子なし夫婦は増えてる?その割合とメリット・デメリット

子供のいない夫婦って、自分の時間を大切にしていて、何だか若く見える人が多いような気がしませんか?羨ましいと感じている人も多いはずです。

あなたの周りにも、子供をつくらない夫婦は沢山いると思います。もしかしたら、あなた自身「子供はいらない」と考えているかもしれません。

そういった子なしの夫婦は年々増加傾向にありますが、実際に子供のいない夫婦の割合、子供を作らないメリット、デメリットを紹介していきます。

もしあなたが、子どもはいらないから結婚もしないとあきらめてしまっていたら、それはもったいないことです。同じように考えている人もいるでしょう。

まだ相手がいないという人は、同じような価値観を持った相手を探してみてはいかがでしょうか。

ゼクシィ縁結びではお見合いコンシェルジュが間に立って婚活のサポートをしてくれます。個人情報が直接相手に伝わらないので、安心して利用することができますよ。

子なし夫婦の割合

子なし夫婦の割合を年齢別に紹介していきます。

20代の子なし夫婦の割合は約3割ほど。30代の子なし夫婦になるとその割合はどんどん低下していき、40代子なし夫婦になると1割弱ほどに下がります。

子供を持たない夫婦に関して、30代以上の既婚または未婚の男女を対象にした調査によると、およそ50%弱の人々が「将来子供は欲しくない」と回答。

「年齢的な問題」で諦めてしまったり、「仕事や趣味が忙しく子育ての時間が取れない」、「金銭的な問題」というような理由が挙げられました。

20代の夫婦や未婚の男女の場合だと、子供はいらないという考えは少数派です。若い世代は子供が欲しい、30代以上は子供を作らなくても良いと考えている人が約半数いることがわかりました。

子なし夫婦のメリット

ここでは、子供を持たない夫婦のメリットを紹介していきます。子供がいなければ2人の時間を大切にできるため、ラブラブな時間が長くなり、若さを保てます。

また、金銭的な面でも余裕ができていきます。詳しくみていきましょう。

好きなことに打ち込める

男女平等が求められる現代でも、子育ての主役は女性であることが多いです。心身ともに疲れが溜まっていく育児は、仕事との両立が難しいもの。

子どもがいる家庭では駅までの送り迎いや宿題の手伝い、部活動の準備など夜もバタバタでなかなか自分の時間を作るのは難しいです。特に兄弟や姉妹の場合はなおさら自分の時間は無くなるでしょう。

時間に融通が利かないため、仕事で責任のあるプロジェクトを任されなかったり、出世する夢を諦めることだってあります。子供がいなければ、心置きなく思いっきり仕事に打ち込むことが出来るのです。

また、出産や子育てによって仕事にブランクを作る心配もありません。仕事に集中できるので、経験を積んだりスキルアップすることができます。

金銭的な余裕がある

専業主婦の場合でも、子供の為にお金を使うことがないため、金銭的な余裕があります。夫婦共働きであればなおの事、独身時代のような生活を維持できるでしょう。

子供が就職するまで子育てにかかる平均的な費用は、なんと1,640万円です。私立の大学に進学したり、海外に留学したりすると、どんどん膨れ上がります。貯金額に余裕がでれば夫婦間のいざこざも少なくなるでしょう。

子供がいる家庭では、金銭的なゆとりはほとんどありません。今、子なし税金を導入するという話も出ていますが、基本的には増税されない以上金銭的余裕は大きなメリットになります。

若々しく綺麗でいられる

実際に子供がいる方は痛いほど実感されていると思いますが、自分の身なりに構っていられないのが子育て。綺麗に着飾っても子供に汚されてしまうし、動きやすい格好でなければ家事が捗りません。

また、常に時間や節約との闘いでもあるため、自分にかけられる時間やお金は限られてきます。子供がいなければ、独身時代と変わらず自分に時間とお金を注ぎ込むことが出来るのです。

時間を気にせずにできるので、休日は新しいメイクやヘアアレンジにチャレンジする楽しみもありますし、最新のコスメなども試すことができるでしょう。

子どもを持つと忙しく、家事をするだけでも一苦労です。子どもを持たない夫婦なら、時間のかかる手の込んだ料理を、一緒に作ることもできます。

面倒な人間関係が少ない

子どもを持つと、家事や育児を協力しない夫にイライラしたり、ママ友などのトラブルが多いです。

その他にも、学校の先生とコミュニケーションを取らなくてはいけませんが、子どもがいない夫婦の場合、そのような面倒な人間関係に巻き込まれる心配はありません。

面倒な人間関係は離婚の原因になる可能性もありますし、ストレスが溜まることでもあります。

子どもを持たない場合、そのような問題から回避することができるので、子どものいる夫婦に比べ、ストレスフリーな夫婦生活を送れるでしょう。

いつまでもラブラブでいられる

お互いがどれだけ深く愛し合って結婚しても、子供が出来ると子供中心の生活に変化するもの。

夫には「パパ」として接し、妻には「ママ」として接するようになるので、ラブラブするような間柄ではなくなってしまいます。

育児に疲れ、また子供がいることで集中力もなくなるため、愛し合う時間は満足に取れません。子供がいない夫婦は、お互いを男と女として意識し合えるので、ずっとラブラブ、仲良しでいられます。

価値観や自分の性格に合った相手を見つけることがラブラブでいられる鍵です。ゼクシィ縁結びカウンターを利用すれば、専任のコンシェルジュが自分にぴったりの相手を見つけて、結婚までサポートしてくれます。

本気で婚活をしたい人ばかりが集まっているので、自分に合った良い人が必ず見つかるはずです。

子なし夫婦のデメリット

メリットがあればデメリットもあります。やはり、子供がいないとなると寂しくなるものです。

老後の寂しさを埋めるものはなかなか見つかりません。難しい問題です。

子持ちの友人や親族の輪に入れない

家庭を持っている人のほうが多く、親戚や友人が集まると、どうしても話題は子供のことになりがちです。子供の進学について、子供が成人したことについて、結婚について、など、話題は次から次へと途絶えることはないと思います。

子なし夫婦は、そのような話題で盛り上がったりする親戚や友人の横で黙って話を聞いているしかありません。

子供が欲しかったのに出来なかった夫婦については、そのような話題を聞くたびに、悲しく辛い気持ちになるかもしれません。

老後の寂しさ

子供がいる夫婦は、手塩にかけて育てたわが子が親孝行をしてくれる年になると、幸せで胸がいっぱいになります。自分が身体を壊しても、心配して看病してくれる子供がいれば安心です。

孫が出来れば、みんなで遊びに行く楽しみも出来ます。しかし、子供かいない夫婦は当然老後も二人きりです。身体を壊しても、相手しか頼る人がいないし、お金が底を尽きないように常に心配しなければなりません。

また、相手に先立たれてしまったら、その後は孤独の中で生きていくことになります。仲良く親子3代で遊ぶ家族を見て、「子供を作っておけば良かったな」と思っても、時すでに遅し。

将来寂しさを覚えることになるかもしれない事は、充分理解しておきましょう。

老後資金、老後サポート

子供のいない夫婦は老後に困る事が増えてきます。子供がいなければ、老後にサポートしてくれる人がいなくなるわけです。

老後働けなくなり、老後資金を子供に頼むことができません。

さらに、老後に介護が必要となったとき、子供にサポートしてもらうことができません。介護施設などはありますが、またそのお金がかかってしまいます。

老後前にある程度貯金をして自分たちで生きていけるくらいの金銭的余裕を持っておけば安心です。

おわりに

子なし夫婦には、メリットもデメリットもありますので、結婚前に相手としっかり話し合っておくことが大切です。

まだ相手がいないというあなたは、まずは行動を起こしましょう。しかし、出会いを探したいけど、街コンや結婚相談所に行く時間や余裕がないという人もいるのはないでしょうか。

忙しくて自分の時間がとりにくい方には、ネット婚活のゼクシィ縁結びをおすすめします。コーディネーターと話し合いながら自分のペースで婚活を進めることができるので、仕事と婚活をしっかり両立させることができます。

利用者の間では、本気で活動している会員が多く期待できるとの声もあがっているので、きっと価値観を共有できる人とめぐり合えるでしょう。

記事の著者

夫婦生活の悩みをもっと見る

https://mitsubishi.niko.ua

там biceps-ua.com

здесь