なかなか踏み出せない…働くのが怖いときの対処法まとめ

これから新しく社会人になる人、あるいは今まで仕事をしてきた経験の中でトラブルがあった人にとっては、働くということが怖く感じるかもしれません。

職場では人間関係がつきものですから、人との付き合いが苦手な方にとっては、働く=怖いというイメージを抱いていることでしょう。

しかし、生きていくためには働いてお金を稼がないといけません。働くことが怖いと思っている方のために今回はその対処法を紹介します。

働くのが怖い理由の1つに、職場が合っていない可能性もあります。大手求人サイトのリクナビNEXTで自分に合った新しい職場を探してみるのもおすすめです。

まずは派遣やバイトで慣らす

働くことが怖いと思っているのなら、まずは派遣やバイトで慣らしてみるのも良いでしょう。

まずは1日だけ働いて、それがクリアできれば次は1週間働いてみて…と徐々にその期間を長くしていきましょう。

バイトや派遣はいつでも辞められるので、少しは気が楽になるはずです。

働くことが怖いというイメージを持っていた人は、実際に外に出てみるとそのイメージが変わっていく場合があります。

お金を稼ぐために働いている

働きたくないと思っていても、人はお金を稼がないと生きていくことができません。

働くことは辛くて、苦しくて怖いものだと思っていても、お金のために自分は働いているんだと割り切ってしまうと肩の荷が下りることもあります。

嫌なことがあっても、その先には楽しくてワクワクすることが待っているかもしれません。まずは行動を起こすことで、自分の人生を変えましょう。

良いイメージ像を作る

働くことに恐怖心を抱いているなら、いっそ固定概念を崩してしまいましょう。

もし自分が働いたら、その先にはどんな良いことが待っているでしょうか。

スポーツ選手でも試合前には良いイメージ像を作ると言いますが、実はこの行動には意味があるのです。

働いて億万長者になって…というような期待を膨らませることで良いイメージを作れば、働くことが怖いという感情がなくなっていく場合もあります。

何故働くのが怖いのか原因を考えてみる

何故働くのが怖いのか、根本的な原因を突き止めることによって、その仕事が怖いと感じる原因を取り除くことができます。

仕事で失敗することを恐れているのなら、あまり深刻に考える必要はありません。

失敗は成功の元といいますが、誰しも失敗はするものなので人間だから失敗するのは仕方ないと思ってみると、肩の荷も降りるでしょう。

まずは怖いと感じる原因をつきとめて、働くための第一ステップにしましょう。

専門家に相談してみよう

もし仕事に行こうとして、お腹が痛くなったり気分が悪くなったりして体に異常が現れるようなら一度専門家に受診してみることをおすすめします。

また仕事に行こうとすると緊張してしまってどうしようもないときは、精神科を受診してみて原因を知ることが大切です。

働くのが怖いときの対処法の1つとして、転職もあります。職場の雰囲気や人間関係が壊れると働くのが億劫になります。リクナビNEXTを利用して新しい転職先を探してみてはいかがでしょうか?

転職初心者の方でも簡単に登録でき、丁寧なサポートがつくのでとても安心です。

Tags

ライター

у нас

узнать больше