何をやってもダメ…上司と合わない時の対処法7つ

せっかく入社した会社で仕事を頑張ろうとしても、上司と合わないと職場に行くのも辛いもの。望んで入った会社なのに、すぐ退職してしまうのは悔しいですよね。

そこで今回はどうしても上司と合わない時の対処法を7つご紹介致しますので、参考にしてみてください。

また、リクルートエージェントという転職サービスを利用すれば、今よりも働きやすい環境を見つけられるかもしれません。プロのアドバイスで、よりあなたに合った職場が見つけやすくなります!

長いこと合わない職場に勤め続けるのは無意味だと感じる方も少なくありません。ぜひ早めに、次の企業を探してみてはいかがでしょうか。

1. 上司のことを褒めている人と話してみる

もしかすると上司が嫌だと感じているのは自分だけかもしれません。同僚に自分の上司を褒めている人はいませんか?

どんなところが良いのか聞いてみれば、また違った角度で上司を見られるかもしれません。

2. 上司を同じ態度をとらない

何もミスをしていなくとも、何かしらぐちぐちと叱る上司はどこの会社にもいます。このような上司に当たってしまったら自分もイライラして言い返したいと思うことでしょう。

しかし同じ態度で接してしまえば状況はもっと悪化してしまう可能性が高く、良いことはありません。理不尽な上司には「この人は怒りっぽいからいつでも怒っているんだ」と逆に包容してあげるくらいの気持ちで接しましょう。

3. 一定の距離を置く

合わない人間とは出来るだけ距離を置きたいと考えるのが人間の性です。しかし上司と部下という関係では距離は置けません。あえて丁寧な態度で接してみましょう。

社外の人間のようにとはいかなくとも一定の距離感を置くことが出来ます。

4. 自分を振り返ってみる

上司の嫌なとこばかり目について、合わないと決めつけていませんか?上司も自分との関係に悩んでいる可能性があるかもしれません。

相手を変えるのは難しくとも、自分が変わるのは自助努力で可能かもしれません。上司に取って自分が不快な言動をしていないかを考え、もし思い当たるところがあれば自分を変えてしまった方がストレスは少ないです。

5. ストレスの発散場所を確保する

上司がどうしても合わなければ、会社の外でストレス発散場所を確保しましょう。会社では上司に会ってしまうけれども会社を離れてストレスがなくなれば、仕事を頑張ることが出来ますよね。

休みの日を使って旅行にでかけてみたり、趣味に没頭するのも良いでしょう。スポーツジムに通って体を動かすのも、非常に効果の高いストレス発散方法と言われています。

6. 上司の良い所を見つけてみる

一度嫌なところをみてしまうと、どうしても合わないと考えてしまうのは当たり前のことです。ですが嫌なところを考えていると、その人の良い所は一切見えなくなってしまいます。

嫌なところばかり目についてしまっているだけで、実は良い所を見逃しているかもしれません。上司と合わないことは一度横に置いて、「素敵だと思うところ」を見つけてみましょう。

7. お金を稼ぐ為と割り切る

これを言ってはおしまい!と思うかもしれませんが、割り切りは心の安定を保つ為に重要です。職場は仲良しサークルではありません。

上司が合わなくても給料の為と割り切って、黙々と仕事をこなすという手もあります。

まとめ

上司と合わない場合の対処法、いかがでしたか?一度就職した会社というのは簡単に退職するわけにもいきませんし、上司を変えてほしいとは言えないですよね。

少しだけ上司への見方を変えてみれば、今までの悩みを一気に解決するきっかけが掴めるかもしれません。

また、いつまでも我慢し続けず、転職してしまうのも1つの手です。リクルートエージェントなら働きながらも次の転職先を見つけられるサポートが充実しているので、忙しい方にもおすすめです。

人間関係のストレスを溜め込む前に、まずはプロに相談してみてはいかがでしょうか。

Tags

ライター

подробнее

купить диплом

www.best-products.reviews/clean-home-every-day-top-20-excellent-vacuum-cleaners-for-you/