同棲の許可を得たい方必見!挨拶のポイント5つ

記事の著者:Kanako

大好きな彼と同棲。誰もが一度は憧れますが、実際するには意外と高いハードルがあります。特に相手の親の理解を得るには念入りな作戦が必要ですね。

そんな時に参考になるポイントを5つにまとめました。あなたなりのアレンジを加えて、ご挨拶に出かけましょう。

1. 結婚準備であることを明確に

同棲すれば住居費など、生活にかかるコストの圧縮が可能です。

同棲する理由をこの点に定め、結婚資金や結婚後の住宅費用を貯めるために同棲するのだとハッキリと伝えれば、理解を得やすくなります。

2. 本格的な花嫁修業を宣言

同棲して起居をともにすることで、今まで本腰を入れられなかった花嫁修業を本格的に行い、一人前になったら結婚すると宣言してみてください。

もちろんそれを実行に移さないと話がこじれてしまいます。

結婚を前提とした強い決意を見せることは最低限必要です。

3. お互いの人間性を見つめるためだと主張

特に両方が実家暮らしの場合にこの方法は使えます。

恋愛してデートするだけではお互いの深い面が分からないままなので、実際に同棲してみて本当に結婚にふさわしい相手なのかを確かめたいというのもいい理由でしょう。

厳格なご両親だと怒られてしまうかもしれませんが、その真意をしっかり伝え、結婚して独立した家庭がきちんと築けるようになるための勉強なんだという点を主張してみましょう。

4. お中元、お歳暮は贈らない

お中元やお歳暮を贈って挨拶の代わりにできれば……と思っている方もいるかもしれませんが、それは一種の手抜きで逆効果になるでしょう。

親の立場として、娘や息子とつきあっている相手からいきなり贈り物が届いたら、一体何のことかとかえって不審がられます。

同棲の挨拶を円滑に済ませてからのお中元やお歳暮は、まだ不自然さは少ないですが、そんなことをするならば早く結婚したらと考えるのが親の視点です。

同棲を続けるにしても、お中元やお歳暮を贈る必要はありません。

5. 挨拶せずに同棲スタート

挨拶をしてしまうと、された方は結婚を前提とした関係であることを強く印象づけられます。

挨拶するためには結婚を意識した言葉を連ねざるを得ないので、本当に両方がそのような気持ちでなければ、その言葉が原因で気持ちや行動の食い違いが起きてくることもあり得ます。

また、挨拶をすると同棲を解消することが本当に困難になります。お互いがすでに独立した暮らしをしているならば、あえて挨拶をせずに同棲を始めるのも方法としては悪くありません。

最後に

同棲といえば失敗談、というくらい同棲にまつわる行き違いは多くあります。

わくわく感ばかりが先行して同棲を始めると、様々なトラブルや今まで見えなかった相手の嫌な一面など、頭を抱えたくなることは次々起こるものです。

また、本当の婚姻関係ではない同棲は制度上で不利になることもあります。同棲を選ぶのであれば思い切って結婚してしまう方が何かとメリットがあるのも事実です。

毎日会える、デート代やホテル代が節約できるといった面だけで同棲を選ぶのは決しておすすめしません。そんな気持ちで表面上の挨拶を考えると、かえって良くない状況になるのも確かです。

挨拶の言葉を考える前に、本当に同棲がベストチョイスなのかしっかり考えてみましょう。