自炊するには、キッチンは広めが◎初めての一人暮らしで注意すべき事10

初めての一人暮らしをを考えたときに、新しい生活への期待と不安が入り混じっているのではないでしょうか。

周りからも「気をつけなさい」と言われることが多くても、どのようなことに気をつけたらいいのか、わからないことだらけなのではないでしょうか。

今回は、初めての一人暮らしで注意すべき事をご紹介します。

施錠する習慣をつける

セキュリティ対策は、独り暮らしを始める上で非常に大切です。外出する場合は、とにかく施錠する習慣をつけましょう。

また、見知らぬ訪問者に対して、安易にオートロックなどを開けないようにすることも大切です。

表札を出すとしても「苗字」のみ

一人暮らしであれば、表札やポストに自分の名前を出さないケースも少なくありません。

表札を出す場合は、防犯上の観点から、「苗字」のみに留めておくとよいでしょう。

引っ越しの挨拶は大家さんだけでいい

大家さんが近所に住んでいる場合、引っ越した後に挨拶に伺うこともあります。

しかし、隣人への挨拶は、防犯を考えると逆効果になるケースが目立つため、避けた方がいいでしょう。

女性の下着は「室内干し」が基本

女性が一人暮らしをしていると察知されると、不審者から狙われる危険性が高まります。

特定されないようにするためには、下着など「女性であること」を特定されやすい洗濯物は、室内干しをします。

駅との距離は「10分以内」を目安にする

とくに女性の場合、ヒールを履いて移動することが多いため、駅やバス停からあまりに遠いところは避けましょう。

ひとつの目安として「10分以内」を心がけると、体力的にも安心できます。

自炊するには、キッチンを広めにする

収納スペースや使いやすさなど、毎日の自炊をスムーズに行うためには、キッチンの構造はとても重要です。

自炊するのであれば、広めで使いやすいキッチンを選びましょう。

ゴミは「収集ギリギリの時間」に捨てる

できるだけ個人情報やゴミの物色を避けるため、「収集ギリギリの時間」に捨てるのがポイントです。

個人情報は塗りつぶしたり、女性とわかるゴミは外から見えないように捨てることも大切です。

朝寝坊しない工夫をする

一人暮らしを始めて意外に困るのが、「起こしてくれる人がいない」ことです。

朝寝坊しないように、目覚まし時計を複数用意したり、ベッドから離して置いたり、工夫するようにしましょう。

体調管理に気を付ける

生活が乱れると、体調を崩しやすくなりますが、一人暮らしの場合だと看病してくれる人が基本的にはいません。

食生活や睡眠時間など、体調を崩さないように日頃から気を配りましょう。

節約したお金の使い方を心がける

一人暮らしを始めると、生活費の感覚がつかみにくく、思わぬ出費をすることが少なくありません。

家計簿をつけるなど、お金を管理する習慣をつけておくと安心できます。

生活習慣で「当たり前」にしていくことが大切

初めての一人暮らしで注意すべき事は、ごしょうかいしたことだけでもたくさんあり、大変に思えるかもしれません。

けれども、生活習慣として「当たり前」になれば、意外と自然にできるようになるものです。

初めから完璧を求めるとストレスが溜まってしまいますので、まずは一つずつ生活習慣に組み込んで、自然にできるようにしていきましょう。

Tags

ライター

534.progressive.ua