鼻がでかい人必見!鼻を小さくする呼吸法やマッサージをマスターしよう

日々の生活習慣は、ボディラインを変えるのと同じように、鼻の形や大きさまでも変えてしまうことがあります。

鏡を見るたびに、「鼻がでかいな‥」と悩んでしまう方は、気付かないうちに生活習慣によって小鼻や鼻の穴の大きさを変えてしまっているのかも知れません。

日々の生活習慣に気を配ることで、鼻をすっきりキレイにしましょう。鼻がでかくても美人な芸能人は多いので、その人たちのメイクを参考にしてみてもいいかもしれません。

しかしやはり自分自身でできるケアにも限界があります。鼻筋を美しくしたい、きれいな形にしたいと考えている方は、全国に75のクリニックを構えている「湘南美容クリニック」で1度カウンセリングを受けてみてください。

ていねいなカウンセリングで、無理な勧誘もないので自分に1番ぴったりの方法を知った上で決定することができます。

鼻が大きく見える原因


鼻そのものには、筋肉や脂肪が少ないため、鼻そのものに変化が見られることはあまりありません。

しかし鼻の形や大きさは変わらなくても、鼻孔が大きくなっているように見えたり、小鼻が横に拡大したように見え、顔全体のイメージが変わることがあります。

年齢によるたるみ

年齢を重ねるとともに、重力の影響で鼻の周囲の頬や口などが少しずつ下がるのも、鼻が大きく見える原因の一つです。

実は鼻自体の大きさが原因なのではなく、鼻の周りの筋肉が鼻の大きさに関係している場合があります。

鼻の穴にものを入れる習慣

鼻くそやゴミが気になったとき、指や丸めたティッシュを鼻孔に挿入してほじる習慣がある方は、注意が必要です。

小鼻の形が気になる方は、鼻孔に挿入して除去することをやめ、鼻をかんで出すか、綿棒などを使うことを習慣づけましょう。

鼻孔に鼻孔の径より太いものを挿入することを繰返していると、鼻孔が拡大され鼻全体が低くなったように見えるようになります。

鼻がでかい状態を作る口呼吸の習慣

口で呼吸をすると、顔のほとんど筋肉が緩み、重力により垂れ下がってしまいます。

口元や鼻も同様で、筋肉の緩みにより鼻が引っ張られ鼻が大きい状態になるのです。

口をしっかり閉じる習慣をつけ、鼻で呼吸するように心がけましょう。

鼻呼吸にすると、小鼻周辺の筋肉の引き締め、あごの筋肉の引き締め、顔のたるみにも効果的です。

これにより鼻がでかい状態を解消することができるでしょう。

鼻づまりが続く場合は、鼻自体の機能に異常がある場合や、左右の鼻孔を仕切る鼻中隔の変形により小鼻の形に影響を及ぼしている場合もあります。

また、鼻炎や副鼻腔炎などの病気が原因の場合もあるので耳鼻科を受診しましょう。

むくみ

意外に思う人も多いですが、鼻もむくみます。また、あまり動かさない部分でもあるので、筋肉が凝り固まっている可能性も。

普段からむくみやすい人は、鼻もむくんでいることが多いでしょう。

鼻が大きい悩みを解消する筋トレ

では、鼻が大きくて悩んでいるという方は、どのような対策で鼻を小さくすることができるのでしょうか?

長年の習慣が原因になっていることが多いので、まずは呼吸の仕方や鼻にものを入れないといったような習慣の矯正が必要です。

鼻孔を引き締める呼吸エクササイズ

鼻の周囲の筋肉を引き締める効果のある簡単なエクササイズで、鼻がでかい状態を解消しましょう。

ティッシュや自分の指などを鼻孔の前に置き、それを吸い込むような感じで息を吸い、そして、息を吐く時も鼻からゆっくり吐くようにします。

吸気に抵抗を与えながら呼吸を繰返すのがポイントです。普段の呼吸でも口呼吸をしないように心がけておきましょう。

鼻の穴を小さくするマッサージ

片方の鼻の穴を指で押さえます。鼻から息を吸った後、口から吐くのを左右それぞれ5回繰り返します。

その後、人差し指と中指を小鼻に添え、上に持ち上げるように30秒程クルクル回します。

同じように反対方向にもクルクル回していきましょう。こちらの場合もしっかり鼻の穴を小さく閉じていくイメージで、普段から広げない努力をしましょう。

鼻を小さく見せる方法

日常生活の変化させるだけで、鼻を小さくするのはかなり難しいでしょう。そこで簡単にできるおすすめの鼻を小さく見せる方法を紹介します。

鼻を小さく見せるメイク

小鼻に見せるメイクで1番活躍するメイクアイテムは、シャドウです。まずは目頭に三角状の影を入れましょう!顔全体の彫りが深く見えるように、少し濃いめのシャドウがおすすめです。

次に目から伸びる鼻筋を目立たせ、シュッとした鼻にするために、眉頭から鼻筋にかけてシャドウを入れましょう。このとき、呼吸をするために少し膨らんでいる鼻翼までシャドウは入れないように注意してください。

あとは大きめのブラシでシャドウをぼかしましょう。最後に鼻の先端に少しだけハイライトをいれれば完成です!このときハイライトを入れすぎてしまうと、鼻が目立ってしまうので注意しましょう。

鼻を小さく見せるメガネ

鼻を小さく見せるには、大きめのフレームのメガネを選ぶのがポイント。フレームが大きいので鼻の大きさが相対的に目立たなくなります。

また、黒縁などフレームに特徴があるメガネもいいでしょう。目線が自然とフレームへ行くので鼻の存在感が薄くなるでしょう。

鼻を小さくする美容整形



呼吸法やエクササイズ、そしてメイクやメガネなどの工夫などをご紹介してきましたが、自分だけで劇的に鼻を小さくするということにはやはり限界があります。

ある程度自分自身で努力を重ねても効果があまり現れない場合は、美容整形に挑戦することをおすすめします。

そこで美容整形ではどのような方法で鼻を小さくできるのかを見ていきましょう。

鼻尖形成術

鼻尖形成術は団子鼻解消術とも言われており、団子鼻の原因の一つである軟骨の発達している部分や余分な脂肪を切り取る施術です。

団子鼻を改善するだけではなく、鼻先を小さくする効果もあるので鼻の大きさで悩んでいる方におすすめの施術です。

施術時間は30分でダウンタイムも1週間程度なので、あっという間にスリムな鼻先を手に入れることができます。

鼻尖形成術以外に3D法という方法でも、団子鼻の改善や鼻先を細くすることができます。

ヒアルロン酸

メスを使って皮膚を切ることに抵抗があるという方は、ヒアルロン酸の注入で鼻筋をすっきりさせる施術をおすすめします。

鼻筋にヒアルロン酸を注入することで、高さのある鼻を手に入れることができます。またシュッと細く見えるため、小鼻も小さく見えるという効果があります。

また注射のみの施術なので、腫れが少なくすぐに馴染みます。

プロテーゼ

プロテーゼと呼ばれる人工の軟骨を挿入する施術です。挿入するときは、鼻の穴の内側を切開します。

鼻の穴の内側を切開するため、傷が表にでないというメリットもあります。プロテーゼは半永久的に維持できるため、自然で美しい鼻を保つことができます。

小鼻縮小法

小鼻が大きくて鼻が広がって見えるという方は、こちらの小鼻縮小法をおすすめします。

この小鼻縮小法は、小鼻の余分な部分を切り取ってから縫いとめるという施術になります。

大きな手術に感じますが、手術時間は60時間で、ダウンタイムも1週間程度です。

鼻を小さくする方法まとめ

鼻が大きくなってしまう原因や治す方法を紹介しました。普段の生活から気をつけられることも多いので、この機会に生活習慣を見直してもいいかもしれません。

また、鼻は意外とむくみやすい部分。顔がむくまないように気をつけることも重要です。

自宅でのセルフケアを徹底したり、呼吸法を改善しても鼻のサイズに効果が見られない場合は、美容整形を検討してみることをおすすめします。

美容整形に抵抗がある方も多いかもしれませんが、メスを使わずに切らない方法や、ダウンタイムの短い施術方法もあるので、1度カウンセリングで自分にぴったりの方法を医師に相談してみてください。

全国に75のクリニックを展開している「湘南美容クリニック」ではていねいなカウンセリングで、無理な勧誘もないので、自分の希望にぴったりの方法で選ぶことができます。まずはカウンセリングで医師に相談してみましょう。

記事の著者

「すべての愛の形を応援する」DBBS編集部です。

https://onlyyou.od.ua

lkredit.com.ua

У нашей фирмы популярный блог со статьями про фруктовый чай http://etalon.com.ua/