できる事をまずやる!先輩・上司が仕事を教えてくれない時の5つの対処法

会社で仕事を教えてくれない先輩や上司がいる場合、どのように対処したらよいのでしょうか。すべての会社に、親切な先輩や上司がいる訳ではありません。また、自分の部署にそういった人がいないこともあるはずです。

今回は、先輩や上司が仕事を教えてくれない時の対処法について紹介します。

また、上司が育っていない会社は今後の成長もあまり見込めません。自分のスキルアップのためにも、転職をするのもいいでしょう。

転職を考えている方は、リクルートエージェントにまず登録しましょう。大手のエージェントサービスなので、求人数が多く、理想の職場を見つけられるはずです。ぜひ利用してみてください。

周りをよく観察する

「仕事は目で覚える」という言葉がありますが、まずは周りがどのような仕事をしているか観察することから始めてみましょう。

今の世の中に合わない考え方かもしれませんが、仕事を覚える上で、これほど役に立つことはないかもしれません。

常に他の人が何をしているのか、特に仕事ができる人を観察すれば、きっと自分にも役立つことがあるのではないでしょうか。

周りを観察することで、仕事の流れやつながりが見えてくることもあるはずです。

自分ができそうな仕事を見つける

自分ができそうな仕事を見つけてみるのも良いかもしれません。

仕事は探せば至る所にあるはずで、その中から自分にできそうな仕事を探してみてはいかがでしょうか。

ただ、勝手に触ってはいけないこともあるので、必ず先輩などに確認してからするようにしましょう。

実はこの確認が大切です。

そうやって先輩や上司などとコミュニケーションを図っていけば、自分のことを知ってもらう機会となり、仕事を教えてもらう機会も作ることが出来るはずです。

自分から先輩や上司に質問する

自分から何かできることはないか先輩や上司に聞いてみましょう。

ただ、先輩や上司が忙しそうにしている時に話しかけると、煩わしいと思われることになるので注意する必要があります。

先輩や上司の仕事が一段落付いた頃に自分にできることについて聞いてみるのも良いかもしれません。

そうすれば、先輩や上司から「この時にはこうして欲しい」、あるいは「これを手伝ってくれると助かる」などいわれるはずです。

大抵の人は、手助けしてくれると仕事がはかどると思っているはずです。

権限が高い上司に相談してみる

権限の高い上司は、人を管理することも要求されます。

ですので、自分の先輩や直属の上司が仕事を教えてくれなくて困っていると伝えれば、必ず何らかの指示が出るはずです。

ただ、あまり権限の高い上司に相談すると、先輩や直属の上司からの印象が悪くなるので、慎重になって行動した方がよいでしょう。

マニュアルや資料を探す

会社によっては、忙しくて教えるゆとりがない場合もあります。そこで、仕事のマニュアルや過去の資料を見ることで、仕事の流れを把握することをしてみてはいかがでしょうか。

その業務に関するマニュアルや過去の資料は、仕事を理解する上で、教科書となってくれるはずです。ある程度理解した上で、先輩や上司に自分にできることはないか聞いてみましょう。

その時に仕事を理解しているのであれば、きっと先輩や上司も仕事を振ってくれるはずです。また、疑問点があっても自分の仕事にプラスになると判断できるのであれば、きっと丁寧に仕事を教えてくれることでしょう。

まとめ

企業によって教育の仕方は異なりますが、手取り足取り教えないにしろ、どんな職場でも今後の企業の成長のためにはしっかりと部下を育てる必要があります。

それを怠っている上司がいるようでは、あなたはおろか、企業の発展も見込めないでしょう。そういった職場だと感じた方は、早めの転職をおすすめします。

転職にはリクルートエージェントという転職サービスが便利です。自分で検索するのではなく、プロとの面談を通してあなたに適した企業を紹介してくれます。

初めてで何もわからないという方は、しっかりしたサポート体制のあるリクルートエージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

Tags

ライター

www.gefest-sv.kiev.ua

www.karter-kiev.net/zaschity-kartera/lexus-60.html