女医が結婚できない11の理由:女性の医師が婚活する際に選ぶべき男性の特徴を紹介

記事の著者:OL01

女医は一般女性よりも結婚率が低い傾向にあります。総合メディカル株式会社の調査によると、女医の未婚率は42%、男性医師は11%に対して、一般女性の未婚率は35.5%、一般男性は27.1%となっています。

経済力があり頭もいい女医は、男性からすればアプローチの難しい存在です。男性はプライドが高い生き物なので、素敵に見える女性であっても、ステータスが高過ぎると一歩引いてしまうことも。

女医は、女性からすれば憧れの存在ですが、男性からすると高嶺の花すぎるという見解もあります。

今回は、女医が結婚できない11つの理由と結婚するために何をすべきか、どんな男性との結婚が望ましいのかも徹底分析していくので、ぜひチェックしてみて。

女医が結婚できない理由

1.男性より高学歴高収入

当然ながら女医は高学歴高収入。サラリーマンや公務員などの、多くの一般の職業の方より高収入という場合の方が多いようです。男性は自分の仕事に対してプライドやメンツを保ちたいので、妻の方が高収入かつ家事もこなして、子育てもしている姿をみると、自尊心を傷つけられた気分になってしまいます。

収入面だけは自分が優位に立っていたいと考える男性は、女性の医師と結婚することをためらう人が多いようです。

また「医者なんて高嶺の花、自分なんて相手にされない」とそもそもアプローチすらかけずに通り過ぎてしまうという男性もいます。

2.出会うタイミングがない

忙しい医師にとって、婚活の時間は限られています。しかも結婚適齢期の20代後半は研修などでとても忙しく、プライベートを楽しむことも難しい人が多いようです。

出会いの場を広げる時間もなく、男性がいる場所となると職場くらい。極端に出会いが少ないため、結婚にも結びつきません。

医師同士での結婚と言っても、男性医師は一般女性との結婚を望む人も多いので、簡単ではないのが現状です。

3.とにかく忙しい

医療現場は、とにかく毎日四六時中忙しく、特に若い頃はプライベートな時間なんてものはほとんどありません。恋する暇もないほど仕事の対応に追われています。

当直の義務があったり、急に呼び出されたりするのが医師というものです。恋愛すらきままにできない状態なので、結婚となるとなおさらハードルは高くなります。

ようやく落ち着いた頃には適齢期をとうに過ぎていた…なんてことも。また自分の生活水準を満たす人や、仕事への理解がある人を見極めているうちに時間が過ぎていたというパターンも多いようです。

4.仕事命

相当な努力を重ねてつかんだ仕事に対して、誇りと責任感を持って取り組んでいるのは言うまでもありません。医者という職業は患者に対する大きな責任があります。

仕事に一生懸命であればあるほど、優秀な女医であればあるほど、恋愛を敬遠してしまう傾向にあります。理想の男性に出会っても、「今は仕事の方が大事」と仕事を優先してしまい、結婚に至るのは難しいようです。

5.プライドが強く甘えられない

頭がよく、経済力もあるため自立心が強くなり、そもそも結婚の必要性を感じない女性もいるようです。プライドの高く自立していることから、甘えることが苦手な人が多いと言えます。

男性も自分が必要とされている感じがなく、アンバランスが生じてしまい結果的にうまくいかないことが多いです。

6.サラリーマンや公務員と時間が合わない

医者は急患や夜勤など、労働時間が不規則です。スケジュールが不規則なため、一般のサラリーマンや公務員とは出会うことが難しくなります。

付き合っているときに、こうした医者ならではのことに振り回されると、「結婚しても振り回されるのか…」と男性はネガティブなイメージを持ってしまい、結婚する前に離れてしまうことも。

二人で過ごす時間が限られるのは、お互い話し合う必要があります。

7.しっかりしすぎている

医師の仕事はしっかりしていないとやっていけない職業の一つです。しかし彼女たちのその芯の強さが男性から見て「可愛げのない女性」として映ってしまうこともあります。

女医だって普通の女子、わがままを言ったり、ただ甘えさせて欲しかったりするのは当たり前。しかし仕事でしっかりしている癖で、私生活でも甘え下手になってしまったり、人に頼るということが苦手になっている可能性があります。

そうなると男性としては「必要とされていないかも」「自分がいなくても大丈夫な人だ」と考えて、結婚への意識が薄れてしまうようです。

8.職場には看護師がいる

女医にとって、職場は少ない出会いの場の1つです。男性医師に食事に誘われることも珍しくありません。しかし職場には看護師も多くいることがネックになります。

男性医師は、看護師に大人気です。食事に行くことはおろか、ましてや付き合うことになろうものなら看護師からの嫉妬が恐ろしいことになるでしょう。

医師同士で結婚しようとしても、男性医師の競争率を考えると気が滅入ってしまう人もいます。

9.男性医師を見る目が厳しい

男性医師は女医と同じことをしているのに、医師であるというだけで女性にモテることが多いようです。

女医は、同じ医者という立場から男性医師を見ることができるので、ステータスに惑わされることがありません。そのため有頂天になっている男性医師や、医師免許を持っているというだけ男性を見ると冷めてしまうのです。

同じ業界にいる分、男性医師に対して、魅力的に感じる部分とそうでない部分がはっきり別れてしまいます。

10.職業に十分なやりがいを感じている

医者という職業は大きな責任を伴うため、その分やりがいも大きいです。それゆえに、医者として仕事をする日々のなかで、十分に満足感を得ている場合もあります。

仕事一筋が続けば良いのですが、恋愛がしたくなった時に手遅れなんてことも。

11.1人でも生きていける安心感がある

医者は収入も高く、活躍できる地域の幅も広い職業なので、結婚しなくても1人で生きていける安心感が生じてしまうという女性が多数。

一人でも暮らしていける経済力や安心感から婚活に対する積極性に欠けるため、チャンスを逃しているということもあるのかもしれません。

女医が結婚するためには

自分の行動を見直す

医者の仕事は忙しいため、職場以外で出会うことは難しいと言えます。ただ職場で出会う男性医師と結婚することも簡単ではないのが現実。

少しでも休憩時間をとれたら、散歩をして外のカフェに行くなど、積極的に外部との関わりを持つように心がけてみて。休みの日くらいは家でゆっくりしたいと思うかもしれませんが、いつもそれでは新しく出会える可能性は低いです。

普段とは違う行動をとってみると、予想もしなかったところで新しい出会いを期待できるでしょう。

結婚相談所を利用する

新しい出会いがどこにも見込めない場合は結婚相談所を利用することをおすすめします。結婚相談所には本当に結婚したいと思っている人しか登録しないので、普通に出会うよりも結婚できる可能性は高くなるでしょう。

楽天グループの結婚相談所である楽天オーネットは、専任のアドバイザーによるサポートのもと、あなた専用の婚活プランを組んでくれます。

他の結婚相談所とは大きく異なり、ネット主体なので仕事の忙しい男性でも登録しやすく、値は少々張りますが、その分年収の高い男性が集まっているのが特徴。

楽天オーネットでは婚活に関する心配事なども相談することもできます。女医として、どのようなことを心がければ婚活に成功するのか、理想の条件で結婚することはできるのかなど、結婚に対する不安や悩みに対してもアドバイスをもらうことが可能です。

入会しなくても結婚力診断を受けることができるので、まずは下記の公式サイトから自分の結婚力をチェックしてみて。

婚活する際、女医が選ぶべき男性は?

学歴や地位が上回らない人

旦那の方が学歴や地位が下なことに引っかかる人は多いようです。また本人は気にしていなくても周囲の人や親に「もったいない」や「もっといい人がいたのではないか」という心無いことを言われ、傷つくこともあるかもしれません。

そうならないためには、やはり学歴や地位が自分と同等、もしくはそれ以上の人を選んだ方が良いことも。

やはり一番王道なのは同じ職業の医師。それ以外では、弁護士、政治家、商社マンなど。知り合いにいない場合は学生時代の友人に紹介してもらうのがおすすめです。

逆に全く違う職業の人と結婚するのも手。音楽家やデザイナーなど芸術界の人やスポーツ選手などです。そうすれば能力で比べられることもなくなります。お互いに自分の仕事に誇りを持っていて、二人の仕事への理解があれば結婚も難しいことではありません。

こだわりの多くない人

忙しい女医でも結婚したら家事をしなければいけなくなります。その際に家事が粗いことで、文句を言われると喧嘩に発展することも。

また食事の味付けなどに口出しをしてくるようなこだわりの強い人は避けましょう。出したものを何でも美味しいと食べてくれるよう人と結婚できれば家事も苦ではなくなるはずです。忙しさで家事が少々雑になっても許してくれるような包容力のある温厚な人がぴったり。

医師への理解がある人

結婚後の仕事への考え方の一致は非常に大切です。まずは結婚前に結婚したら仕事を辞めるべきか否か相手と話し合う必要があります。

相手が仕事を辞めて欲しいという意見の中、あなたが仕事を続けた場合、夫の理解が得られないことも。男性側もハードな仕事をしている場合、家事も積極的には手伝ってくれないことが多いため、大きな負担となります。

医師という職業に理解を示し、あなたが医師として活躍することを望んでくれる男性を見つけることが重要です。

感謝を伝えてくれる人

女医にとって家庭は職場での緊張を癒してくれる場所でなければなりません。そのためちょっとしたことでも感謝を伝えてくれるような温厚な人が望ましいです。

家事と仕事の両立は大変なため、感謝の気持ちが見られないと精神的にも疲れてしまいます。お互いに小さなことでも「ありがとう」が言える関係を築ける人がおすすめ。

理想の相手と出会うためには

女医が結婚できない理由は色々ありますが、仕事が忙しい、男性から完全な理解を得ることが難しいというのが問題になってきます。

ただし女医が結婚できないのは考え方が原因となっている場合も多いようです。アプローチが少ないなら、自分からすればいいだけのこと。心構えを変えれば解決する問題だったりします。

しかし何と言っても出会いがなければ結婚することはできません。出会いがなくてどうしようもなく困っている方は結婚相談所の楽天オーネットがおすすめ。

業界最大級の登録者数を誇る楽天オーネットではきっと理想の相手と出会えるでしょう。紹介方法はさまざまで、アドバイザーの紹介や、パーティースタイル、ウェブでの紹介など勢ぞろい。

ホームページから無料であなたに合った会員を紹介してくれる結婚チャンステストができます。楽天オーネットで理想の相手を探してみて。