年上・年下彼氏の呼び方5パターン:呼び方を変えるタイミングは?

記事の著者:Kanako

あなたは彼氏をどのように呼んでいますか?

他人行儀な感じも嫌だし、かといって周りに変だと思われても…とついつい悩んでしまうのではないでしょうか。

また彼氏の方が自分よりも年上だった場合、さらに困ってしまいますよね。

そこで、二人の距離感や目指す関係から考えてみましょう。また、関係が長続きする呼び方もまとめました。

彼氏の呼び方5つ

1.下の名前の一部

たとえば「まさとし」なら「まさ」。「たかゆき」なら「たか」。

このように名前の一部分だけで呼ぶパターンは一般的でしょう。

人によっては、ぶっきらぼうな印象をうけることもあるかもしれませんが、同時に距離感が近くなる気もしますね。

短くて呼びやすいため、年下や長い付き合いの彼氏にはうってつけでしょう。

2.名前の一部に”くん”をつける

呼び方1の応用として、名前の一部分に「くん」をつけるという方法もあります。

「まさ」ではなく「まさくん」、「たか」ではなく「たかくん」。

こんな風に呼ぶことで、丁寧さや可愛らしさを演出できます。

この呼び方は、年上から年下までどの年代の男性にも通用します。

3.呼び捨て

苗字や下の名前を呼び捨てで呼ぶ。これは冷たいような印象もありますが、実際は違います。

そもそも本当に親しくないのなら苗字に「さん」付けでしょう。

呼び捨てで呼んでいるということは、実はそれだけ距離感が近いということ。呼び方1や2を経て、呼び捨てに落ち着くというパターンもあります。

4.本名の一部を使ったあだ名

「まさとし」だから「まっさん」。「よしだ」だから「よっしー」など、本名の一部が入ったあだ名も一般的です。

彼氏だけに限定されず、友達でもよく使われる方法ですね。そのため特別感は少ないものの、人前で困ることはありません。

いきなり二人だけの呼び方をするのは恥ずかしかったりするものです。

まずは呼びやすいあだ名から慣れていって、新密度が上がるにつれてオリジナリティを高めるという方法もあります。

しかし、「〜たん」や「〜にゃん」など恥ずかしくてなかなか呼びにくいあだ名は破局率が高くなるようです。長続きさせるためには、やはりたくさん名前を呼び合うことが不可欠ですよ。

5.二人だけにしかわからないあだ名

他の人に聞かれるとちょっと恥ずかしいのが、二人にしかわからない呼び方。

名前とはまったく関係のない呼び方をしていることが多く、それだけ聞いても誰のことかわからない場合がほとんどです。

これは付き合っている二人だけがわかるため、共通の秘密を持っている状態ですね。

誰かに知られると恥ずかしいという秘匿性があり、ドキドキ感を味わうことができます。そのため、お互いの新密度も増すのです。

年上彼氏の場合

彼氏が年上の場合、呼び方に迷う人は特に多いです。

年上だしさん付け?でも彼氏だしそれも他人行儀かな…など、「年上」ということを尊重するか「彼氏」ということを重視するか、特に付き合いたての頃は迷ってしまうもの。

年上彼氏は、どのような呼び方をされると嬉しいのでしょうか。

下の名前にさん付け

年上であっても苗字にさん付けというのは、彼氏であるにもかかわらずあまりに他人行儀です。

下の名前にさん付けであれば、年上への敬意は残しつつも恋人らしさを加えることができます。

実際男性は苗字にさん付けで呼ばれることはあっても、下の名前にさん付けで呼ばれるという機会は少ないです。あなただけの特別感も出すことができます。

下の名前にちゃん付け

敢えて下の名前にちゃん付けというのも良いでしょう。

意外に感じられるでしょうが、年上の男性は、自分と相手の年齢差を気にしている人もいます。

離れていればいるほどそういった傾向が強いので、敢えて年齢差を感じさせない呼び方で呼んであげるという手もあります。

この場合年上彼氏でも、少し年齢が離れている人に使うとより効果的です。

年下彼氏の場合

下の名前にくん付け

年下彼氏の呼び方として一番無難なものは、下の名前にくん付けだと言えます。

年下…と聞くと、つい「ちゃん付け」などで呼びたくなるかもしれませんが、年下であっても彼氏は男性です。

女性の前ではかっこいい男としてありたいもの。ちゃん付けだと、どうしても年下だということを意識させられてしまい、複雑な気分になってしまう人が多いです。

あだ名や愛称

年下男性であれば、あだ名や愛称でも呼びやすいでしょう。

下の名前にくん付けはちょっと他人行儀だな、という方や、下の名前が長くてちょっと呼びにくい場合などは、あだ名や愛称で呼ぶのも良いです。

呼び方を変えるタイミング

友達や先輩後輩の関係から恋人関係になった場合、その時の関係の呼び名からなかなか変えられない…という状態に陥りがちです。

折角恋人なのだから、それらしい呼び方をしたいという場合、どのようなタイミングで呼び方を変えたら良いのでしょうか。

付き合い始めにお互いで確認しあう

一番多いのは、友達から恋人同士になったので、特に呼び方を変えてはいないカップルです。

でも、少し肩に力がはいっちゃっている関係のまま付き合い始めた男女は、

「これからは、何て呼び合う?」

という感じで、2人でいる時の話題にするカップルも多いです。

お互い、今までとは違う呼び名で呼び合うのには照れてしまうかも知れませんね。

スキンシップが密になってきたら

彼氏を〇〇ちゃん、と呼んでいる彼女は、結構そのまま呼び方を変えない人が多いみたいです。

今までは苗字で呼び合う関係だったような2人は、呼び方を変えるきっかけがありそうですね。

それはスキンシップが密になって来た頃です。ベッタリくっついて恋人つなぎで歩くようになったとか、はじめて2人がキスしたなどです。

また男の子の方は、彼女を呼び捨てにするようになる傾向があります。

女の子も、彼氏を呼び捨てにするようになるようですが、今までの呼び方や、あだ名も付けたりして、その時の気分や雰囲気で上手に使い分けている人が多いです。

彼氏に直接聞いてみる

悩んでしまうのなら、やっぱり、直接本人に訊ねてみることが一番手っ取り早いです。

「ねえ、私から何て呼ばれたい?」や、

「これから、何て呼んだらいい?」

と、言う感じで可愛らしく聞いてしまう事がお互いに話し合えて一番楽な方法です。

呼び捨てやあだ名で呼び合っていても、彼氏のお宅にお邪魔したとき、家族の前では「君」「さん」などをつけて、丁寧な呼び方をするのがマナーです。

いきなり実際に呼ぶのはハードルが高いという場合、まずはメールやLINEの文面で呼び方を変えてみてはどうでしょうか。

何かの記念日に

クリスマスやお互いの誕生日など、恋人同士で過ごすちょっと特別な日に呼び方を変えてみましょう。

いきなりですと驚かれる可能性もあるので、いい雰囲気になったときに「そろそろ下の名前で呼んでいい…?」という感じで切り出します。

特別な日であれば、雰囲気に任せてちょっと普段は言い出しにくいこともいえてしまうものです。

日常の一コマをつかう

二人でテレビや映画を見ているときや、街を歩いているときなどの日常のシーンで、さりげなく呼び方を変えるきっかけを探します。

例えば、テレビに出ているカップルの呼び方を見て、自分もそろそろ名前で呼びたいと切り出したり。

他のカップルを見て羨ましくなった、という体で、うまく呼び方を変えてみましょう。