足の組み方から分かる好意の見分け方7つ:嫌悪感を表す場合も

無意識のうちに足を組んでしまっている場合、そこには自分でも気づかない隠された心理があるのです。

また、足を組む心理は男性と女性で変わることもあります。足を組む動きで相手の心理をうまく掴めるよう、恋愛心理をまとめてみましたので参考にしてみてください。

足の組み方から分かる好意の見分け方

あなたに気がある

自分と足を組みかえるタイミングが同じならば、脈ありのサインかもしれません。

「同調する」という意味なので、好意を持っている相手には、自然とその動きを見て、同じようにマネしてしまうという無意識の働きがあるようです。

もし自分が足を組みかえたのを見て、相手も同じように組みかえていたら、それはあなたに気があるのかもしれません。

目の前の相手に興味がある

基本的に足を組むという行為は、相手に対して、興味や関心をもっている、リラックスしているということの表れです。

仕事の休憩中などにも思わず足を組んでしまいますよね。これが目の前にいる気になる異性への興味や関心がある場合にも表れるのです。

とてもリラックスしている

組んだ足をゆらゆらさせる場合は、心からリラックスして会話などを楽しんでいる時です。

足をゆるく組んでいる状態もリラックス状態ですが、さらにリラックスしている状態といえるでしょう。

これが女性の場合には、注意を引きたいために「私のことを見て」というサインでもあります。この足の動きで男性の視線を集めようとするのです。この行動はぶりっ子な女性によくみられます。

拒絶・警戒

足を強くギュッと閉じるように組んでいる場合には、拒絶や防御、警戒心を示しているサインです。この場合は男性に多いと言われています。

あなたも苦手な人やしつこくアプローチしてくる相手と座って食事をする時のことを想像してみてください。自分のスキを見せまいと、自然と足がギュッと閉じてしまうでしょう。

反対に気になる相手がこのしぐさをしていたら、あなたに拒否感を感じている可能性があるということです。

イライラしている

組んだ足をしきりに組みかえる場合は、その場から早く離れたいという心理の表れです。

イライラしている、落ち着かないという意味です。もしデート中に相手がこのしぐさをしていたら、この状況に退屈しているか、もしくは早く帰りたいということです。

ケンカ中に二人の空気が悪くなった時にも、このしぐさが表れるかもしれません。

性格的に消極的で慎重である

右足を上にして組んでいる場合は、性格的に消極的で慎重なタイプです。

やや内気な性格のため、自分から相手にアプローチすることはあまりないでしょう。基本的に受け身なので、自分をリードしてくれる人に好意を抱く傾向にあります。

もしもこのタイプの男性が好きなら、女性からアプローチしないと始まらないということです。

性格的に積極的で楽天家である

左足を上にして足を組んでいる人は、積極的で楽観的なタイプです。開放的な性格でとてもフレンドリーなので、話しかけやすい雰囲気をもっています。

そしてこの組み方の人は、性的なアプローチの欲望を秘めていることがあり、恋人募集中のサインかもしれません。無意識に組むものなので、もしも意中の人がこの組み方をしていたら期待してもイイかもしれませんよ。

Tags

ライター

у нас

www.xn--80adrlof.net/dlya-poliva/

здесь