46歳独身女性の特徴・結婚・恋愛事情:婚活のために異性と出会う方法

46歳の時点で生涯未婚率は約15%~20%程度、つまり8割の女性はすでに結婚済みという状態です。

男性はお金さえ持っていれば、ある程度の年齢までは結婚に困らないといいますが、女性の場合は若さが婚活市場で重視されます。

46歳の独身女性が結婚を望むなら、自分の現状を見つめなおしたうえで、年齢に合った計画を立てる必要があります。

今回は46歳の独身女性の特徴・結婚するときのポイント・恋愛事情をご紹介するので、ぜひ参考にしてください!

【2018年最新】46歳独身女性におすすめの婚活サービス

  • 46歳独身女性の特徴

    46歳女性の未婚率は12.6%、平均年収は438万です。まずは46歳の独身女性の特徴について見ていきます。

    共同生活が苦手

    一人の休日は自由気まま。起きたいときに起きて、食べたいときに食べ、平日には疲れた体を癒す入浴タイムがお気に入りのひととき。

    好きな音楽を聴き、こだわりのおつまみとアルコールでリラックス。

    46歳独身女性は、このような自由を満喫できる生活を長く続けているので、共同生活が苦手なことが多いです。

    彼氏や友人がたまに遊びに来た時に料理を振る舞うのは得意でも、1週間一緒に暮らすとストレスの兆候が表れてくるのではないでしょうか。

    男性の粗探しをする

    46歳の独身女性は、人生経験を積んできた故に人を見る目が厳しくなり、男性の粗ばかりを探してしまいがちです。

    人は誰しも長所と短所を持ち合わせているのに、短所ばかりに気を取られてしまうと、良いところが見えなくなってしまいます。

    男性の良いところを見つけると、その男性に惹かれることもあるので、まずは1つからでも長所探しをしてみましょう。

    46歳の独身女性の恋愛事情

    実際に、46歳独身女性の恋愛事情はどうなのでしょうか。

    先入観たっぷり

    単純に男性への対応に自信が持てず、恋愛から遠のいてしまっている女性もいると思いますが、いつの間にか男性への理想が高くなってしまっている女性も多いです。

    厄介なのは男性に対しての先入観があり、せっかく出会いがあったとしても恋愛に進まないケース。

    理想と先入観でたっぷりになった46歳の独身女性は、せっかくのチャンスをふいにしてしまいがちです。

    自分が高すぎる理想を持っていないか、先入観に満ちていないか、もう一度考えてみましょう。

    実家暮らしはモテない

    実家暮らしの女はモテないとよく耳にします。

    一人暮らしをして自立している人と、46歳で実家にいる人とは、金銭感覚などが違い会話が合いません。

    実家暮らしだと、お金が貯められるというメリットがありますが、自分自身を見つめ直すために1人暮らしをするのもいいかも。

    1人暮らしをすれば、同じく1人暮らしをしている独身男性と共有できる話題が増え、関係を深められる可能性が高くなります。

    46歳の独身女性が結婚するときのポイント

    では、46歳独身女性は結婚するためにどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

    結婚前提で付き合う

    46歳独身女性は、 結婚前提でのお付き合いをすることが大事です。 いい出会いを見つけて、恋愛をして、ゆくゆくは結婚という段取りでは、結婚までの道のりが長過ぎます。

    婚活をして、相性が良さそうな男性と出会ったら結婚を前提にお付き合いという流れになるでしょう。 その際には燃えるような恋はできないかもしれません。

    しかし、過去にどんな恋愛をしてきたとしても、今の46歳という現実が大切です。

    20代の頃の恋愛と46歳の恋愛では大きな差があります。 20代の頃のように情熱的な恋愛を楽しむ余裕はありません。

    もちろん結婚前提でお付き合いをするのにも、好きという感情はとても大切です。むしろ自分の好きという感情を抜きにして、年収や職業だけで相手の男性を判断することのほうがリスクが高くなります。

    自称サバサバ系はダメ

    男性の嫌いなタイプは一貫していて非常にわかりやすいく、自称サバサバ系はすこぶる評判が悪く、大部分の男性にモテません。

    1時期姉御系がブームになったこともありましたが、これは完全にドラマの話だけで、 実際には姉御系の女性に近づきたくない男性は多いもの。

    あまりに明るすぎたり、サバサバが行き過ぎてオヤジ系になっていたら、やはり男性受けは悪いでしょう。

    人を笑わせようとしてしまうタイプの女性、恋を諦めているタイプの46歳独身女性が陥りがちなキャラクターなので、注意してください。

    婚活のために46歳の独身女性が異性と出会う方法

    46歳にもなるとコミュニティが限られてきて新しい出会いがないのが現状です。婚活するにあたって、異性とどのように出会えるのかまとめました。

    婚活サイトを利用する

    異性と出会う確実な方法はやはり婚活イベントへの参加や結婚相談所です。

    現代の婚活においてはインターネットの活用が重要になってきます。婚活イベントや結婚相談所の情報も簡単にネットで探すことができます。近年は中高年専用の婚活サイトも増えてきています。

    しかし、数え切れないほどのサイトがあるため、どのサイトが良いのか迷う方も多いでしょう。

    そのような方はこちらの記事を参考にしてみてください。それぞれのサイトの特徴や価格帯がまとめてあります。

    40代からの中高年・シニア向け婚活サイト9選:パーティーの価格も紹介

    その中でも特におすすめなのが、「楽天オーネットスーペリア」です。男性は50歳以上、女性は45歳以上という条件なので、46歳の女性ならピッタリでしょう。

    入会前に無料で相談をできるのでわからないことは全て解消した上で納得してから入会できます。入会すると専任のアドバイザーが結婚までサポートしてくれます。

    出会い方は、紹介文・引合せ・イベントの3つから選べます。自分に合った方法で出会えるのが魅力です。

    習い事を始めてみる

    20代・30代は仕事に追われて趣味を楽しむ時間がなかった方も多いでしょう。そこでそろそろ老後のためにも趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

    音楽や社交ダンスなど、教室に通ってみることで必ず新しい出会いがあります。婚活イベントなどではなく、自然な出会い方をしたい人におすすめです。

    しかし、そこで気になる男性を見つけても既婚者であることが多いので注意が必要です。また、純粋に趣味のために来ている人がほとんどなので積極的になりすぎないように気をつけましょう。

    友人に紹介してもらう

    46歳になると周りの多くが既婚者のはずです。そこで既婚者の友人に旦那さんの友人を紹介してもらうと良いでしょう。

    友人伝えで相手の人柄を事前に知ることもできますし、もし結ばれた場合、家族ぐるみの付き合いができ、子供の情報交換などにも有効です。

    友人の紹介なら身元も明らかで一番安心して出会える方法と言えます。

    46歳独身女性の特徴・結婚・恋愛事情まとめ

    46歳の女性が料理上手をアピールしても、料理ができる女性は20代にもたくさんいます。通常の婚活市場で争うのは少々無謀です。大切なのは、年齢に合った婚活方法を探すこと。

    必ず結婚前提で交際すること、同年代以上の男性も結婚相手の候補としてみることなど色々ありますが、一番確実なのは、やはりプロの力を借りることです。

    楽天オーネットスーペリアでは、専任の仲介人がアドバイスをくれたりあなたの婚活を手助けしてくれます。

    楽天オーネットスーペリアの手厚いフォローであなたの婚活を成功させましょう。まずは、資料の請求と面談から始めてみてください。

    関連記事:47歳独身女性の特徴・恋愛・結婚事情:冷静になって焦りや不安を解消するとき

    記事の著者

    776674.e-kirpich.kiev.ua

    источник

    www.profvest.com