目が一番奥になるように順番に並べていきます。

この鑑定では以下のことが占えます。

1枚目は現状・質問内容
2枚目は今解決するべきこと
3枚目は意識していること・顕在意識
4枚目は前世・潜在意識
5枚目は過去・最近の出来事
6枚目は未来・予言
7枚目は相談者の立場
8枚目は周囲の目・他の人の影響
9枚目は変化・願望
10枚目は最終結果、質問に対する答え

ホロスコープ・スプレッド

12星座を用いて使用されるスプレッドです。タロットカードを円形に並べて占っていきます。仕事や金運、恋愛や家族、健康などを総合的に占う場合におすすめです。

ホロスコープ・スプレッドの鑑定方法は、まずタロットカードをシャッフルし一つの山にしてまとめます。カードを上から1枚ずつめくって並べ、その配置からさまざまなことを読み取ることができます。まず時計の位置でいう9時のところに1枚目を置き、そこから反時計回りに12枚目まで順に並べ、最後に13枚目を中心に置きます。

ここでは、以下のことを占うことができます。

1枚目は性格もしくは1月の運勢
2枚目は金銭面もしくは2月の運勢
3枚目は知識・学問もしくは3月の運勢
4枚目は家庭・晩年もしくは4月の運勢
5枚目は恋愛・ギャンブルもしくは5月の運勢
6枚目は健康もしくは6月の運勢
7枚目は恋人・結婚相手もしくは7月の運勢
8枚目はセックス・遺言もしくは8月の運勢
9枚目は旅行もしくは9月の運勢
10枚目は天職もしくは10月の運勢
11枚目は友人もしくは11月の運勢
12枚目は無意識もしくは12月の運勢
13枚目は1年間の総まとめ

本格的なタロット占いをやってみるなら

このようにタロット占いには様々な種類のスプレッドが存在します。興味があるスプレッドを見つけたら試してみてください。

また、本格的にタロット占いがやりたいという人には、電話占いヴェルニがおすすめ。公式ホームページには、占い師の口コミも掲載されているので、自分に合った占い師に占ってもらうことができます。

今なら、1,500円分のポイントで無料鑑定してもらえるので、ぜひ無料会員登録してみてはいかがですか。