40代結婚を諦めた男性の特徴まとめ:パラサイト・シングル増加中?

男性にとって、40代というのは人生でも豊かな時代で、仕事はもちろんですが、結婚や恋愛においても重要な時期のようです。

20代~30代で婚期を逃してしまい、それまでは平気だったのに、どういうわけか急に弱気になって「俺はもう40代だ」と結婚を諦めているアラフォー男性も珍しくありません。

40代の独身男性は、なぜ結婚できないのでしょうか? 今回は「40代で結婚できない男性」の特徴をピックアップしてみました。また自分も結婚適齢期だと感じていて、40代の男性と恋愛して結婚したいと考えている女性は、結婚相談所に登録してみるのがおすすめ。

条件さえ合えば、隠れた「優良物件」を見つけるきっかけにもなるかも? みなさん、ぜひチェックしてみてくださいね。

40代男性が結婚を諦めている理由

結婚を諦めてしまっている40代男性、その理由について紹介していきます。

女性にとって、結婚を諦めた男性は、自信がなさそうで魅力的には映らないかもしれません。結婚のチャンスを逃すと、自分に自信がなくなり、段々と魅力がなくなっていくという負のスパイラルに陥っている40代男性が多いです。本当はいろいろな長所を持っていながら「もう40代だし」と自分に言い聞かせて、落ち込んでしまっているようです。

給与が少ない

古い価値観の部分もありますが、結婚すると男性は家庭を支えていかなければならないという固定概念があります。

きちんと生活を続けるためにはある程度のお金が必要となるので、給与が少ないと、結婚生活へのイメージが湧きにくく、結婚することをためらうことが増えます。

理想が高すぎる

結婚できない男性に多いのは、相手の女性に、ルックス・知力・給料など求めるものが多く理想が高いタイプ。さらに家庭的・気遣いができるなど性格面にも求めることが多いので、これでは結婚は難しいでしょう。

そんな誰もが望む理想ばかり並べて、追いかけ続けているだけでは結婚できないのも仕方ありません。

結婚適齢期を過ぎている

2017年時点の男性の平均結婚年齢は30.7歳、女性は30歳となっています。アラフォーともなれば、結婚適齢期はとうに過ぎているので、なかなか難しくなってきます。

男性も女性も、どうせ結婚するなら若い人がいいと考える人は多いです。特に女性の場合、子供が欲しいから若いうちに結婚したいと考えている人も多くいます。

40代でも結婚できないわけではありませんが、20代前半の女性が、あえて40代の男性と結婚する確率は低いでしょう。年齢を重ねてる男性は、生殖機能も若い頃と比べると衰えてきているので、妊娠・出産のリスクが高まります。

出会いがない

若い頃はコンパや飲み会などがあり、異性との出会いには困らなかったはず。しかし社会人になってからは、家と会社の往復で、なかなか新しい出会いはありません。

また年齢を重ねると、派手な遊びも減ってくるため、そもそも異性と関わる機会が減っていき、結婚から遠のいてしまいます。

一人の時間を楽しんでいる

結婚するということは他人と一緒に生活することで、色々と気を遣うことが増えます。一人でいる時間が楽しければ楽しいほど、結婚が面倒になって諦める人がいます。

信頼できる人に出会っていない

過去に付き合った人に浮気されたとか、いろいろお金の面で支援したのに別れて音信不通になってしまったというように、相手に裏切られた経験があると、なかなか恋愛に踏み込めません。そもそも異性を信じられなくなっている人もいます。

誰かを信じる勇気がなく、結婚に消極的になってしまっている人もいるでしょう。

結婚できない40代男性の特徴

結婚への執着が強すぎる

結婚を諦めているアラフォー独身男性もいますが、一方、結婚についてのモチベーションが高い弾性もいます。何が何でも結婚したい、結婚しないとまずいと意気込みだけは立派な人です。

でも結婚すること自体が目的になってしまい、相手の存在を見ていないというのがこのタイプの残念なところ。

お金はあるし、見た目も肩書も立派なのに、結婚への執着が強く、中身が空っぽで、女性から見放されるタイプです。

結婚してからのライフプランについても、考えが浅く、自分本位なところも多々ある模様。本人はそのことに気づいていませんが、堅実な女性にとっては相手にしたくないタイプでしょう。

とてもエネルギッシュですが、言動のあちこちに自己中心的な面を見せるのも、このタイプの特徴です。

まだ結婚できると余裕を見せている

40代なのに、俺は結婚できると思いこんでいるタイプの男性もいます。40代50代の独身男性が結婚できる確率はかなり低めであり、本当はそんな余裕はないはずですが、本人は自分に魅力があると思っているのか、40歳になっても合コンなどに参加するタイプです。

自分の年齢については無頓着ですが、女性の年齢や老化については辛口な態度をとる、というウザいタイプ

両親と同居しているパラサイトシングル

40代の両親といえども、年代は60代~70代。最近では元気な高齢者が増えており、そんな両親の元で、暮らしている男性も増えているようです。

両親も早く結婚してほしいと思っているものの、特に家を追い出す理由もないので、自宅で暮らしているアラフォー独身男性。そんなパラサイトシングルは、結婚するより今の楽な暮らしを選びがちです。

このタイプは結婚に、ほぼ無縁な存在と言えます。両親との関係がよく、仕事もできて優しいけれど、今の暮らしを捨ててまで結婚しようとは思いません。彼女を作っても、残念ながら遊び相手止まりになる可能性が大きいのです。

仕事に精を出しすぎた40代男性

学校では成績優秀。就職も人気企業に一発合格。新入社員のときから頭角を現して出世グループと、ある意味順調なキャリアを歩んできた男性。

しかしプライベートや恋愛を疎かにしてきたため、40代になって急に婚活しようと思っても、どうしていいか分からないタイプです。

仕事はとても出来て優秀だけど、恋愛面では奥手で、しかも仕事第一の体になってしまっているので、女性との関係がうまく続きません。

まとめ

結婚適齢期を逃してしまった男性は、きっとみんな、小さな不安を抱えています。本当に「一生結婚したくない」と言い切れる男性は、そう多くはないでしょう。

やはり、どこかで女性と結ばれて幸せな家庭を築きたいと思っているはずです。

中高年の男性には、20代や30代の男性にはない魅力があります。楽天が運営する結婚相談所「楽天オーネットスーペリア」は、男性は50歳以上、女性は45歳以上を対象とした、中高年専門の婚活サービスです。

同年代の独身男女が集まっているので気後れする必要もなく、専任アドバイザーが適切な人を紹介してくれます。少しでも結婚したいと考えている男性・女性の方は、まずサイトから資料請求してみましょう。

Tags

ライター

ссылка

dxtranss.com.ua

www.usm1.com.ua