「勘違いブス」にありがちな特徴7選:こんな女性にはならないで!

自分を美人、可愛いと勘違いしている女性、いわゆる「勘違いブス」と言われる人の特徴ってどんなものなのでしょうか?

自分はモテる、可愛いアピールをする、妙に自信満々など、さまざまなパターンがあるようです。

自分あるいは、自分の周りの人にどれくらい当てはまるのかチェックしてみてください。

では、勘違いブスにあるあるな特徴をいくつか見てみましょう。

1.恋愛経験が豊富アピール

付き合った人数や経験が多いアピールをする女性。身近にいませんか?

恋愛経験が豊富=モテる自分を演出するのは、いわゆる勘違いブスの特徴のひとつです。

自信満々に語る経験が全て本当とは限りませんし、自分の想像や妄想に近いことを話しているうちに自分でも本当にあったことだと思い込んでいる人もいます。

聞いてもいないのに恋愛自慢をしてきますが、この場合、失敗した、苦い失恋経験などは消去されています。

また、「恋愛経験が豊富だから、何でも相談して」といった恋愛のアドバイスに妙な自信を持っているのも勘違いブスの特徴です。

2.常に男性を誘惑しようとしている

ぽっちゃり体型なのに、きわどいミニスカートをはいて露出が激しい服で合コンにくる人はいませんか?

そんな人は、合コン中に聞いてもいないのに今まで付き合った人数や、過去にこんな最低男と付き合ったなどのエピソードを初対面で自分から話し出すこともあります。

周りからは、その女性がモテそうには思えないのに、必死に男性にアピールをしていることで、勘違いブスだなと思われてしまいます。

そう思われていたら嫌だな…と思ったあなたは、まずは外見を磨きましょう。あなたが容姿端麗であれば、アピールしなくとも男性はゾッコンです。

でもきつい運動はしたくない!という方は、いま流行りのホットヨガに通ってみてはいかがでしょうか。

たくさん汗をかきながら体を動かすことで、体も心もスッキリすることができます。

3.前向きな自信家

どうしてこれほど自信満々でいられるのかと不思議に感じる女性。知り合いにいませんか?

実力が伴っている自信家なら全然構いませんが、力もないのに、妙に自信家で自分はデキる女性だと思っている。仕事でも恋愛でもそんな感じ。これも勘違いブスの特徴です。

自信家で前向きなので自分に都合の良い解釈をする、例えば仕事で失敗しても「自分には合っていなかっただけ。私の実力はこんなもんじゃない」、恋愛で振られても「彼が私には釣り合わなかっただけ。私の良さを理解できなかったのね」と事実を自分の良い方に自己修正してしまいます。

4.服装が本人に合っていない

服装にすごい違和感を感じる女性。周りにいませんか?

服装にとても気を遣っているのに、流行にも敏感なのに、高級なブランドを着ているのに全然似合ってない。似合っていないだけでなくサイズが合っていない。これも勘違いブスの特徴です。

イケてる自分はこの服を着こなして当然といった勘違いで、思い込みで服装を選んでしまうのでしょうか。自分では似合っているつもりでも、周りから見れば違和感がありますし、不快感さえ覚えてしまいますね。

流行りのハイウエストパンツやノースリーブなどを着るために、全体を引き締めるヨガではなく、一箇所に集中してシェイプアップするのが近道かもしれません。

60日間専属で女性のパーソナルトレーナーがつく「シェイプス」は女性専用の大手ジムなので、初めてジムに通う人にもおすすめです。

5.SNSは自撮りだらけ

Facebookを教えてもらったのはいいけど自撮りだらけ、しかもポーズや角度に妙にこだわってる写真ばかり。
SNSに自撮りの写真ばかり載せているのも勘違いブスの特徴の一つです。

自分はとても可愛い、美人だと思っているのですから、勿論自撮りが大好きです。でも「美人って自慢してると思われると反感を買っちゃう」なんて思ったりしているので、「あんまり可愛く撮れてなくて残念」なんて思ってもいないことを添えてしまいます。

そして、「そんなことないよ」「すっごくかわいい」なんて友達のコメントを待っていたりするのです。

6.誰かの悪口を言っている人

いつも誰かの悪口を言っている人は、勘違いブスだと思われてしまいます。

どんな女性でも打ち込んでいる趣味や、好きな男性の事などいろいろ会話のネタはあるはず。

それなのに人に悪口しか言わない人は、中身が空っぽなのかなと思われてしまいますし、「自分のことを棚にあげている」と指摘されてしまいます。

7.おごってもらうのが当たり前という態度

デートの際に、「いいお店知ってるから、予約入れておくね」とやたら三つ星の高い店を予約して、いざ、お会計の時になると、お財布をまったく見せるしぐさもせずに、むしろ、やんわりトイレに向かう人がいます。

もちろん男性としては、彼女にご飯をおごってあげようと思っていても、「おごるのが当然」「当たり前」という態度を見せてしまうと、「勘違いブスだな」と思われてしまいます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。もしかしたら周りに思い浮かぶ人がいたかもしれません。

また、読み終わって「自分のああいうポイントが勘違いブスだったな…」と思った人もいるでしょう。しかし、それは自分の欠点に気づけたということ!もう勘違いブスではありません。

欠点を直すことができれば、より魅力的な女性になれるはず。自信を持って新しい出会いを見つけに行けば、素敵な巡り合わせがあること間違いなしです。

自分の好みの男性を見つけるため、効率的に、かつ簡単に出会えるマッチングアプリを使ってみてはいかがですか?

「Pairs」はFacebookを利用した、安心安全の国内最大級マッチングアプリです。

Tags

ブス (29) 勘違い (23)

ライター

emi_mama

詳細はこちら

здесь