姑を嫌いになる理由:無理に関係を修復する必要はない!

「嫁vs姑」は永遠のテーマ。いくら旦那さんの母親とはいえ、姑・義母は他人なので、性格側なかったりすると、「姑なんて大嫌い」と思う人も少なからずいるでしょう。

しかし、夫の母親である以上、関係を完全に断ち切ってしまうわけにはいきません。では、どうやって付き合えばいいのでしょうか。

うざいから仕返しをしたいという考えを持つのは当然です。しかし、そのやり方で良い方向に解決するとは思えません。うざい姑に単に仕返しをするのではなく、もっとポジティブな方法で悩みを解決する方法を紹介します。

嫁が姑を嫌う理由

仕返し

嫁と姑のトラブルはつきもの。姑に嫌味や愚痴を言われたり、無視されてしまった。このようなことで、姑のことを嫌いになってしまった、という人は多いはず。

嫁が姑を嫌ういくつかの理由を紹介します。嫌なことが積み重なって爆発しないように、段階的に分析してみましょう。

嫌味を言うから

親くらいに年齢が離れていても女同士です。女同士は手や暴力がない分、ネチネチとした嫌がらせが出てくるのもよくあること。義理母も同様です。

相手がストレートに言ってくれば嫁としても言い返せるのに、そこに関しては義理母も、したたかという事なのでしょう。

後から考えると「あれって嫌味じゃない?」思うこと、結構あるはず。料理の味に始まり掃除、洗濯、買い物の仕方などなど、いちいち自分のしていたやり方と同じ様にやらせたがるのもいい加減にしてほしいところです。

愚痴が多い

ちょっとした揉め事も周囲にグチる義理母の性格が嫌いという方も多いです。

嫁がいない間に旦那に「嫁はスマホばっかりして掃除一つしないの」とか、ご近所さんに「いつも惣菜物ばっかり食卓に並べて息子が可愛そうで・・・」とか。

義理母は話を盛るタイプが多く、とにかくおおげさに伝えます。

旦那はともかく、ご近所さんは現場を見たワケでもありませんし、それほど嫁の方が近所と仲良い関係で人柄を分かってもらえてでもいない限り、当然、嫁は悪者になるしかありません。

自分のことをあからさまに無視する

嫌味をいうタイプ同様に徹底的にシカトする義理母も多いですね!嫌味を言われる方がまだマシと思う方も多いのでは?

何も言わない!目線さえ合わせない!徹底的に存在を消す行動はイラっときますよね。最初は必要以上に話さない程度でも、無視はドンドンひどくなることが多いです。

実家に遊びに行っても、嫁の分だけお茶を出さない、みんなの分、と言って持ってくるプレゼントに嫁の分の数はカウントしていない、などなど。

人を人とも思わないような、タチが悪い義理母の無視攻撃は嫌いになって当然です。

姑がうざいと思う瞬間

姑のことが嫌いすぎて!そんな風に思うのもうざいなと思う瞬間が積み重なってきたからではないでしょうか。子育てに口出しされた、おもてなしを全否定されたなど。どれもひどいものばかりです。

冷静にうざいなと思った瞬間を見返してみることによって解決策が少しでも見えてくるかもしれません。

作った料理をまずいと言って捨てられた

夫の実家に行った際に食事をご馳走になることが多いと、日頃の感謝の意味も込めてバーベキューなどパーティーを開いて義両親を招待する時がありますよね。

招待している側なので、食事の用意は夫婦側できちんと下準備をしておもてなしをしなければなりません。でも、せっかく作った食事に文句をいう姑には腹が立ちます!

理不尽な理由をつけて激怒される

姑の性格が、とても自我が強くてアクの強い人間だとお嫁さんが苦労する場合が多いです。

夫婦や買い物や旅行にいく先々で、監視するようにどこへも付いてこようとするし、合鍵を使ってピンポンやノックもせずに在宅中でも外出中でも時間もお構い無しにやって来る女性もいるそうです。

孫会いたさにアポなし訪問

お姑さんがお孫さんを溺愛するあまり頻繁に孫を売れてくるように要求するとか、しきりに電話をしてくるなどの干渉はよく聞きますが、むしろこっちの都合はお構いなしでアポなし訪問される方が困るというお嫁さんは多いのでは?

「すぐ帰るから」と孫への手土産を置いて、家には上がらずに帰ろうとするお姑さんもいるようですが、そのまま返すわけにもいかず結局はあげるしかなく、結局長居されることになるんだとか。

育児方針が合わない

ママには子供に社会のマナーを教える責任はありますが、お姑さんはそういった責任意識はありません。ただひたすら孫への愛情で行動してしまうのがお姑さんの困ったところ。

お小遣いのあげ方やお菓子、おもちゃなどの買い与え方、子供の教育の仕方などがお嫁さんの育児方針と全く違っていてトラブルになってしまうことも多いのですが、こういった育児方針は親であるお嫁さんが優先されるのが当然のことです。

孫を家に縛りつけようとする

経済の発展とともに家族の在り方は大きく変わり、現代は「家」ではなく「個人」の方が大事にされる世の中ですが、やっぱり昔ながらの「家」を大事にするお姑さんは多いですね。

これもお姑さんの考え方が古いだけで悪気はありません。しかし、自分の実家の方の両親と一緒にいる時にこういった態度をとられると逆にギクシャクしてしまいますよね。

考え方、価値観の違いを同じに近づける事ほど難しいことはありませんが、不可能ではありません。客観的に考えて義理母の考えの良いところを取り上げてみましょう。

嫌いな人の意見などは、どうしても嫌な所しか見えてきません。冷静になって今一度考え直してみる時間も大事です。

20年以上前の育児を押し付けてくる

孫をめぐる嫁姑問題で一番多いのは、姑が嫁の育児方法に口を出すために起きるトラブルです。

ましてや、姑の育児が古すぎて、現代では「やっちゃいけない」ことだったらなおのこと、我が子を守ろうと血がのぼってしまうのではないでしょうか。

しかし、お姑さんの育児は何十年も前に終わっていて、自分の育児を懐かしむしか方法がないのです。ここは我慢のしどころかもしれません。

姑が嫁を嫌いな理由

古今東西、姑と嫁は仲が悪くなりやすい傾向にあるようですね。インターネットには姑を「トメ」と呼んで、姑に対する愚痴を見るのも言うのが好きなご婦人であふれかえっています。姑の愚痴をブログに綴るひとも多いようです。

逆にどうして姑が嫁を嫌いになるのかを解明していきます。お互いがどのように思っているのかを知れば少しは解決へ近づけるはず。私だけがつらい、と考えがちですが、姑の意見も聞き入れることも時には大事です。

姑が求める理想の嫁像に当てはまっていない

「こんな嫁じゃ息子がかわいそう……」と言われた日には、こういうケース。

仕事をしているかしていないか、料理の腕はどうか、器量はいいか、働き者か、大事な息子の嫁としてふさわしいかどうか値踏みしたい気持ちも分かりますが、成人した息子の選択に主導権をもって介入する姑の存在はストレス扱いされてしまいます。

自分にない若さが妬ましい

嫉妬が原因による意地悪ほど厄介なものはありません。姑は嫉妬してる自分を悟られまいとして、目を光らせて血眼で嫁の欠点を探ります。

反抗したら「なんて非常識な!私は何もしていないのに!」となり、反抗しなければ「可愛い子ぶっていてムカつく。」と、どう頑張っても悪く言われます。

そして他人に同意を求めるのです。「あなたもそう思うでしょ!?」姑も味方作りに必死です。こうなったらひたすら反撃せず周囲に「嫁いびりされていること」を深く認知させて味方を作る以外ありません。

姑の常識や価値観の地域性が受け付けない

要するに価値観の相違です。都会の人が、一部の田舎の風習、古い日本的な思想を理解できないことが多い様子。

まだ仕事について理解がない世代もいることでしょう。仕事自体は推奨するが、家事に手間をかけられる専業主婦の感覚を押し付け、「楽ばかりしてズボラな嫁だ」と思う人も。

今と昔は違うから悪く言われるても仕方ないと、割り切ってしまうのも一つの方法です。うざい、死ね、と考えている時間ほど無駄な時間はありません。

自分の味方につかない

人の噂話ばかりする人とは、嫁姑でなくても一緒にいたくないものですね。特に姑の場合、自分の愚痴に同調させようとしてくるので厄介です。

ことあるごとに「私も悪い部分あったけどさ」と予防線を張っておきつつ「相手も~だと思わない?」などの同意を求めてきます。言い方は巧みですが、要は「お前は私の味方になってくれるか」という意味です。

ここで味方になってあげると後々楽ですし、自分のときも味方になってくれます。愚痴を聞くのが嫌でない人は、むしろ楽しいのかも知れません。上手に立ち回れるようであれば、立ち向かうのも手です。

姑が嫁いびりをする理由

姑による嫁いびりは、ドラマのテーマにもなるくらい、ポピュラーな問題ですよね。あからさまに無視されたり、味方を全部とられてしまうなど様々な嫁いびりが存在します。

大切に育ててきた息子がとられた、急に入ってきた他人を嫁だと思えないなど、嫁いびりをする理由にはさまざま。しっかり姑の考えを理解し、嫁いびり解消につなげましょう。

息子をとられたと思ってしまう

親にとって子供はいつまでも可愛いもの。特に母親にとって、息子はまるで小さな心の恋人のような存在で、大切に育ててきた宝物と言っても過言ではありません。

その息子を、いきなり知らない女に持っていかれてしまったら、寂しさや悔しさを感じてしまうこともあるでしょう。

息子の結婚は嬉しいけれど、嫁に自分の立場を奪われたような気持ちになり、つい嫁をいびってしまうわけです。

嫁を家族と思うことができない

長年、自分と配偶者、親、子供という形で家族として過ごしてきたところに、突然入り込むのが「嫁」という存在です。

家族として扱わないと・・・と頭では思っていても、本能的に受け入れることができません。血がつながらないうえに、様々な生活習慣が異なっていることもあり、どうしても「よそ者」という意識が抜けないんですね。

孫が生まれると、自分の息子の血をわけた存在ですから、可愛く思えますが、やっぱり嫁はよそ者としか思えないのです。

自分も昔いびられていたから

「私も同じような事をされてきたんだから!」こんなセリフ、ドラマでもよく聞きませんか?

自分が昔、姑にさんざんイジメられてきたためか、いざ自分が姑の立場に立つと、まるで仕返しのように嫁をいびり倒してしまうんですね。

しかしこれでは悪循環が無限に続きます。自分も姑に仕返ししたいという気持ちと同じなんだ、そう自分に言い聞かせて一歩引きましょう。はいはい、と聞き流すのが一番です。相手にしている時間がもったいない。

世代間ギャップを感じて

料理の味付けや掃除の仕方など、家事のやり方が世代によって違ってくるのは当然。昔の方が理に適っていることもあるし、反対に、今のやり方のほうが効率がいいことだってあります。

でも姑には、その「違い」を認められない人もいます。そのため、全部自分のやり方を押し付けてくるんですね。

世代によって、やり方にギャップがあることを認識してほしいものですが、なかなか簡単にはいきません。自分のやり方がこれだけ効率がいいんだということを地道に伝えていくようにするのが遠いようで一番の近道です。

姑とこじれた関係を修復するには

これまでお互いが嫌いだと思う理由、うざいと思うケースを紹介してきました。やはり、今と昔の価値観の違いなどが溝を深める大きな原因になってる場合が多いです。

ここで、仕返しや姑のいじめ方を学んでストレス発散するのも一つの手ですしかし、それで本当に解決するのでしょうか。

逆に姑の良いところを見つけたり、適度に距離を置いてみたりなどネガティブな方法以外にもさまざまあります。

姑を適度に褒める

姑が嫁に嫉妬して嫁いびりをするのは、自分の中の不安や恐怖感があるから。その不安を少しでも軽減させることで、だんだんと冷静さを取り戻してくれる可能性もあります。

「お義母さんってお料理本当に上手なんですね、私にはまねできないです。」そういった、大人の女性ならではの特性を見つけて褒めてあげるのです。

そうすると、姑自身も、自分の中にある「若さ以外のいいところ」を見つけて、自分への自信を取り戻してくれるでしょう。

適度に距離を置く

嫁としては、冷たくされると悲しくなるもの。しかし、あえて相手に「仲良くしましょうよ」とぶつかっていくと、反感を買ってしまうかもしれません。

むしろ「私の家族は夫と子供で、お姑さんとは別世帯だから」と開き直って、自分の家族を大切にすることを優先するのがよいでしょう。

姑の大切な息子である夫を大切にして見せることで、姑も安心して認めてくれるかもしれません。

姑を立てる

姑は、夫を生んでから結婚するまで、ずっと長い間見守ってきた存在です。いわば、誰よりも夫のことを知っている、一番の理解者でもあります。

嫁としては、姑を立てて、姑の力を借してもらおう!というくらいの気持ちで接するほうがいいでしょう。

「お義母さん、夫さんが・・・なんですけど、どうしたらいいんでしょうか?」そんな感じで、お姑さんに頼るお嫁さん、という構図を作れば、姑も悪い気はしないはずです。

直接言い返す

直接、義理母に伝えることが良い方向に転べば、話し合いを通して仲良くなることもできるかもしれません。

よほどタチが悪くなければ、または少しは良識のある義理母だった場合は、もしかしたらこちらが嫌味だと思っていることが義理母にとってはそんなつもりではなかった、ということも可能性としてはあり得ます。

育った環境が変わればそこから生まれた価値観も変わりますから、嫁にとって嫌味に聞こえることが、義理母にとっては自分が言われたとしてもなんともない、普通のことだった…という時は、話をすれば関係を改善できそうですよね。

逆に無視する

何をしても逆効果になるような面倒な義理母は無視することが対処法です。義理母の嫌がらせを一つ一つ気にしていては身が持ちません!受け流す技術を磨きましょう。

そしてこちらからも、そっちが無視するならコッチも無視しますよと態度で示しておけば良いでしょう。相手に仲良くするつもりがないなら、こちらが気にしていても仕方ありません。

同じように無視している分には、楽しくないかもしれませんが問題は起こりません。

受け流す

姑からあれこれ感情的な意見や言動にはついつい言い返したくなります。しかし、ここで感情的になってしまうと、後々もっと面倒なことになってしまいがちで、時間とエネルギーの無駄です。

こんな時は、「受け流す」ことが大事です。「ああ、また何か言ってるわ、独り言かしらね」ぐらいな気持ちで、さらっと受け流しましょう。

そんなあなたの態度にヒートアップしてきても、そういう時は何も反論せずに嵐が過ぎ去るのを静かに待つのが得策。姑は「こんな張り合いのない嫁はいない」とあきれるはず。姑にあきれてもらうのが、もっとも好ましいことなのです。

夫を味方につける

嫁姑問題は、女二人の間に立つ夫がカギを握っています。

嫁姑のトラブルが起こっても、「うまくやってよ」と逃げ出したり、姑の肩を持ってこちらを責めてくる夫は少なくありません。そうならないためにも、できるだけ早い段階で、姑問題に関して、夫にクギを刺しておくのです。

母親の味方をすると、家庭がどうなるのか。こちらに協力してくれないのであれば離婚もありえるということを夫に伝えておくべきです。

姑に相談がある時も夫を通します。夫を通じての相談なら、姑の意見に従う義務は発生しません。直接相談してしまうと、姑の言うとおりにしなければならなくなる可能性が高いからです。

子育てには口出しさせない

嫁姑問題の上位に上がるのが、「子育ての方針」でしょう。

孫かわいさのあまり、勝手にお菓子を与えたり、どんどんおもちゃを買ってきたり。いちいち育児に口出しされてイライラしている方も多いでしょう。

ここは子供の将来に関わってくる大事な部分ですので、しっかり対策を取らなければなりません。まず、夫としっかり話し合い、「子育ては100%夫婦で行う」ということを、夫にしっかり認識させることが大事です。そして姑に伝えましょう。

時々自分の存在をアピールする

苦手だからと言って、何もフォローしないのも後々の関係に響いてきますから、ポイントは押さえなくてはいけません。

普段の連絡はしなくても、母の日や誕生日には、「嫁セレクト」が分かるような贈り物をしたり、電話やメールで連絡をとって、「お義母さんのこと忘れてませんよ!」とアピールすることも大切です。

姑との同居を後悔する瞬間

夫から「頼む!」と言われ、しぶしぶ同居を許したものの、いざ同居が始まると、姑との確執が絶えず同居解消を望む人も多いのではないでしょうか。

もともとの家族のルールや生活習慣も違ったりすると、生活スタイルを変えざるを得なく、お互いぎくしゃくしやりしますよね。そこで今回は、色んな方の姑との同居を後悔した瞬間をご紹介します。

子育てに口をはさまれた時

義母は保育士歴30年。初孫の子育てにとてもうるさく、母親である私の行動は全否定。

「私は何百人と子供を見てきている!」と威張ってきて、何もかも自分が正しいという態度をとってきます。

このままだと子供を取られてしまいそうで怖い。(Bさん)

姑さんが保育士であったり、小児科のナースの方、先生など、子どもと接する時間が長い職業の方だと、「自分は」子どもの事をなんでも知っている」という自負が強い分、子育てについてお嫁さんに強く当たるみたい。

でも、なんでもかんでも子育てについて口を出してくるのは、やめてほしいですよね。

なんで結婚したのか詰めてくる

「なんで息子は、あんたなんかを選んだのか?」と、そもそもなんで結婚したのかを詰められると、同じ空間に居づらくなります。

逆になんでそれを結婚する前に言わずに今さら言ってくるのかが謎です。(Mさん)

結婚後にこういう風に詰められると、どんより暗い空気になりますよね。

何でも悪口を言う

私の両親のことや、作った料理について、いちいち悪口を言ってくるのに我慢出来なく、2年我慢した後、離婚しました。

毎日悪口を言われ続け、ストレスもたまってましたが、離婚したらスッキリしました。(Kさん)

チクチクと悪口を言われると、毎日少しずつストレスが溜まっていって、最悪、鬱になりかねません。

旦那さんに相談するなど、平和的に解決する方法を探してもダメだったら、Kさんのように離婚するのが良いかも。

日に日に干渉が増す

私がネットショップで買った物が届くと、いちいち何を買ったのか探られました。

姑がいる時に届くと、開封して中身を見たがり、こんなの買っただのあーだの文句をつける始末。(Aさん)

買った物を全部見られるのは嫌ですよね。家族とはいえ、プライバシーの部分はお互いちゃんと守りたいものです。

まとめ

ここまで、姑と嫁の関係について詳しく分析してきましたがいかがだったでしょうか。

嫁姑問題の解決は難しいです。しかし、視野を広くして、なぜ嫌いな瞬間があるかや嫁いびりを受けるのかを冷静に考え直すとストレスもだいぶ軽減します。

仕返しをすることもストレス発散に繋がりますが、それよりも自分にプラスになるやり方で関係をうまく立て直すことをおすすめします。

嫌いと思う場面や、同棲を後悔した瞬間を紹介したとおり、あなただけではなく多くの人が同じような境遇にいます。自分だけではないというのも念頭において、姑そして家族関係を大切にしていきましょう。

Tags

ライター

читайте здесь

на сайте ry-diplomer.com