幼稚園教諭の結婚事情:出会うのは子どもと保護者ばかり!

記事の著者:Kanako

優しそう、家庭ができても子育ては安心、といったイメージから男性からの人気が高い幼稚園教諭。しかし、幼稚園教諭は仕事で出会うのは園児とその保護者ばかりで、同僚も9割が女性。

幼稚園教諭の中には世間のイメージと実際のギャップに苦しむ方も少なくありません。今回は、幼稚園の先生をしている女性に多い特徴や職業の性質を見ていきましょう。

出会いに悩む人は人気の婚活サービスを利用して結婚相手を探してみるのもいいかもしれません。

幼稚園の先生の性格の特徴

実は気の強いリーダータイプ?

幼稚園は満3歳以上のこどもを預かり教育する場。やんちゃ盛りであるこどもたちをまとめ、ひらがなや歌を教えることはとても大変なこと。統率をとるためには優しく接するばかりではいけません。

時に厳しく、時には声をはりあげ、こどもの注目を集められるようにする工夫が必要。またリーダータイプでみんなを引っ張っていくことが重要な仕事でもあるのです。そのため、一般的にはいつもやさしいイメージのある幼稚園の先生も、本当はとても芯が強く、時にはコワい一面も持っているということは十分にあります。

幼稚園の先生というと、家庭的=奥ゆかしいとイメージしている男性も多いようですが、実はぐいぐい引っ張っていくリーダータイプの女性も多いようです。

責任感が強い

幼稚園は午前中で終わる日も多いため業務時間が短いと思われがちですが、教育課程の作成や行事の準備など、一日中働かなければいけない日が多いのが実際のところ。また、サービス残業をすることも。

保育園と比べてこどもの人数が多いのに、スタッフの数は少ないため、その分ひとりひとりの責任も重くなっています。またそれぞれの保護者対応にも時間がかかり、とても忙しい職種の一つ。

そのため実際に結婚生活に入ると思った以上に家庭に時間を割くことができず、やむなく退職する人も出るほど。たとえ結婚していなくとも、幼稚園の先生を彼女に持った場合、忙しさを理由になかなか連絡がつかなくなることもあるかもしれません。

したがって幼稚園の先生を彼女や妻に持つ方は、時間的拘束も長く、肉体的・精神的に大変疲れる仕事だということを理解する必要があります。

乳児育児のプロではない

幼稚園には0~2歳のこどもは基本的に在籍していません。そのため幼稚園の先生は、赤ちゃんの扱いに必ずしも慣れているわけではありません。

また保育園の先生に比べ、幼稚園の先生は教育寄りの仕事をしています。幼稚園の先生だからと言って乳児育児のプロだと考えるのは違います。

しかし、男性は「幼稚園の先生=子供全般の扱いが上手」と考えていることが多いので、赤ちゃんの扱いに困っていると「幼稚園の先生なのに」なんてことを言われるかもしれません。

さらに、幼稚園の先生だからと言って、全員が自分の子供を欲しいと望んでいるとは限りません。特に仕事として毎日こどもに接している女性の中には、自分の子を欲しがらない人もいるため、勝手な先入観を持たないようにしましょう。

一般的な幼稚園教諭の結婚事情

彼女にしたい職業でTOP3にランクインするほど、モテる印象がある幼稚園の先生。子どもが好きで、優しそうなイメージがとても強いようです。

しかし、職場は女性ばかりで、出会いが無いのが現実。仕事柄出会う男性は保護者ばかり、平日は朝早くから夜遅くまで仕事があるため、出会いの機会が少ないのです。

相手は職場以外が多い

最近の幼稚園は男性の採用も増えてきているようですが、やはりまだまだ女性の職場という環境に変わりはなく、職場以外で出会いを求める傾向があります。

イメージがいいので、合コンのお誘いは多いです。結婚相談所への登録でも「幼稚園教諭」はかなりポイントが高くなります。

しかし、中には職場結婚を考えている方も少なからずいます。お互いに幼稚園教諭であれば、仕事の理解もあって子供好きな点で結婚相手にふさわしいのかもしれません。

積極性がないと出会いにくい

職場での出会いが期待できないため、かなり積極的に動かなければなりません。

積極的に出会いを求めなければ、遊ぶ時間もないほど働いて30代40代と年を重ね、気がつくと独り…となってしまう可能性が非常に高いので、注意が必要です。

身だしなみには要注意

化粧は最低限、ジャージで仕事、という幼稚園がほとんどでしょう。

幼稚園での仕事中は男性の目を気にする機会が少なく、また子どもの世話をしていることもあり、未婚であってもメイクや体型が、お母さん…つまりおばさん化してる人が多いという声も聞かれます。プライベートでは、おしゃれを楽しむ気持ちを忘れずに!

結婚のタイミングが重要

幼稚園は一般企業とは異なり、基本的に年度途中の退職は嫌がられます。特にクラス担任を持っている場合、途中で担当クラスを放り出す事になり、子どもたちを混乱に巻き込むことに。

幼稚園では次年度の勤務について、だいたい夏〜秋頃にお伺がある事が一般的なので、この時期に結婚する意思を明確にしておく必要があります。

結婚すると肩たたきにあうことも

教育の場なので、おおっぴらにお金儲けとわかるような運営ができないのが幼稚園。現役の幼稚園教諭に比較的若い人が多いのは、安い給与で働いてもらい、結婚する先生には辞めてもらうように慣例を作っている幼稚園がいまだに多いからなのです。

公立の幼稚園の先生は、結婚してもそのまま産休や育休を取る人が多いようですが、それは待遇が安定している公務員だからこそできること。幼稚園では結婚後には上司から退職を勧められる場合も。

幼稚園の先生の結婚後の生活

結婚後離職する人は多いですが、保育士と比較して「こどもを抱っこしなければならない」シチュエーションは少ないため、妊娠・出産しても続けやすい職場であると言われています。

結婚した時点で辞める人も多い

幼稚園は、基本的に肉体労働で激務。妊娠中は母体への負担が大きく危険だったり、妊娠してもすぐに辞めれるわけではないので、結婚と同時に幼稚園教諭を退職する人は多くいます。

また、他人の子どもより自分の子どもの面倒がみたいというのも根強い理由です。

結婚しても幼稚園教諭を続ける人も

担任の補助に回る副担任や、クラス補助という選択をとる人もいます。園によって異なりますが、副担任やクラス補助であれば持ち帰りの仕事などが少なくなるため、自分の家庭や子育てに時間を使うことができます。

幼稚園教諭は、自身の出産や子育ての経験を存分に活かせる素敵な職業です。

幼稚園の先生の結婚まとめ

Omiai

幼稚園の先生はただこどもと遊ぶだけが仕事ではなく、とても厳しい職種の一つです。肉体的・精神的にも厳しい職業であることを理解し、協力して結婚生活を送ってくれるような旦那を選ばなければなりません。

幼稚園の先生で出会いがないという女性はマッチングアプリで出会いを探してみませんか。忙しい幼稚園の先生でもスマホ一つあればスキマ時間で男性を探せるのでおすすめです。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません