余計行きにくくなる?!仕事を無断欠勤する理由とリスク

会社で無断欠勤をしている人を目にすることはないでしょうか。無断欠勤する理由は人それぞれかもしれませんが、たとえどんな理由があっても、快く思われることはありません。

今回は、無断欠勤する理由とリスクについて紹介します。

また、今の仕事に不満や悩みがある方は、転職を考えてみてはいかがでしょうか。リクルートエージェントなら抽象的なイメージしかなくても、ひとりひとりにつくアドバイザーの力でぴったりの仕事を見つけられるはずです。

無料で受けられるサービスも充実しているので、ぜひ検討してみてください。

休むことを連絡する気力が起きない

休むつもりはなく、当然無断欠勤するつもりもないといった場合でも、体がどうしても動かず、連絡することができない場合があります。

このような場合、無断欠勤したことを責められる前に、自分自信を責めてしまっていることが多いのです。

自分自身を責めてしまっている場合、たとえ周りがフォローしてくれても、段々と自分が許せなくなり、さらに無断欠勤をしてしまうことになりかねません。

少し時間を取って、自分自身を休めてあげましょう。ストレス発散に、マッサージやエステに行ってみても良いかもしれません。

起きたら会社が終わっている時間だった

朝方まで起きていて、少し仮眠をするつもりが、すっかり寝入ってしまったという経験はありませんか?

こういった場合、ストレスによる睡眠障害だったり、不摂生だったりします。たとえ睡眠障害であったとしても無断欠勤をしてしまうと悪いイメージを与え、信頼を失うことにもなります。

しかし、睡眠障害によって引き起こされたものである場合、放っておくと働けなくなってしまうかもしれません。

まずは、会社に報告し、医者に診てもらいましょう。また、日ごろの不摂生も放っておくと常態化してしまう恐れがあります。

そのうち、会社に行くことが億劫になり、会社を辞めてしまう事態になりかねません。早めの対処が必要です。

大きな失敗をしてしまった

大きな失敗をしてしまった場合、どのような顔をして会社に行けばいいか分からないという気持ちになります。

会社の人に顔向けできないといった理由で無断欠勤してしまう場合がほとんどではないでしょうか。

失敗を気にして無断欠勤した場合、次に失敗した時も同じことを繰り返してしまう恐れがあります。

失敗だけでなく、仕事で何か大きな壁にぶつかった場合も、同じように無断欠勤してしまう可能性があるのではないでしょうか。

嫌なことがあったら逃げてしまうことが癖になってしまうと、たとえ会社が変わっても同じことを繰り返してしまう可能性があります。

またエスカレートすると、失敗を恐れて働くこと自体ができなくなってしまうことも。

人間関係のトラブルで理由を言いづらい

人間関係のトラブルとして、職場の人と性格が合わない、あるいはイジメや恋愛などが挙げられます。

人間関係がこじれると、会社に行きづらくなり、連絡する気力も起きなくなってしまうのではないでしょうか。

どんな会社であっても、必ず人間関係は付きまといます。人間関係がこじれたせいで会社を無断欠勤することが癖になってしまうと、どこの会社に行っても通用しないことになるのです。

そうなってしまうと、働くこと自体ができなくなるだけでなく、普段の生活でも人と関わることができなくなってしまう恐れがあります。

まとめ

さまざまな原因で、会社に連絡をせずに休んでしまうことがありますが、なかでも心配なのが、精神的に病んでしまっているときです。

人間関係や仕事の向き不向きで思い悩んでいる方は、思い切って転職をしてしまってもいいかもしれません。

転職するなら、リクルートエージェントはプロのキャリアアドバイザーと面談しながら転職先を探せるので、自分の選択に自信がない人や、初めての方にもぴったりです。

また、職場の雰囲気などの細かい情報まで提供してくれるので、自分と合った職場も探しやすくなっています。

無料で登録できるので、少し転職を考えている方はぜひ登録してみてください。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る

nissan

poliv.ua

medicaments-24.com