一人暮らしの生活費を徹底解剖!費用別に節約術を紹介

一人暮らし生活に必要な費用は、人によって様々。ライフスタイルや収入などによって大きく左右されます。

しかし、これから一人暮らしを始めるにあたって、ある程度の平均は知っておきたいものです。

ここでは、平均的な一人暮らしにかかる費用を徹底解剖していきます。何にいくらぐらいかかるのか、そして節約するには何をすればいいのかを解説します!

1.家賃

まずは、一番費用のかかる家賃です。一般に家賃にかける費用は自分の収入の1/3が妥当だといわれています。

立地によって差はありますが、全国平均で言うとおよそ5~7万円ほどでしょう。

固定費なので、節約のしようがないように思われがちですが、契約する前にしっかりと比べて検討することで、家賃にかかる費用を安く抑えることができます。

自分がどこに住みたいのか、交通の便はどうかなどを踏まえたうえで安い物件を探すといいでしょう。

2.食費

次にかかるのが食費。社会人に外食は付き物ですが、毎日外食をしていると月7~8万円ほどかかってしまい、下手をすると家賃よりもかかってしまいます。

自炊と外食の割合にもよりますが、一般的には2~5万程度でおさまるようです。

節約の基本はやはり自炊。安く買える業務用スーパーをまわったり、安く買える鶏肉やもやしなどの食材を選んだりと、ちょっとした積み重ねをすれば1万円台で食費を抑えることもできます。

3.光熱費

光熱費は電気代や水道代、ガス代を含みます。

こちらもどの程度家にいるか、家電を使うか自炊をするかによって幅が出ます。

電気代

電気代はエアコンに左右される場合が多いです。あまり使わない春・秋は3,000円程度で収まりますが、夏・冬は多いと7,000円ほどかかってしまいます。

エアコンの温度を1度我慢するとか、自分がいない場所の電気はこまめに消す、など心がけると節約になります。

また、電力の自由化によって様々な料金プランが出てきました。自分のライフスタイルに合ったプランを選びましょう。

ガス代

ガス代は自炊の量にもよりますが、大体4,000円程度です。

自炊の時に電子レンジを上手に活用するなどして、無駄なガスを使わないようにすると大幅な節約になります。

契約の際に、ガスをよく使うことがわかっているのなら、なるべく安い都市ガスと契約するようにしましょう。

水道代

水道代は一人暮らしの場合、基本料金で収まるはずですので、3,000円程度です。

光熱費のなかで唯一節約を気にしなくていいところです。


水道光熱費合計で、1万円以内に収まるのが理想的と言えるでしょう。

4.通信費・交際費など

生活に必要な費用のほかに、雑費といわれるものもあります。

通信費

まずは通信費。いわゆる携帯料金です。もはや生活に必要な経費になっていますが、大体11,000円程度です。

自分がよく使うサービスに合ったプランを選び、無駄がないようにしましょう。

交際費

そのほか、交際費として、飲み会に行ったりデートに行ったりした際にかかる費用。

こちらはどれだけ行ったかによってかなり変わってきますが、飲み会1回につき4,000円程度かかると考えると、ざっと10,000円ほどかかります。

不要な飲み会は参加しない、もしくは安価な飲み会プランを推奨するなどしましょう。

その他

最後におしゃれや生活用品にかかる費用。

女性と男性で差が開きますが、20,000円前後と言ったところです。節約生活をするのならかなり削ることができる部分です。


こちらの記事も、是非参考にしてみてください。→ 1万円以内に収まる!一人暮らしの光熱費の平均相場を紹介

Tags

ライター

Велосипеды Tern

читать дальше

www.avtomaticheskij-poliv.com.ua