この人と話すとイライラする!相手の気持ちがわからない人の特徴7つ

相手の気持ちがわからなくて困った経験はありませんか?また、人の気持ちが分からない人が職場や学校にいて困ったこともあるかもしれません。

なぜ相手の気持ちがわからないのでしょうか?相手が傷つくことが目に見えているのにサラッと言ってしまうのには、もしかすると理由があるのかもしれません。

コミュニケーションの齟齬は仕事や友人関係にも大きな影響を及ぼします。相手の気持ちがわからない人の特徴をチェックして、円滑な人間関係を築きましょう。

相手の気持ちがわからない人の特徴

自分に置き換える

相手の気持ちがわからない人は基本的に自分に置き換えて物事を考える傾向があります。自分なら出来るから、相手も乗り越えられる、という発言にも顕著に現れます。

本人は、自分が出来ないことは相手に求めていないと思っている節があり、すべてが自分基準です。

人はそれぞれ育ってきた環境や個々の性格があるにも関わらず、それを無視してコミュニケーションをとるので、相手を苛つかせます。

失敗・挫折をしたことがない

失敗や挫折を経験したことない人は相手の痛みがわかりません。

人生において失敗や挫折は成長させてくれ、同じような過ちをした人の気持ちを知ることができます。しかし、恵まれた環境にいる方や、もってうまれた才能がある方は相手の痛みが分からない性格的傾向になります。

恵まれた環境が決して自分の力でできたものではないと自覚しなければ、相手の気持ちがわからない人になりがちです。

物事を深く考えない

物事を深く考えないことが原因で、相手の気持ちがわからないことがあります。

物事を全て慎重に考えすぎることも疲れてしまいますし、深く考えない方が相手にとって救われることもあります。

しかし、「何事も時間が解決してくれる」では短絡的すぎます。深く考えないことが相手の気持ちがわからないまま傷つけることもあるでしょう。

発言や行動する前に一呼吸することは大事なことです。

他人事だと思っている

しょせん他人事と考えており、自分のことではないので何でも言えるし、そういう態度もとれます。「もし自分だったら…」と思えば慎重になるものです。

コミュニケーションが希薄になりがちな現代において、人とコミュニケーションを積極的にとろうという方が減ってきています。

もちろんSNSやLINEなどでのコミュニケーション量は増えつつあるものの、リアルなコミュニケーションが減ることで相手の表情などを見ることが少なくなっているのも原因の一つかもしれません。

もちろん相手は他人であることに変わりありませんが、人間は誰でも感情を持っていることを忘れないように気をつけましょう。

アスペルガー(自閉症スペクトラム)

アスペルガーとは、発達障害の一つであり、空気が読めない、強いこだわりを持ってしまう、相手の気持ちがわからない病気で、近年注目されています。

アスペルガー症候群の方は、コミュニケーションを取ること難しく、相手の発言のニュアンスや顔の表情、態度だけでは、相手の意図していることが分かりません。

実際に言葉にして怒鳴るところまで行かないと分からず、怒鳴ったり怒ったりすることでハッと気づきます。

アスペルガーは過去の辛い経験や思い出が原因で起こることで、虐待など心にキズを負った方が多いと言われています。

考え方・価値観が独特

世の中にはいろいろな人がいるもので、たまに「なんでそんな考え方をするの?」と驚くくらい独特な価値観を持った人がいます。

今まで人とは違ったものに多く触れてきたり、逆に人と触れてこなかったせいで、独特な考え方・価値観が広がってしまった人は、なかなか他人の気持ちが分からないところがあります。

人と違った趣味や嗜好を持つ人に多い傾向はあります。残念ながら、このように考え方・価値観が一般人と比べて逸脱している人は、多くの場でトラブルになりやすいものです。

あまのじゃくな性格

あまのじゃくな性格の人も、「なんで理解してくれないの?」とよく人と衝突してしまうところがあります。

あまのじゃくな性格の人は、ただ人の考え方や主張を否定したいだけなのです。人に同調することを嫌い、何でも反対方向の意見を言おうとする傾向があります。

そのため、相手が悲しんでいても、それに同意することはありません。喜んでいても、同じように喜ぶことはないでしょう。

このような「否定したがり」の性格の人は、一緒に話している人をイライラさせてしまうところが目立つものです。

もし周りにこのようなあまのじゃくな性格の人がいるなら、積極的にその人と話すのは避けた方が良いでしょう。

記事の著者

www.velotime.com.ua/product/comanche-ontario-sport-fs/