こんな会社はヤバイ!残業が多い会社を見抜く5つの方法

毎日深夜まで仕事でプライベートの時間なしという残業の多い会社にお勤めの方は、精神的にも疲れ切ってしまい、モチベーションも下がる一方です。

残業の多い会社を見抜くにはどうすればいいのでしょうか。面接で行った際の社員の様子や外から見える会社の様子を観察してみましょう。

現在残業が多くて転職したいと考えている人でも転職先がブラック企業なら元も子もありません。求人サイトリクルートエージェントなら、大手企業リクルートが運営しているため条件の整った転職先が揃っています。

1. 社員数が少ない

リストラや雇い止め、定年が近い人が多く、次第に人員が減った会社では、今までと同じ仕事量を残った社員でこなすことになります。

当然、人手不足を残業という形で補うことになります。

そういう会社は若い人にすぐに役職をつけて、残業代がつかない役職者にしてしまい、残業を沢山させます。

2. 仕事が雑

仕事が雑で抜けが多いので、同じ仕事に何人も同じように関わることになります。

すると、当然のこととして一つの仕事に時間がかかり、残業をしてしまいます。

的確に対話が進まないようなら、仕事の先読みが出来ない人が多いので、こうした会社は要注意です。

3. 残業を美徳としている会社

日本には残業をする事が正しい事であり、残業をしたくない事が悪であるという風習が残っています。

また、終業時間がきても、上司が仕事をしていると帰れないという状況がよく聞かれます。

残業をする事自体を当たり前と考える方が年配者に多く、必然的に会社の上のほうは残業が当たり前という考えを持つことになります。

そのため、残業をしたくない側の人は理解を得られる事が少なく、仕事がなくても残業する人も多いようです。

でも、こうした考え方をしている会社ははっきり言って時代遅れで、残業する人は仕事ができない人と判断する会社も増えてきています。

時代の変化についていけない会社はこれから先がないので、早めに転職をお勧めします。

4. 労働環境が整っているか

面接などにいって、会社全体や事務所がきちんとしていて、労働環境が整っているかを見る必要があります。

残業が続いている会社に勤めている人が多い会社は、社員の人が疲れ切っているので行ったときによく観察してみましょう。

5. 夜遅くまで会社に明かりがついているか

就業時間が過ぎても仕事をしている社員が多くいる会社は、外から見ると社内に明かりが沢山ついています。

夜になって外から見てみる必要があります。

また、車通勤の会社なら、従業員駐車場に多く車が残っているので、確認する必要があります。

まとめ

入社前にネットでブラック企業に名前が入っていないかどうかと自分の目でしっかり確認する必要があります。

若いうちはたくさんの残業をしても大丈夫ですが、長く勤めるなら、労働環境がしっかり整っている会社で、モチベーションを上げて仕事をしていきたいものです。

現在、残業のないホワイトな企業へ転職したいと考えている方には、リクルートエージェントがおすすめです。自分に合った条件はもちろん、丁寧なサポートもあるので転職先選びに失敗しません。

Tags

read more

источник

ссылка