職場トラブル!お局が嫌がらせした時の対処法5つ

どこの職場にも、いわゆる「お局」と呼ばれるタイプの女性が存在します。

お局というと「気が強くてつまらない嫌がらせをして若手女性社員を困らせる年配の女性」というイメージを持っていると思います。おまけに勤続年数が長く職場の環境や人間関係を熟知しているのが厄介なところ。

今回は、そんなお局が嫌がらせをした時の対処法をご紹介します。

また、今の職場の人間関係に悩みたくない!という方は早めの転職をおすすめします。環境を変えれば解決するということもあるので、転職をする道も考えてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントでは、転職サイトには載っていないような情報も提供してくれるので、事前に雰囲気などの細かいところまで知ることができ、転職先での人間関係を考えながら選ぶことができます。

1. 割りきって受け流す

まず第1段階として「嫌がらせされている」という事を認識する事が大切です。

嫌がらせされている事を認識し割り切る事で、気持ちに余裕が生まれます。

逆に「嫌がらせされているかもしれない」という疑惑を持っている状態は、相手の一挙手一投足が気になって焦ってしまい相手の思うつぼ。 割り切る事でまずは冷静になる事が重要です。

2. された事を正確に記録する

次に大切な事は、お局にされた嫌がらせを細かくメモする事です。

ここでのポイントは、「いつ」「どこで」「誰に」「どのようにされたか」を具体的に記録する事。

より客観的な強い証拠として残すために、「その場に第3者として誰がいたのか」も合わせてメモしておく事をお勧めします。

3. 自分の仕事に集中する

第3の対処法として、あえて自分の仕事に没頭し集中する事です。

いちいちお局を相手にする事は時間と労力の無駄。
あなたの貴重な時間をお局に消費するのはもったいないですし、相手が反応しなくなると、お局は物足りなさを感じてあなたへの嫌がらせに飽きる可能性もあります。

また仕事に没頭する事で周囲からのあなたの評価も上がり、状況が好転するかもしれません。周りがあなたを評価する事で、お局が嫌がらせをしにくい状況を作るのです。

4. 相手を尊重する

人を攻撃することで自分が優位である事を誇示するお局には、あえて彼女達を積極的に尊重し認めにいく事も対処法の1つ。

例えば仕事でお局関わる場面があるとしたら、「さすがXXさんですね」や「私はまだ経験が浅いので、ぜひXXさんのお力をお借りしたいのですが」…などの彼女達が快感をおぼえる相談や言葉をかけ、認める姿勢を見せてみてください。逆に可愛がられるきっかけになるかもしれません。

5. 客観的な視点を持って上司に相談する

4まで実践してどうしても嫌がらせを止めてもらえない、またはこれ以上あなたが耐えられなくなった時は、この段階でようやく上司に相談です。

ポイントはより具体的で客観性をもった相談をする事。そこで2で紹介したメモや記録が役立つ時がきました。より具体的な内容は強い証拠としてきっとあなたの武器になります。

この事実を報告した上で、「お局の自分に対する行動がどのようにみえるのか」を冷静に上司に聞いてみてください。客観的な意見を求める事で、上司も真剣に対応してくれるはずです。

まとめ

職場はおそらく自宅よりも長く過ごす場所。快適で働きやすい環境の中で仕事ができる事が理想です。

どこの会社であっても人間関係のいざこざはあります。大切な事は、その中でも自分からを快適な労働環境を作り出そうとする事ではないでしょうか。

まずは自分の身は自分で守り、自分の居場所は自分で作り出すことが大切。転職をすることもその方法の1つです。

転職を考えている方は、リクルートエージェントを使うことをおすすめします。日本最大級の大手転職エージェントなので、実績ももちろん、サービスも充実しています。

まずはリクルートエージェントに登録して、さまざまな情報を集めてみてはいかがでしょうか。

Tags

ライター

www.nl.ua/ru/eilektrotovary/osveshchenie/prozhektora

www.maxformer.com