学費は100万円以上!大学生の一人暮らしにかかる費用・節約術を公開

大学生になると親元を離れて一人暮らしを始める人が増えはじめます。成人して大人になると、友達やサークルの付き合いの幅も広がります。
そうなると必然的に増えてくるのが交際費など生活に必要になるお金です。ここではそんな大学生の一人暮らしにかかる費用を知り、節約術を学んでいきたいと思います。

平均的な学費はどのくらい?

大学に進学するともちろん学費が必要になっていきます。アルバイトをして学費を払う人もいれば、奨学金を借りる人もいるもいます。

日本学生支援機構の全国平均で見ると、1,090,100円を学費として支払っています。

また学費は私立と国公立では価格に差が出ますが、まとまったお金が必要であることには変わりありません。

生活費はどのくらい必要?

毎月固定でかかる費用を計算してみると、以下のようになります。光熱費1万円、携帯代1万円、通信費5千円、日用品1万円ざっと見てもこのくらいの費用はかかります。

またこの費用以外にも交際費が必要になってきますがだいたい月に2万円ほどと言われています。

大学生の平均家賃は?

一人暮らしをするにあたって重要になってくるのが家賃です。高額な支払いになるというだけあって、部屋選びは大切になります。

大学生が利用する家賃の全国的な平均としては、月に55,000円と言われています。もし都内で部屋を借りるのであれば、管理費込みで6万円前後が良いです。

平均的なアルバイト代は?

生活費をまかなうためにアルバイトを始める学生も多いと思います。
事実親からの仕送りだけでまかなえるというケースも少ないですし、大学だと飲み会も頻繁にありますし、定期的に教科書を購入しなければなりません。
就職みらい研究室が大学生を対象に行った調査では、1ヶ月の平均的なアルバイト代としては2.99万円と言うことが分かりました。
学費をまかなうだけの収入には届いていませんが、アルバイトをすることで大学生の生活を支えていることが分かります。

節約の方法とは?

まず節約しやすいのが食費になります。
一人暮らしだと外出する機会も増えると思いますが、自炊をすることで食費も安く抑えることができます。

またその次の節約ポイントとしては家賃です。

もし大学に寮があるのであれば、寮を利用すると毎月支払う家賃も安くなって年で換算するとかなりの出費を抑えることができます。

またアルバイト先で住み込みが利用できるのであれば、住み込みで働きながらアルバイトをすると家賃の支払いがなくなるのでおススメです。
こういった住み込みのアルバイトは特にリゾート地で多いので狙い目です。

Tags

ライター

купить нарядное детское платье

посмотреть

узнать больше onlyyou.od.ua