彼氏が嫉妬している時のサイン・対処法!めんどくさい時でもきちんと対応を

男性は表にはあまり出しませんが、意外と嫉妬深い生き物です。とはいえ、観察していると案外わかりやすく態度に出ていることも。

今回は、彼が嫉妬しているサインや言動への対処法について紹介します。

彼氏が嫉妬してると感じた場合にはぜひ参考にしてみてください。

彼氏が嫉妬している時のサイン7つ

1. 口数が少なくなったり無口になる

それまで普通に話していたのに、急に口数が減る時があります。

彼女から男友だちの話を聞いたり、他の男性と仲良く話している姿を見たなど、何かしらひっかかるポイントがあったのでしょう。

頭の中ではモヤモヤしていますが、男性は嫉妬する自分を恥ずかしいと思っている場合が多いので、とりあえず無口になることが多いようです。

聞いても理由を応えなかったらそれは嫉妬している証拠でしょう。

2. 他の女の子の話をする

これは、嫉妬させられたから同じように彼女にも嫉妬させようという心理です。男性にとっては、頑張って反撃しているつもり。

でも、彼女からしたら、嫉妬をあおられるというよりも、腹が立ってしまいます。

3. 詮索や束縛が強くなる

不安な気持ちを少しでも解消したい、そういう考えから自然といつもよりも、「何してる?」「誰と?」「今どこ?」などの詮索が多くなるのも嫉妬心が掻き立てられたせいです。

これが、束縛まで発展してしまうとすると、あなたは相当彼氏を心配させているということになります。

「好きだよ」という表現や言葉をもっと彼氏にかけてあげないと、付き合いが窮屈になってしまいます。

4. 態度が冷たくなる

いつもは優しい彼氏でも嫉妬をすると急に態度が冷たくなることも。

デートを早めに切り上げたり、手を繋いでくれなかったりとわりとあからさま。

嫉妬心がイライラに変わって、結果怒っているような冷たい態度になってしまいます。

いきなり何なの!?と思うかもしれませんが、自分の行動や会話で嫉妬させることがなかったか考えてみるほうがいいかもしれません。

5. 気持ちを何度も確かめてくる

もうひとつのタイプは、嫉妬から怒りではなく不安を感じてしまう男性。

彼らは大抵「俺の事どう思ってる?」などと急に聞いてきたり、気持ちを確かめようとするようです。

やっかいなのは、彼女が「好きだよ」と返しても信じないパターン。

疑心暗鬼になっているので彼女の言葉をそのまま受け取れません。

こうなるとあなたにできることは無いので、少しひとりで冷静になれる時間を作ってあげるのがベスト。

6. 遊びに行くのも気にするようになる

不安になると、彼女のスケジュールを管理したくなる男性も。

彼女の行動を知って自分の気持ちを落ち着かせようとしているのですが、度が過ぎると束縛でしかありません。

それに疲れてしまう女性も多いはず。信頼関係を構築することが一番ですね。

7. やたらベタベタしてくる

ベタベタしてきたり、体を触ろうとする場合は嫉妬を感じている場合が多いです。

他の男性に取られたくない、という心理から独占欲が原因。

いつも見ない彼の行動にドキッとしてしまうかもしれませんが、それはあなたを想ってというより彼のどうしようもない気持ちを解消したくてやっているだけ。

本当に想って欲しいなら、話をすることをおすすめします。

彼氏が嫉妬している時の対処法7つ

1. 子供扱いしない

嫉妬に関するトラブルの多くは、こちらが「大したことない」と思っていることを、向こうが「大したこと」と認識しているために生じるものです。

嫉妬される側からすればなんでこんなしょうもないことでイライラしているんだ?と疑問に思ってしまうことでしょう。

しかし、このように思ったからといって、相手を子供扱いをするのはよくありません。

相手としてはこちらに不満があるにも関わらず、まるで相手が悪いような言い方をしてしまうと、いい気持ちはしないものです。

2. 気持ちを受け止める

次に大事なのは、相手の気持ちを受け止めること。

例えば、相手がイライラしている時に「まぁそんなイライラしないでよ」となだめるような態度を取ると、相手としてはむしろ不満を持ってしまいます。

相手の感情を抑え込むような行動を取ることは、嫉妬された時の対処としてはあまり適切とは言えません。

それよりも大切なのは、相手の気持ちを受け止めること。

難しいのであれば、最初は会話の中で「でも」や「だって」をできる限り減らすことから始めるといいでしょう。

3. 肉体関係については潔白を

男性が浮気をされた時に許せないポイントとしては、相手が他の男性と肉体関係を結んだ場合です。

体の関係についてはしっかりと否定しておくことが重要になります。

4. 落としどころを決めておく

恋愛の場や嫉妬された時にケンカをした時の落としどころをきめておくことが非常に大切です。

相手に不満をぶつけ合ってもこじれ合う一方ですから、お互いに納得できる妥協点を見つけられるようにすることが大切になります。

5. 要求をきちんと伝える

先ほどは落としどころを決めると言いましたが、相手に都合のいい妥協点を決めてしまうとかえって逆効果。

ここは譲れない!という主張はきちんと伝えるようにして、その場しのぎの約束をしないように心がけましょう。

6. 話にはしっかりと付き合う

問題行動というのは、基本的には氷山の一角です。

例えば嫉妬でトラブルが起きたとしたら、それを引き金に今まであなたに持っていたけど言わなかった不満もぶちまけてくる可能性があります。

相手の話にしっかりと付き合うと、むしろお互いの仲が良くなるかもしれません。

7. 好きだと伝える

嫉妬する男性の多くは自分に自信がないもの。

「この人は本当は自分のことが好きではないのではないか?」と不安に思ってしまうため、嫉妬という形で束縛する可能性も考えられます。

こうした場合、あなたの気持ちをきちんと伝えることが大切です。

例えば、「あなたが思っているよりも、私はあなたが好きだよ」という風な形で安心感を与えてあげると、相手のイライラが収まる可能性も高くなるでしょう。

彼の嫉妬にうんざりしてしまったら


嫉妬に対する対応を誤ると、別れるどころかもっと大きな問題が起きてしまう可能性もあります。

トラブルが起きる前にしっかりとした対処が必要ですが、それでもあまりに嫉妬深かったり、対処法を試してみても全く効果がない場合もあるでしょう。

こういった問題は、あなたの行動や対処法ではなく彼自身がもともと嫉妬深い性格である場合が。このままではあなたの努力は伝わらないままなので、別の道を探すことも必要ですよ。

マッチングアプリで新しい恋愛をはじめる

マッチングアプリで次の恋のパートナーを探してみてはいかがでしょうか。

合コンやパーティは周りの目があるため恋活をしにくい場ですが、マッチングサービスを使えば周りに内緒で出会いを楽しむことができます。

マッチングアプリ「Pairs」はFacebookの本人認証を用いた安心安全のサービス。600万人以上と国内最大級のユーザー数から、その信頼度が伺えます。

Tags

ライター

на сайте

читать далее techno-centre.niko.ua