合言葉は「お子さんいくつ?」人見知りでも出来るママ友の作り方

友達を作るのが苦手、ママ友が欲しいけどどうやって作ったらいいか分からない…いざママ友を作ろうとしても悩んでしまうかもしれません。

そんな方達のためにママ友の作り方やどんな言動をすると良いのかをまとめてみました。

ママ友はどこで作るの?

支援センターや図書館、地域の親子イベント、予防接種や検診などの病院の待合室、公園…などでしょうか。

最近では子育て関連の交流サイトやFacebookなどのSNSでもママ友を作ることが出来ます。
対面で話すのことに緊張してしまう人見知りなママはまずはSNSを利用するのもオススメです。

公園へ向かう道やスーパーへ子供を連れて歩いていると同じような子供の年齢の子連れママから「こんにちは。何ヵ月ですか?」「帽子が可愛いですね。」などと話しかけられることがよくあります。

ちょっと例外かもしませんが、道端や近所のスーパーでもママ友を作るきっかけはたくさんあります。

合言葉は…

「お子さん何ヵ月(何歳)ですか?」

ママ友を作りたくてもなんと話しかけていいものか考えてしまいますよね。

悩んだらまずは「お子さん何ヵ月(何歳)ですか?」です!
これはママ友作りの合言葉みたいなものです。
最初の声かけはとりあえずこの一言でOK!

まずは勇気を出してこの合言葉を言ってみて下さい。

それでも声がかけずらい時は

ママ友は欲しいけど、どうしても声がかけずらいなら笑顔で会釈するだけでも充分です。
そうすると相手から「こんにちは!」と声をかけてくれることも!

また、ママさんに話しかけるのではなくお子さんに話しかけるのも1つの手段です。
お子さんに話しかけることで、ママ同士で会話が始まることもあります。

どんな会話をしたら良いの?

そう難しく考える必要はありません!

「こんな時どうしてる?」と育児の不安や疑問を話題にしてみてください。
「私は○○をしている。」「うちは○○を使っていてオススメ!」などと自然と会話も弾んできます。

同じくらいの月齢や年齢の子供のママなら欲しい情報が似ているので、育児の疑問や悩み、役立つ育児グッズなどの情報交換をするくらいの軽い気持ちで会話を始めてみて下さい。

最後に

ちょっと大袈裟かもしれませんが、ママ友は実は自分の1番の理解者になりうる存在と言っても過言ではありません。
同じ経験をしているママ友は時として身内よりも強い味方です。

しかし気負って無理に作ったり子供のためだと無理に付き合う必要は決してありません。
でも自分自身が無理せずちょうど良い距離感を保ちながら付き合えるママ友さんを作ると育児がきっとさらに楽しくなりますよ。

子供が大きくなっても付き合える、そんな関係が築けたら素敵ですね♡

Tags

ライター

別れさせ屋

mitsubishi l200 цена