幼稚園教諭の結婚事情:出会うのは子どもと保護者ばかり!

記事の著者:DBBS編集部

男性からの人気が高い幼稚園の先生は優しそう、子ども好きだから家庭ができても子育ては安心といったイメージが人気の秘密です。

しかし、幼稚園の先生は想像以上に出会いがなく、仕事で出会うのは園児とその保護者ばかりで、同僚も9割が女性です。そんな幼稚園教諭の結婚事情は、どうなっているのでしょうか?

また出会いがなくて困っている方は、マッチングサービスのペアーズがおすすめ。ペアーズは600万人を超える登録者を持つ、利用率ナンバーワンのマッチングサービスです。

年齢、職業、年収など様々な検索条件をつけることができるので、きっとあなたの理想の人に出会えるでしょう。

一般的な幼稚園教諭の結婚事情

彼女にしたい職業でTOP3にランクインするほど、モテる印象がある幼稚園の先生。子どもが好きで、優しそうなイメージがとても強いようです。

しかし、職場は女性ばかりで、出会いが無いのが現実。仕事柄出会う男性は保護者ばかり、平日は朝早くから夜遅くまで仕事があるため、出会いの機会が少ないのです。

結婚相手とはどこで出会う?

最近の幼稚園は男性の採用も増えてきているようですが、やはりまだまだ女性の職場という環境に変わりはなく、職場以外で出会いを求める傾向があります。

イメージがいいので、合コンのお誘いは多いです。結婚相談所への登録でも「幼稚園教諭」はかなりポイントが高くなります。

なかには職場結婚を考えている方も少なからずいるそうです。こちらの記事も参考にしてみて下さい。お互いに幼稚園教諭であれば、仕事の理解もあって子供好きな点で結婚相手にふさわしいのかもしれません。
魅力的なイクメン彼氏♡男性保育士の特徴や恋愛傾向は?

出会う為に必要なのは積極性

職場での出会いが期待できないため、かなり積極的に動かなければなりません。

積極的に出会いを求めなければ、遊ぶ時間もないほど働いて30代40代と年を重ね、気がつくと独り…となってしまう可能性が非常に高いので、注意が必要です。

身だしなみは忘れずに

化粧は最低限、ジャージで仕事、という幼稚園がほとんどでしょう。

幼稚園での仕事中は男性の目を気にする機会が少なく、また子どもの世話をしていることもあり、未婚であってもメイクや体型が、お母さん…つまりおばさん化してる人が多いという声も聞かれます。

プライベートでは、おしゃれを楽しむ気持ちを忘れずに!

結婚のタイミングが大事

幼稚園は一般企業とは異なり、基本的に年度途中の退職は嫌がられます。

特にクラス担任を持っている場合、途中で担当クラスを放り出す事になり、子どもたちを混乱に巻き込む事に。

幼稚園では次年度の勤務について、だいたい夏〜秋頃にお伺がある事が一般的なので、この時期に結婚する意思を明確にしておく必要があります。

結婚すると、肩たたきにあう事が多い

教育の場なので、おおっぴらにお金儲けとわかるような運営ができないのが幼稚園。

現役の幼稚園教諭に比較的若い人が多いのは、安い給与で働いてもらい、結婚する先生には辞めてもらうように慣例を作っている幼稚園が、未だに多いからなのです。

公立の幼稚園の先生は、結婚してもそのまま産休や育休を取る人が多いようですが、待遇が安定している公務員だからこそできること。

妊娠・出産を考え、結婚した時点で辞める人も多い

幼稚園は、基本的に肉体労働で激務。

妊娠中は母体への負担が大きく危険だったり、妊娠してもすぐに辞めれるわけではないので、結婚と同時に幼稚園教諭を退職する人は多くいます。

また、他人の子どもより自分の子どもの面倒がみたい、自分の子どもは保育園ではなく幼稚園で教育を受けさせたい、というのも根強い理由です。

結婚しても幼稚園教諭を続けたい場合は?

担任の補助に回る副担任や、クラス補助という選択も。

園によって異なりますが、副担任やクラス補助であれば持ち帰りの仕事などが少なくなるため、自分の家庭や子育てに時間を使う事ができます。

幼稚園教諭は、自身の出産や子育ての経験を存分に活かせる素敵な職業です。

新しい出会いを探したい方は

幼稚園教諭で出会いを増やしたい、理想の人と出会いたいという方はマッチングサービスのペアーズがおすすめです。

ペアーズなら連動型なので、サクラが少なく、職業や住んでる場所など豊富なプロフィールが設定されてあり、効率よく確実に理想の相手を探せます。

Facebookの友達に見つかることなく新しい出会いを探すことができるので、ぜひチェックしてみてください。