首都圏だと7万円!一人暮らしにかかる家賃の相場・生活費まとめ

一人暮らしを始めたいけれど色々と出費が気になってしまう人は多いと思います。

実際のところ一人暮らしをする前にアパートを借りたり必要なものを買いそろえておかなければならないので、結構な費用が必要になります。

そんなあなたのために、今回は一人暮らしにかかる家賃の相場と出費を調査しました。

一人暮らしにかかる家賃の相場は?

有名不動産SUUMOによると20代の社会人が一人暮らしにかかる家賃は6万5723円という調査結果が出ました。

もちろん首都圏と地方では家賃の額に差が出ますが、例えば首都圏の場合ですと7万414円、関西ですと5万8705円、東海ですと5万4388円となります。

自分の収入と月にかかる家賃のバランスを見ながら借りる部屋を選ぶと良いです。

月収別!家賃の相場

月収の3分の1の価格の家賃に住むと良いと言われていますが、実際のところは結構カツカツの生活だったりします。

毎月余裕をもって過ごすには月収の4分の1を目安に部屋を借りると良いです。ちなみに月収別の家賃の相場をまとめましたので、参考にご覧ください。

・月収12~15万円(家賃4~5万円程度)
・月収15~20万円(家賃5~6万円)
・月収20~30万円(家賃6~8万円)

生活費はどのくらい?

実際に住むとなって気になるのが、毎月かかる生活費です。毎月支払う必要があるために、ここの生活費をいかに節約するかが大切になってきます。
そんな一人暮らしの生活費ですが、実際にどのくらいかかるのか調べてみました。

・光熱費(6000~13000円)
・食費(20000~25000円)
・通信費(11000円)

そのほかにも交際費や日用品など20000円ほどは必要になり、家賃と合わせると生活費は10数万円以上かかると言われています。

部屋選びで無駄を省け!

一人暮らしをするには無駄を省いて節約をすることが大切です。

こまめに電気を消したりして節約したりとすることも重要ですが、節約をするうえで一番効率が良いのは、安い家賃のアパートに住むことです。

良い部屋に住みたいと思うあまりに自分の収入額に見合っていないアパートに住んでしまうことがありますが、これは無駄なことにつながります。

一人暮らしにおいて注意してほしい出費まとめ

一人暮らしを始めると外食の機会が増えることと思います。しかし何度も外で食事をしているとその分食費も増えてしまいます。

また一人で暮らしているということで交際費もかかりがちです。交際費と食費をそれぞれ2万円で抑えて計画しながら過ごしておくのがおすすめ。

Tags

ライター

best personal lunch coolers

купить диплом

здесь all-dipllom.com