彼氏と喧嘩したときに仲直りをする方法:既読無視された時はどうすればいい?

最近は彼氏と喧嘩ばかり…と悩んでいる女性は意外に多いそう。どんなに大好きでも、時には意見がぶつかり合ったり、それがエスカレートして喧嘩になったりすることがあります。

喧嘩は長引けば長引くほど面倒くさくなり、謝るキッカケが探せないものです。

仲直りするには、まずは自分から歩み寄ったり喧嘩の原因を徹底に話し合ったりするなど様々な方法があります。そこで今回は彼氏と喧嘩してしまった時に、仲直りする方法を紹介します。

また喧嘩の後に、彼氏に既読無視された時の対処法も解説していきます。

▼彼との今後が気になるなら!DBBS編集部おすすめ占いサービス
【1位】
【2位】

【3位】

彼氏や彼女と喧嘩したときに仲直りする方法とは?

恋人と喧嘩することは、喧嘩するほど仲が良いとも言いますし悪いことではないでしょう。

しかし、仲直りがなかなかできず仲が悪くなっていくというのは残念なことですよね。今回は仲直りをしやすくする方法を見ていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

外に出て頭を冷やす

喧嘩しているときは、その場の空気を断ち切ることが大事です。イライラしていると二人でいても物に八つ当たりしてしまうことも多いですよね!

そんな場合は距離を置いてみましょう。

ひっそり外へ数分出るだけでも気持ちは落ち着き、10分も外に出れば自然と頭はスッキリしますよ。

家に戻ってきたときには自然と話かけることができるかもしれません。

テレビを付ける

喧嘩中の空気は重く嫌なもので、会話することもなく無視、たまに話せば喧嘩口調になって関係が悪化!

そのようなときはテレビやラジオの力を借ります。

とくにバラエティー番組系やニュースは、思わず笑ってしまったり、驚いたりすることで自然と会話しているのでオススメです。

寝る

どうしても謝ることができない!そんなときは寝て時が過ぎるのを待ちましょう。

喧嘩をすると最初はヒートアップして言い合いますが途中からは無視!

意外と無視しているときは気持ちも落ち着いていますから、後は仲直りするキッカケ待ちです。

寝て目が覚めた頃は普通に話しかけていることでしょう。

相手の好きな食べ物を買ってくる

喧嘩をしたら相手の好物を買ってきてあげると効果的です。

相手のことを考える気持ちが食べ物を通して伝わり、言葉にして「ごめんね」と言わなくても「ごめんね」が間接的に伝わります。

喧嘩していても好きな物を食べると自然と笑顔になり、仲直りできるようです。

ペットに話かける

ペットと暮らしている人はペットに話しかけてみてください。

動物はセラピー効果抜群なので、意地をはっている2人の気持ちを無邪気な動物が癒やしてくれます。

また、喧嘩相手に直接話かけられないときにペットを通して話かけることができ、2人のペットが喧嘩の仲裁役になってくれますよ。

飲み物を入れる

喧嘩しているときは「ごめんね」の言葉がでません。

本当は言い過ぎたと反省していても、なかなか言葉に出すことは難しいですが、態度で表すことはできます。

自分の珈琲を入れるフリして、相手の珈琲も入れてあげ、さり気なくテーブルに珈琲カップを置くだけでOKです。

不器用ながら反省している態度に思わず相手も笑顔になるはず!

珈琲を飲み終える頃には仲直りしています。

相手にメールする

謝るキッカケが探せないときはスマートフォンを利用します。

喧嘩しているときは彼女に話しかけることも勇気が入りますが、同じ場所にいても、違う部屋にいてもスマートフォンがあれば簡単に謝れます。

必要なことは送信する勇気だけです。

「ごめんね」とストレートに伝えたくない場合は、スタンプだけでも気持ちは伝わります。

短気な人はまず2、3回深呼吸

深呼吸をするだけで、怒りの気持ちはだいぶ収まるそうです。怒りが爆発する前に、まず何度か、ふかーく息を吸ってゆっくり吐いてみてください。多少ですが気持ちが落ち着きます。

もしかしたら、あなたの短気が喧嘩の原因を招いている可能性もあるので、実践してみてください。

これを続けていると、少しずつおおらかになってくるので、喧嘩をすることもいつもより減ってくると思います。

先に謝る

相手が悪いと思っていても、仲直りするためには先に謝ることが効果的です。お互い謝らないといつまでも気まずいままでしょう。色々言いたいことはありますが、そこはぐっと堪えて、とりあえず謝るのが得策。

でも、自分が先に謝ると自分が負けたみたいで悔しいと意地を張るのは止めましょう。そもそもケンカに勝ち負けはありません。

特に男性は仲直りのきっかけを待っているものの、なかなかそれを切り出せない不器用な人が多いです。プライドの高い彼氏なら尚更。

自分が先に謝ることで二人とも落ち着いて、建設的な話し合いができるかも。納得いかない部分もたくさんあるかもしれませんが、ここは大人になり彼を許してあげましょう。

恋人離れて1人の時間を作る

もしケンカの決着点が見えず長引きそうだったら、お互い少し冷静になろうと提案し、1人の時間をつくってみましょう。

ずっとオンの状態ではお互い疲れてしまって、いい結果が出るとは思えません。少しの間離れることで、気持ちを整理してみると新しい発見があったりするものです。

もし誰かに話したいなら、自分が信頼している人に話してみてください。彼氏や彼女以外の人と話すことで、自分を客観的に見たり、喧嘩の原因を冷静に分析したりして、自分がどうしたいのか見えてきたりします。

また、一人の時間を持つことで彼のほうも気持ちが落ち着き、それが心配に変わったりもします。

帰ったとき、相手がふてくされつつ「どこ行ってたんだよ」と言ったときは、「いろんなとこ行って見つけてきた」と、相手の好きな物を買って渡してみるのもいいかもしれません。

LINEや手紙でメッセージを残してみる

ごめんねってなかなか口に出して言えないという人も多いでしょう。言ったほうがいいと分かっていても言えないものです。

そんなときはLINEや手紙でメッセージを残すのもいいかもしれません。直接伝えるよりも冷静になれるので、仲直りしやすいでしょう。

また、お菓子や身近な持ち物にメッセージを書いて渡してみてもいいでしょう。ごめんと書く他に「ありがとう」や「好きだよ」と添えてみるとさらに仲直りも近づくでしょう。

「ご飯作るよ、何食べたい?」と聞いてみる

胃袋をつかめとはよく言われる言葉ですが、胃袋攻撃は喧嘩のあとも効果的。

ご飯を相手に作ってあげる=もう自分は怒ってないという意思表示にもつながります。

なかなか素直になれない場合は、さりげなくこの言葉を相手に言ってみましょう。相手も悪い気はしないでしょうし、おいしいものを食べれば自然と気持ちも和むものです。

人は好きなものを食べながら怒るのは難しいと言われています。お互いの好きなものを食べながら謝るのは非常に効果的。

思い出の場所に行ってみる

初デートの場所や告白された場所など、2人にとっての甘い思い出の場所に出かけてみてはどうでしょうか。

2人がラブラブだった頃や、まだピュアな気持ちだった頃を思い出して、お互いの気持ちを再び確認できれば、仲直りできる近道になります。

仲直りするまでの期間に気を付けること

完全に仲直りするまでの期間、無視したり正論を押し付けたりしてはいけません。

仲直りしたあとより良い関係を作るために、お互いに納得いくまで話し合うことが重要。

主張を相手に押し付けない

女性側に多いのが、正論を言って認めさせ彼氏を完敗させてしまうことです。

正論は大事ですが、完全に相手に非を認めさせてしまうと、彼氏のプライドを大きく傷つけてしまい、引きずることがあります。自分の言いたいことだけを話しすぎたなと感じた時は、一度クールダウンして彼氏を気遣いましょう。

また、「あなたはいい人」の後に「だけど〜」を続けるような、短所を後に置いて話すのは逆効果なのでやめましょう。

人は後に聞いた言葉の方に強い印象を持ってしまいますので、「~だけど、あなたは本当はいい人だと思うよ」と、褒め言葉やして欲しいことを後に持ってくるようにすると、素直に聞いてもらえます。

お互いが納得いくまで話す

喧嘩をしたら、一度冷静になることは大切です。しかし、自分だけ落ち着いて解決してもダメです。相手はいまだにイライラしていて話しかけてもひどい態度で気まずいということもあるでしょう。

そんなときはもうお互いが納得するまで話し合いましょう。ここで大事なのはお互い落ち着いて話し合うことです。これを大切にすると、ヒートアップしていた言い合いも落ち着き、お互いのこともわかってくるので、喧嘩も自然と減るのです。

自分の意見も言い、相手の意見もきちんと聞いてあげましょう。そして言われたことでキレたりしないこと。もしそこに自分の悪いところがあれば、ちゃんと謝ることも大切です。

喧嘩しても無視しない

恋人と大喧嘩した後は、口も聞きたくないという状態に陥りがち。けれど、そのまま口をきかなくなってしまうと、仲直りのタイミングを逃してしまいます。

でも、そういうときこそ普段のちょっとした挨拶を疎かにしないでください。直接言いたくなかったら、LINEでもいいでしょう。

2人の間のコミュニケーションを完全に断つことだけは絶対にやめましょう。冷静になった彼は、俺も悪かったと思ってくれるはず。

どれだけイライラしても、そこで無視をするとさらにお互いの悪口がヒートアップし、嫌な思いをするのは両方です。彼の話はちゃんと顔を見て聞いてあげましょう。真剣な眼差しで聞いてもらうと、彼も落ち着きを取り戻すと思います。

特に遠距離恋愛をしている人は、1回コミュニケーションを断つとわだかまりが残りやすいので気をつけてください。

あえていつも通りに接してみる

相手が怒っていても、あえていつも通りに接してあげるのも場合によっては一つの手。そうすることで、いつの間にか通常の状態に戻っているということもあるからです。

喧嘩してムカつくからといって、いつまでもツンツンしてないで、普段通りに接し続ければ、2人の仲直りの兆しが見えてくるかもしれません。

仲直りするためにスキンシップをはかってみる

気持ちを伝えるのに、言葉なんていらないときもあります。

例えば、手を握るのもいいでしょう。喧嘩しても手を握ると、この手を放したくないという気持ちになったりするかもしれません。

ちょっと落ち着いている状態なら、こうして触れ合ってみるのもお互いの気持ちをなだめるのにとても効果的です。

喧嘩すると不安になるもの。気まずいときこそ勇気を出して恋人に触れてお互いの不安を取り除きましょう。

喧嘩中に彼氏に既読無視された時の対処法

彼氏と喧嘩して直接は話したくない!という時に便利なのが、LINEです。

しかしそんな時、彼女からのメッセージに対して既読無視してしまう男性は多いそう。そこでここでは、彼氏に既読無視された時の対処法を解説します。

自分からメッセージを送り続けない

喧嘩の後に彼氏にLINEを既読無視された時に、ひたすらメッセージを送り続けるのは良くありません。

既読無視する男性の心理として、「めんどくさい」「放っておいてほしい」というものがあります。なので、あなたからスタンプやメッセージを送ることは逆効果なのです。

そんな時は彼を信じて、連絡が来るのを待つのが良いでしょう。

しかし連絡を待っている間も気が気じゃなくて、ついLINEを開いてしまう!という人には、簡単に占いができるライントーク占いがおすすめ。

LINEトーク占いなら、喧嘩中の彼氏の気持ちや連絡を待っている時の気持ちを整理してくれるので、スッキリできるでしょう。

喧嘩が長引いてしまったら

喧嘩をしてしまい、仲直りしたいと思っていてもなかなかうまくいかずに長引いてしまうことはどうしてもあります。

長引いてしまったときの対処法を紹介します。原因を徹底的に考えたり、LINEや手紙で思いを伝えたりするのもいいでしょう。

原因を考える

喧嘩がエスカレートしてくると、相手を言い負かすことばかりに夢中になり原因を忘れてしまうこともあるでしょう。思わず酷いことを言ってしまったという人も多いはずです。

着地点が分からないままエネルギーを使うことほど、お互いにとって無駄なことはありません。

自分と彼氏にとって何が問題だったのかを考えてみるのがおすすめ。ここで原因を振り返らないと、また同じ問題で喧嘩を繰り返してしまうからです。

相手の優しさを思い出す

短所ばかり見るのではなく、長所を考えましょう。いつもしてくれることや、優しくかけてくれた言葉や行動などを思い出しましょう。

彼のおかげで、ちょっとでも救われたことがあるはず。それを考えられるようになれば、自然と怒りがおさまってきます。

彼の幸せそうな顔や楽しかったお出かけ、彼との幸せな時間を思い出してるのもおすすめ。

時間が解決してくれるのを待つ

喧嘩をしているとき特有の、重たい空気が苦手な彼氏の場合、喧嘩の原因や経緯、言い分などをグチグチと女性に話されるのも嫌います。

そのため、喧嘩してしまった場合は、少し時間を置いて、さりげなく何もなかったかのようにいつもと同じように接してみたり、連絡を取るのも1つの方法です。

仲直りの後にするべきこと

仲直りの後にするべきことを紹介します。一緒に笑って楽しい時間を共有したり、日頃から話す習慣をつけたりすることが必要でしょう。

喧嘩をきっかけにルールを決めておくのもおすすめ。そうすることで次回以降喧嘩しても気まずくなりにくいでしょう。

一緒に笑う

仲直りの後は、面白いテレビを一緒に見ましょう。コメディ映画、お笑いのDVDがおすすめ。

一緒に笑うことは最高のリラックスにつながります。さりげなく彼に「おもしろいね」と言いながら、にっこり笑ってみましょう。

彼は「やっぱり、この子いいなあ」と思ってくれるはずです。

短所も受け入れる器をもつ

短所を見つけるたびに幻滅していたら、キリがありません。誰にでも長所もあり短所もあります。

受け入れるにも限度はありますが、あまりにひどいことを言われたりされたりしない限り、見逃してあげましょう。

あなたが受け入れる器が大きいと、相手もだんだん影響されてきて大人になるということもあります。

日頃から話す習慣を

どんな人でも小さなすれ違いは必ずあります。大切な人だからこそ、常にオープンにちゃんと相手に思っていることを伝えるようにしていきましょう。

ここで気を付けてほしいのが、相手のことを思って言うことです。言い方やトーン、表情はなるべく柔らかくすることで相手も受け入れやすいでしょう。

とにかく相手のことも考えた行動を常日頃から心がければ、大喧嘩に発展することも少なくなります。

自分も不満があれば伝えるから彼にも伝えてほしいとお願いしておいてもいいでしょう。

ルールを決めておく

決まり事なんてと侮ってはいけません。喧嘩していると頭に血が上りカッとなっていますので、お互い意地を張って、素直に謝ることが困難な状況になってしまいます。

しかし前もって喧嘩した時はこうしようとルールと作っておくと、そのルールに従って動くことができます。

例えば、喧嘩しても一緒に寝るとか、寝る前には絶対キスをするとか、彼氏と触れ合えるような内容のルールが良いでしょう。

喧嘩後のモヤモヤは占いでスッキリ

喧嘩したあと仲直りまでの期間は短い方がいいでしょう。仲直りする方法としては、自分から折れる、LINEやメールでメッセージを残すなど様々な方法があります。

気まずい関係を続けるよりも、お互いに話し合って理解し合うことが重要です。

喧嘩中に相手の気持ちが分からなくなってしまった人は占いに行ってみるのも1つの手。

LINEトーク占いなら、LINEの電話やチャットで簡単に恋愛相談ができます。「喧嘩中の彼が自分をどう思っているのか」や、「連絡を待っている間のできることはないか」など、様々なアドバイスをくれるでしょう。

1分100円〜という価格で専門の占い師に直接悩みを聞いてもらえるチャンスです。ぜひもやもやをスッキリさせるのに使ってみてください。

記事の著者

https://www.salon-svadebny.com.ua/

https://steroid-pharm.com

見て