女性がセックスで本当にイクとき、男性はイッたってわかるものなの?

男性はセックスしているとき、彼女が本当に感じていて本当にイっているのか、気になるものです。

男性の場合はイったときに物理的な証拠があるのでわかりやすいですが、女性の場合にはそういうものがないためわかりにくいですね。

多くの女性は彼氏とのセックスのとき、感じているふり、イったふり、演技をしているということはよく聞く話です。もちろん悪気があるわけではなく、彼氏に喜んでもらいたいと考えている女性が多いでしょう。

しかし、男性にイっている演技を知られてしまったら気まずいものです。そこで、男性が女性が本当にイっていると感じる瞬間を紹介します。

女性がセックス中イキやすくなるテクニックも紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

また、彼とのHで今までイッたことがない、なかなかイケないと悩んでいる女性にオススメなのがベッド専用コスメ!色々と試してみたけどうまくイケない方や、手っ取り早くイキやすくする方法が欲しい方は是非チェックしてみてください!

男性が女性がイったとわかる瞬間

大好きな彼氏とのセックス。彼にも気持ちよくなって欲しいし、喜んでもらいたいものです。そんなとき、ちょっと大げさにイッたふりをしたことがある女性も多いでしょう。

しかし、男性はどんな状況のときに女性が今イっていると確信するのでしょうか?

もちろんイっている最中の身体の変化を全て演技するのは難しいですが、これからのセックスライフを満喫するためにも、男性が「あっ今がイッてるな」と感じる瞬間を知っておくことに越したことはないでしょう。

身体の硬直と急激な脱力

快感が重なることでイキそうになっている女性は、手、足、腰、膣などに力が入っていきます。身体の力の入り方が強くなると、硬直したり、のけぞったりを繰返して、最後にイクときを迎えるのです。

いわゆるイクという快感の絶頂になると、身体の力が急激に脱け、イった後は脱力し快感の余韻と身体を動かした疲れからぐったりしていきます。このような身体の変化の演技は難しいので、本当にイったと思う男性が多いようです。

膣が締まり収縮する

膣が早い脈を打つように痙攣し収縮するのは、女性がイったときに起こる現象です。男性は、挿入している男性器が奥に吸い込まれていくような感覚や、射精後に外に締め出されるような感覚がするのだそう。

挿入中の男性器が震えるように締め付けられる感じがしたときは、女性が本当にイっていると思うようです。

男性側の経験が浅いと挿入中に膣の変化を感じることは困難らしいですが、手で膣やクリトリスを愛撫されているときは、女性がイクときの膣の変化を指で感じやすいでしょう。

身体全体が感じるようになる

自分と同じように、オーガズムを迎えた後の女性の身体は、とても敏感。だと思っている男性は多いです。そのため性感帯以外の場所を触っただけで、感じているようにしていれば、男性はイったんだなと思います。

本当に1度イクと、身体がリラックスして脱力します。イケない女性のほとんどは、セックスについて精神的に問題を抱えていることや、信頼できない相手とのセックスであることが原因。

そのような障害がなく、本当にイクことができた女性は、相手を信頼できていて自分も解放できているのです。そういうとき、女性は身体全体が性感帯のようになり、少しの刺激でも繰り返し何度もイクことができるようになります。

汗をかき、身体が火照ってくる

演技で汗の量や火照っている感じをコントロールできるわけがありません。

そのためセックス中、身体が熱くなり汗をかいるときは、イっていると考える男性は多いです。

本当にイったときときは、身体全体にじんわりと汗をかきますよね?視床下部にある性欲中枢と発汗中枢は隣り合わせにあるため、オーガズムに達するとともに汗がじっとり出るのではないかと考えられています。

自分もたくさん動いてイったように見せるのも1つの方法かもしれません。

喘ぎ声

本当に感じているのであれば、挿入から絶頂へと移っていく間に、だんだんと喘ぎ声も変化していきます。イクときになっていきなり喘ぎ声を出すというのは不自然なので、演技しているように思われてしまいます。

ただ喘ぎ声に関しては、恥ずかしさから、声に出さずに我慢してしまうというパターンも男性の興奮ポイントの1つです。

目をギュッと閉じる

イクときに女性が目を閉じることは、理にかなっています。目を閉じることで聴覚と触覚を敏感にして集中できるため、イキやすくなるのです。イクために目を閉じる動作は女性がイキたいと思う故の自然な動作。

男性自身も目を開けたままイクことは少ないので、目を閉じた状態で身体に力が入っていたら「イっているな」と思うでしょう。

目を開けたとき、女性が満面の笑みを浮かべ「イっちゃった」と言えば、本当にイったんだなと確信するでしょう。

潮吹きをしたとき

思わず気持ちよくて藍液が漏れ出す、いわゆる潮吹きをしたときは、男性も女性がイッたことに対して確信をもつようです。

AVなどで女優さんがよく潮吹きをしていますが、一般人からすると潮吹きをするのは、かなりハイレベルな業です。

この記事であなたも潮吹きについて知って、潮吹きをマスターしてみてください。

関連記事:潮吹きはどこから?セックスで潮を吹く理由とは?

男性が女性とイクタイミングを合わせるためには?

セックスをするとき、男性と女性が一緒にイケたときの快楽や嬉しさ、感じる愛情はとても大きいものです。できることなら一緒にイキたいけど、現実世界ではなかなかそうもいかないものです。

男性と女性が同じタイミングでイクためにはどうしたらいいのでしょうか?

ラブグッズを使用する

男性の方が早くイってしまうカップルが多いでしょう。そんなときはラブグッズの力を借りましょう。

セックス中なかなか刺激できないときも、ラブグッズなら楽に刺激をすることができます。女性もより快感を感じいつもよりもイキやすくなるでしょう。

また「LoveCharms」なら、女性用のラブグッズをはじめ、カップルで楽しめるラブグッズを通販で購入することができるのでおすすめです!

ラブグッズの力を借りてイきやすい身体を目指しませんか?

前戯は長めに

前戯に時間をたっぷりかければ、女性はよりイキやすい状態になります。自分ではイケるけど、セックスではイケないのは、ココロもカラダも彼に預けられるだけの愛撫が足りてないから。

なるべくスローセックスを心がけ、身も心も彼に預けましょう。

イキそうなタイミングを確認しながら

1番大切なのはお互いのタイミングを伝え合うこと。女性が「イキそう」と男性に伝えることでスピードを早めてくれたり、1回ストップして一緒にイケるタイミングを見計らうことができます。

また「イキそう」と言葉に出すことで、よりエロいと自分でも認識ができイキやすくなるでしょう。

セックス中のコミュニケーションを忘れないようにしましょう。

前戯は長めに

前戯に時間をたっぷりかければ、女性はよりイキやすい状態になります。自分ではイケるけど、セックスではイケないのは、ココロもカラダも彼に預けられるだけの愛撫が足りてないから。

なるべくスローセックスを心がけ、身も心も彼に預けましょう。

イキそうなタイミングを確認しながら

1番大切なのはお互いのタイミングを伝え合うこと。女性が「イキそう」と男性に伝えることでスピードを早めてくれたり、1回ストップして一緒にイケるタイミングを見計らうことができます。

また「イキそう」と言葉に出すことで、よりエロいと自分でも認識ができイキやすくなるでしょう。

セックス中のコミュニケーションを忘れないようにしましょう。

女性がイッてるを感じるためのポイント

やはり男性としては女性がイクところ見たいし、感じたいもの。しかし、女性は男性のようにイったことが目に見えてわかるらけではないので、判断するのすら難しいかもしれません。

そのため、イった瞬間を感じるために大切なポイントをお教えします。

真っ暗にしない

電気を消して欲しい女性は多いもの。でも、男性からすれば、表情が見れないのは残念ですし、不安にもなりますよね。

電気を消すときは、完全に真っ暗にするのではなくて、薄暗くしましょう。

真っ暗にすると互いの表情がわからないため、気持ちいセックスができません。薄暗くし、相手の表情を見ながらセックスするといいでしょう。

声の大きさ

女性はイクときに声が大きくなります。

本当にイったのか分からないときは、声が大きくなったか、息が荒くなったかに注目しましょう。また本当に気持ちがいいと気は声すら出なくなってしまうこともあります。

いきなり声を出さなくなり、震え始めたらイってるサインかもしれません。

奥を責める

女性はイクときに奥が熱くなります。

奥を責めることによって女性はイクことができるので、中途半端に責めるとイきそうなのにイけなくなってしまうのです。

責めるなら奥を責めるといいでしょう。奥が熱くかなり濡れてきたら、イクサインです。

表情が見られる体位

イクまではバックで責めてもいいですが、イクのが見たいなら、正常位がいいでしょう。

イクときに表情を見たいなら、体勢を変えてみるのも手です。男女ともに1番人気なのは、騎乗位。イク表情も見られますよ。

セックスでいきそうでいけない女性の特徴

ここまで女性のイッた瞬間の反応について紹介してきました。しかし中には性行為の経験がなく、イクこと自体がよくわからない女性もいます。また、いつもいきそうでいけない、モヤモヤした感覚を持っている女性もいるのではないでしょうか?

オナニーのしすぎで、セックスになるとむしろイケなくなってしまうという人もいるらしいです…。そこでそんなセックスでいきそうでいけない女性の特徴を取り上げていきます。

セックスでイきたい女性はこの記事もチェックして見てください。

関連記事:セックスでイキやすくなる方法まとめ:もっと気持ち良くなりたい方必見!

まだイクことを身体が覚えていない

イクことが出来ない、感じていないわけではないがイケないという場合には、まだイクことを身体が覚えていないと考えるとわかりやすいでしょう。

そのため、男性のセックステクで、いわゆる開発をしてあげることでイケるようになります。彼氏には言いにくい人も居るとは思いますが、イクには彼氏の協力が不可欠。電マやバイブを使ってもらい、身体を感じやすくすることも必要でしょう。

あまり長くバイブ、電マを利用すると逆に彼のが感じなくなりますので、セックスする際に初めだけ少し利用する様にするといいでしょう。

自分の感じるポイントがわかっていない

イケない女性の特徴として、自分の気持ちのいいポイントがわかっていないということがあります。男性が必ず女性をイかせられるテクニックを持ち合わせているとは限りませんから、女性もイキやすくなる身体作りをしないといけません。

女性が気持ちのいいスポットを見つけるためにも、男性が一方的に気持ちよさを感じているだけでなく、気持ちいいスポットや角度探しに付き合ってあげましょう。

性感帯を見つけておくだけでセックスで簡単にイク事ができるようになるはずです。女性から伝えやすような雰囲気をつくることも男性ができる工夫の一つ。イクコツを掴めば、もうこっちのものです!

オナニーをやり過ぎている

これは男性も同じですが、オナニーに慣れてしまうと、本番でのエッチではイキにくくなる恐れがあります。いきそうでいけない女性の中で1番多いパターンかもしれません…。

オナニーで自分の指使いやおもちゃでイク感じと、本番の挿入ではやはり感覚が全く異なります。その感覚をオナニーで覚えてしまうと、本番ではそこまで気持ちいいと感じることができなくなってしまうのです。

本番のセックスでイケるようになりたいのであれば、オナニーの回数を減らすことをおすすめします。

イキそうにはなるが男性が先にイキ、女性はイケない

若い男女の悩みに多いと考えられるのが、男性がすぐにイっちゃうから女性はイケない、女性がイキそうなのに男性だけでいつもイってしまうというもの。

お互いにイクタイミングを合わせられるように体位やプレイなど色々と話し合って研究してみましょう。そうすればお互いにセックスでイクことができ、互いに満足を味わえます。

驚くことに、アメリカのデータによると女性の76%が「行為の時に、常習的にイッたふりをしている」と答えています。さらに女性の7割はイったことがないというデータも。彼に申し訳ない気持ちになったり、なんで私だけいつもいけないの?と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、そんな女性の悩みから開発された、ベッド専用コスメのリュイールホット。

女性のデリケートな部分に塗ると、感じやすくなるというコスメですが、美容液のような触り心地で、女性の肌に優しい植物素材で出来ているので安心して使用できます。

この商品の凄さはその効果の高さ。リュイールホットを使った92%の女性が彼とのHでいいことがあったと答えています。

イケない悩みを抱える女性は是非チェックしてみてください!

セックスでイカせてもらうコツ:女性がイクためには?


本当に女性がセックスでイクためには、スキンシップや前戯の時間、リラックスであることがが必要不可欠です。

お互いに気持ちの良いセックスを目指すためにも、これから紹介することをぜひ実践してみてください。

リラックスする

とくに初めてする相手とのセックスはとても緊張してしまうもの。しかし緊張して身体が固まってしまっている状態では、イクことはできません。

力を抜いてリラックスした状態でセックスをすることが女性がイクためには必要なことです。

そのためにもいきなりセックスを行うのではなく、相手に合わせて甘い言葉を交わしたり、スキンシップによって楽しい雰囲気をまず作り出すことが重要です。

「緊張しているの」と男性に伝えれば、優しくリラックスさせてくれるでしょう。

神経を集中させよう

緊張して色々他のことを考えていると脳も反応してくれません!セックス中いつも何を考えていますか?仕事や勉強のこと考えるなんて絶対NG!「気持ちイイ」ことだけを考えて、セックスの気持ちに完全切り替えるのです。

その場の雰囲気、場所、男性のエッチな表情、エッチな体位など、今自分がしているこのエッチな状況で興奮を高めます。

エッチとは「気持ちよくないもの」「男性だけが興奮を得るもの」という考え方の女性はイキにくいので、一緒にイキやすくなる方法を調べるなどの工夫をしてみましょう。

前戯に時間をかけてもらう

「イク」という体験は、一気にいきなりくるものではありません。じわじわと女性が十分に身体が感じている状態になり、それがMAXになった時にはじめてくるのです。

そのため、首筋や耳、乳首などの性感帯をじっくり愛撫して感度を高めてもらっておくことが重要。これも女性によって反応する場所はことなったりするので、男性とコミュニケーションを取りながら行いましょう。

関連記事:女性がイク♡セックスにおける女性が嬉しい前戯のやり方

「今日イキたいから。いっぱいいろんなところ触って」と言えば、男性も喜んで前戯に時間をかけてくれるでしょう。

クリトリスを優しく愛撫してもらう

クリトリスとは、膣の穴の上にある豆粒のような性感帯です。これを優しく愛撫してもらいましょう。ヒクヒクと身体が反応しませんか?

このクリトリスを愛撫されることによって感じることができると、色々な体位でプレイしたときにも、当たったり擦れたりすることで感じることができるようになります。イク幅も広がるので、男性に積極的に攻めてもらうべきです。

また、挿入時に自分で触って快楽を倍増させるのもいいでしょう。男性からしてもその仕草はエロさが増すので喜ばれるでしょう。

関連記事:しっかり愛撫してもらおう♡女性がクリトリスでイク方法

ゆっくり触ってもらう


激しく早く動かすことがイイというものではありません。女性はゆっくり優しく触られることで、ゾクゾクっと感じやすい身体になっていくものです。

もしも自分が強く激しくエッチをしているという自覚があったら、ゆっくりと相手の反応を確かめながら動かすようにしてみましょう。乳首を優しく舐めてもらう、手マンもゆっくりピストンしてもらうことで、徐々に感じる身体になっていくのです。

「いっぱいセックスしたいから、今日はゆっくりエッチしよ」と言えば相手もゆっくり触ってくれるでしょう。

声を漏らしてみる

いわゆる「喘ぎ声」というものです。ひとつの雰囲気を作るためにとても大切なこと。無理に声に出す必要はなく、声を漏らすと言った方が自然でイイと思います。

その喘ぎ声によって男性も興奮し、自分の気分も高めてくれることにより、イキやすくなります。

体位を変えてみる

セックス中に簡単にできるイキやすくする工夫は、体位を変えてみること。

女性は自分の膣にペニスが当たる角度やポイントによってかなり気持ちよさが変わってくるので、自分に1番合った体位を考えるのはイクためにとても大切なこと。

特に女性が感じやすいとされているのは、女性主体で動ける騎乗位です。自分の気持ちのいい角度、スピードでピストン運動ができるので、イキやすい体位としてとてもおすすめです。

プレイ方法を変えてみる

普段しないプレイに挑戦するのも、イキやすい環境作りのためには大事なこと!いつもは使わない、鏡の前でのセックスなどを試してみるのはいかがでしょうか。

特にバックをする際に鏡を利用するのがおすすめで、普段見れない男性の感じている顔を見ることで、女性側もセックスへの気持ちがより一層高まることで感度が増します。

特に女性は行為に気持ちが入っていないと感じることができないので、鏡を使ってのセックスなど、いつもと違った雰囲気で気持ちを盛り上げるのがおすすめです。

AVを一緒に見ながらセックス

彼とAVを見ながらセックスするとお互いに興奮してとても感じやすくなります。先ほども触れたように、特に女性はセックスに気持ちがのることで感度も増していくので、気持ち作りはイク上での重要な要素。

AVを一緒に選ぶことで2人の好みのプレイや体位を知れるし、AVを見ながら自然とスキンシップから前戯、挿入へと移ることで、自然とセックスに集中しやすくなります。

まとめ

せっかく2人でするセックスをしているのだからこそ、お互い気持ちよさを感じたいもの。

女性側の身体を変えていくことも手ですが、感じやすい雰囲気作りや体位など、男性側にも努力できることはたくさんあります。相手に気持ちよくいってもらうためにも、この記事で紹介した方法を試して、ぜひ2人が満足できるステキな夜を目指してください。

上で紹介した方法でも不安という方に試してほしいのが、ベッド専用コスメのリュイールホットです。

マッサージをしながらデリケートゾーンに少量を塗り込むことで、前戯をしつつ匂いの面からセックスのための雰囲気作りをすることが可能。

またローションの代わりとして使うことで挿入時の痛みを和らげることもできます。

もしあなたが、イケないことに悩んでいるのなら、リュイールホットを使ってこれまでにないようなHを体験をしてみてください。

記事の著者

「すべての愛の形を応援する」DBBS編集部です。

topobzor.info

подробнее ry-diplomer.com

https://tsoydesign.com.ua