もう限界!仕事に行こうとすると吐き気・頭痛がする人への処方箋

仕事に行きたくなくて吐き気がする、頭痛がするというのは、身体が悲鳴を上げているサインでもあります。

具体的な症状として吐き気・頭痛・腹痛がある場合、どのように対処するのがいいのでしょうか。

今回は、仕事に行きたくなくて体調不良に陥る理由と、体調不良に陥った場合の対処法についてご紹介します。

仕事に対するストレスからくる症状

仕事に対してストレスを感じていると、どのような症状が現れるのでしょうか?

ストレスで起こる体調不良の症状は人によってさまざまです。自分に当てはまるものがあるか考えてみましょう。

・吐き気
・頭痛
・腹痛や胃痛
・動機やめまい
・不眠

この中で日常的に現れる症状はありましたか?通勤中や仕事中に襲われる症状があれば、どんな原因からきているのか考えてみましょう。

体調不良の理由を特定する

仕事に行きたくなくて吐き気がする・頭痛がするということは、発生原因となることが必ずあるはずです。

その原因を抑えることで、正しい対処ができるかもしれません。しっかり自分の現状と向き合いましょう。

では、どのような理由から吐き気や頭痛などの体調不良に襲われるのでしょうか?

満員電車

毎日の通勤中にひどい動悸やめまいに襲われるという方がいるかもしれません。

これは仕事に向かうことに対する嫌悪感なのか、単に人の多い環境にストレスを感じているのか理解しておきましょう。

あまりにもひどい体調不良に襲われるようであれば、会社に勤務地の変更やフレックスタイム制の申請を行いましょう。

仕事自体に不満がなく、満員電車による原因であれば会社も理解を示してくれるかもしれません。

ノルマに対するプレッシャー

常に数字のつきまとう営業の仕事をしている方はノルマを思い浮かべるだけで、頭痛や胃痛に悩まされることがあるでしょう。

体調不良で仕事に影響が出れば、悪循環にしかなりません。ノルマと体調不良の両方に悩んでいるという方は、ノルマのない職種に異動希望を出すなどのアクションを起こしましょう。

あるいは事務や受付の仕事に転職するということも可能です。

リクルートグループが運営している大手派遣サイト「リクルートスタッフィング」では、業界トップの求人数を誇り、紹介予定派遣で正社員へのステップアップもあります。

上司に怒られる

理不尽な上司や、毎日のようにプレッシャーをかけてくる上司の顔を思い浮かべるだけで吐き気がするという人もいるでしょう。

部署の異動や、職場の変更を人事に相談してみるのも手です。症状が悪化する前に周囲の人に相談しましょう。

職場の人間関係が悪い

上記のように上司や先輩との関係が悪いだけではなく、周囲に相談する人もいないという可能性もあります。

同期や先輩に相談もできない状況ではストレスがたまるのは当然です、

職場環境に不満やストレスがある場合は、大手転職サイト「リクルートエージェント」でプロのコンサルタントに自分の希望職種や環境について相談してみましょう。

リクルートエージェントなら、掲載求人数はもちろん、丁寧なサポートサービスも付いてきます。無料で簡単に登録できるので、ぜひ利用してみてください。

仕事内容がつまらない

現在の仕事内容がつまらないと感じていて、ストレスにつながっている人もいるようです。

こちらの記事では仕事がつまらないと感じる理由と対処法について紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。→仕事がつまらないと思う原因と対処法:つまらなすぎて逆に辛い方へ

また現在の業界や職種を変更してみたいけど、何が自分に合っているのかわからない‥と感じている方も多いでしょう。

異業種への転職なら大手転職サイト「リクルートエージェント」がおすすめです。プロのアドバイザーがマンツーマンで転職先選びから面接対策までサポートしてくれるのでとても安心です。

仕事が原因で体調不良が起こる人の対処法

ノルマや職場の人間関係によるストレスの原因を紹介してきましたが、どのような対処法があるのでしょうか?

とにかく身体を休める

仕事に行きたくないと感じるということは、仕事によって大きなストレスに身体が晒されているということです。

ストレスが溜まっていることによって自律神経が乱れてしまい、結果として仕事に行こうとすると吐き気がしてしまいます。

それを改善するためには、とにかく身体から溜まりに溜まった疲労を抜くことを意識しましょう。

身体を休めることによって自律神経のはたらきを整え、吐き気を抑えることができます。

マッサージやストレッチをする

仕事に行きたくなくなるほどストレスを感じていると、肩や首などの血行が悪くなっていきます。

ストレスが原因となる血行障害は、頭痛やめまいなどを引き起こしますが、その症状には吐き気も含まれています。

肩こりなどがひどいと感じているようであれば、マッサージなどの身体をほぐす治療を受けることで吐き気が改善することがあります。

また、お風呂上りにストレッチをすることで、筋肉の緊張がほぐれて血行がよくなります。

物事を気楽に考えてみる

仕事でクライアントや上司からよく思われたい、完璧に仕事をこなしたいと思う人は、心因性の吐き気が出やすくなります。

その原因として、繊細でデリケートな一面も持ち合わせていることがマイナスに作用していることが挙げられます。

対処法としては、仕事に対してもっと気楽に考え、おおらかに受け止めるように変えていくとよいでしょう。

物事に対する考え方を変えるだけで、ストレスを感じにくくなり、吐き気がおさまることがあります。

医師の診察やカウンセリングを受ける

吐き気がするくらい仕事に行きたくないということを、誰にも相談できずに一人で抱え込んでしまわないようにしましょう。

具体的に体調に影響が出ているわけですから、医師の診察を受けたり、カウンセリングを受けたりするのも一つの方法です。

ストレスから深刻な病気になる可能性もあるため、適した薬を処方してもらうことで体調管理に努めましょう。

また、カウンセリングによって、意外な原因と対処法を教えてもらえることもあります。

転職を考える

上記でもご紹介したように、職場環境や職種はストレスの原因に直結することが多いようです。自分のライフスタイルや強みに合った職場・業種への転職を考えてみることも大切です。

ただ、今すぐに転職は考えていないという方も多いでしょう。しかし転職が必要になってから仕事を探すのではベストな選択にはたどり着けないでしょう。

まずは、大手転職サイト「リクルートエージェント」に登録して、今のうちから希望する他業種・他業界の情報収集をしておきましょう。

リクルートエージェントでは希望条件を登録しておくとオファーがくるので、今すぐに転職することが決まっていなくても様子を見ながら転職活動を進めることができます。

転職する時の注意点

現在の仕事から転職したとしても、現在の仕事の悪い部分が解消されていなければ転職する意味はありません。

そこで、現在の条件や環境としっかりと比較しながら転職活動を行いましょう。ではどのようなポイントに注目すればいいのでしょうか?

正社員か派遣社員か

まずは正社員として働くのか、派遣社員として働くのかを明確に決めておきましょう。

自分のライフステージにあわせて、子育てや介護を優先したい場合には融通のきく派遣社員として転職活動を行いましょう。

大手人材会社のリクルートが展開している派遣サイト「リクルートスタッフィング」では数多くの優良求人情報をチェックすることができます。

また派遣社員から正社員の昇進も可能な場合があるので自身の生活とバランスを取りながら働くことができます。

職種や仕事内容

経理事務、営業、システムなどで仕事内容はさまざまです。現在の仕事内容があっていないと感じたら、別の職種での転職活動を行いましょう。

また自身のスキルアップのため別の仕事にチャレンジしたいという方も、今後どのようなスキルをつけたいのかを明確にしてから仕事を探すようにしましょう。

勤務条件

勤務時間や給与制度など働く上で欠かせないポイントです。

現在の昇給スピードに不満がある方や、残業によるストレスで体調を崩した人もいるでしょう。

現在の職場よりも、条件・環境の良い会社を選ぶようにしましょう。しかし自分1人で調べることが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか?

大手転職サイト「リクルートエージェント」では業界に精通したアドバイザーが情報提供や面接対策を含めてきめ細やかなサポートをしてくれるので安心です。